伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【薬丸兼陳】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【薬丸兼陳】です。

【薬丸兼陳】は示現流から派生し、幕末には多くの薩摩藩士が剣を振るった「薬丸自顕流」の祖とされた伝説の剣豪です。

では【薬丸兼陳】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://www.47club.jp/

スポンサーリンク

薬丸兼陳 

名前:薬丸兼陳

流派:薬丸自顕流

出身:薩摩国

年代:江戸時代初期(1607~1689)

 

薬丸兼陳は慶長12年(1607)に、島津家中の薬丸兼利の子として生まれた。

示現流開祖の東郷重位と薬丸家は家が近所であり、親戚関係のような間柄にあって、重位も18歳の時に兼陳の祖父・薬丸壱岐守が親代わりを務めて初陣を飾っている。

重位は壱岐守の恩義に報いるため、孫の兼陳に熱心に示現流を指導していた。

また、兼陳は示現流2代・重方と同年であり、共に稽古に励んで16歳のときに二段目を授かり、20歳の頃には免許皆伝して弟子を取ることも許された。

その後、示現流の達人として重位の五高弟の一人に数えられるほどの腕前となり、挑まれた試合には全てに打ち勝って剣名を高めていった。

 

兼陳の気合は「肥前焼の茶碗が掛け声に呼応して割れるほど」といわれ、兼陳が稽古する時は茶碗を伏せておいたと伝わっている。

兼陳は83歳まで長生きし、重位の教えを知る直弟子として流派内で重きを成したが、兼陳の子孫たちもまた示現流を学んで、薬丸家が示現流の稽古を代わって務めることもあった。

 

兼陳以降の薬丸家には家伝として「野太刀の技」が伝わっており、のちにこれを元してに薬丸兼武が「野太刀自顕流」として独立。

以後は「薬丸自顕流」とも呼ばれて薩摩藩内に広まっていった。

特に「薬丸自顕流」は薩摩藩の下級武士たちによって郷中教育の中で学ばれ、幕末期に新選組の近藤勇が「薩摩っぽの初太刀は外せ」と隊士たちに指示したことで「薬丸自顕流」の名は薩摩だけでなく、世に広く知られるようになっていった。

 

 

出典:http://washimo-web.jp/

スポンサーリンク

薬丸兼陳が「薬丸自顕流」を名乗ったことはありませんが、子孫たちの頑張りによって開祖としての立場を与えられたのでしょう。

この薬丸家が残した剣術は、近藤勇も畏れていたように幕末の動乱の中で多くの血の雨を降らしたことでしょう。

気合とともに木を打ち据える薩摩隼人を代表するような稽古風景をよくテレビで目にしますが、あの気合で向かってこられたら、そりゃ新選組でもコワいわな。

ところで、茶碗割ってしまうぐらいの兼陳の声量って・・・w

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪