伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【佐々木小次郎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【佐々木小次郎】です。

【佐々木小次郎】は、宮本武蔵の永遠のライバルである謎に満ち溢れた伝説の剣豪です。

では【佐々木小次郎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://ascii.jp/

スポンサーリンク

佐々木小次郎 

名前:佐々木小次郎、佐々木巌流

流派:巌流

出身:豊前国、越前国

年代:戦国時代~江戸時代初期(?~?)

 

 

佐々木小次郎は出身地、生年とも明らかになっておらず、ライバルとして比較される宮本武蔵以上にその生涯は謎に満ちている。

はじめ、小次郎は安芸国・毛利氏に仕えて武者修行のため諸国を遍歴したという。

小次郎は富田流に連なる流派を学んだとされており、富田勢源もしくは鐘捲自斎の弟子であったともいわれている。

もし勢源の弟子であった場合、宮本武蔵と立ち会った頃はかなりの老齢であり、また自斎の弟子であっても武蔵よりは年上であろうと考えられる。

よって「二天記」になるように18歳の若武者であるとは到底無理がある。

 

富田流は盲目の剣豪・富田勢源が1尺あまりの薪で3尺以上の長太刀を相手にしたように、小太刀を得意とした流派であるが、鐘捲自斎は富田流の小太刀から中太刀の技を編み出した。

佐々木小次郎のトレードマークと言えば「物干し竿」とも呼ばれた備前長船長光の野太刀が有名であり、もし小次郎が富田流を学んでいるとすれば、小太刀、中太刀の中から長太刀の技を編み出し「巌流」を創始したことになる。

 

 

出典:https://matome.naver.jp/

スポンサーリンク

 

 

慶長17年(1612)、小次郎は小倉の船島にて宮本武蔵と決闘を行った。

決闘までに至る経緯は、細川藩内の勢力争いであるとか、互いの門弟同志の争いが発端であるとか諸説様々である。

しかし、細川藩では以前にも剣術指南役であった松山主水が暗殺されるなど、藩内においていざこざが多いところであった。

この決闘で小次郎は絶命したとされているが、小倉藩家老・沼田家に伝わる「沼田家記」では、小次郎はしばらくして息を吹き返したものの、武蔵の弟子たちによって殺されたとある。

また、小次郎の弟子たちも武蔵を恨んで襲撃を計画したが、沼田延元の助けによって武蔵は落ち延びることができたという。

小次郎の死後、細川藩内には「巌流」の門弟たちが多く残っていたと思われるが、のちに武蔵が細川藩に客分として迎えられた時には、すでに「巌流」の道統は尽きていたと考えられている。

 

 

出典:https://worldchain.gamerch.com/

スポンサーリンク

佐々木小次郎は漫画、ゲームなどでは常に長髪の美男子で描かれ、魅力的な人物として人気を博していますが、実際はホントに謎すぎる。

その謎すぎるところが、ミステリアスで魅力的なのかもしれませんが。

でも冷静に考えると、この人はだだの宮本武蔵のかませ犬。

普通は負けた側の人間は名前すら忘れ去られてしまうというのが剣豪の話で多いのですが、佐々木小次郎は偉大過ぎるライバルのおかげでバッチリ名前が残っています。

しかもイケメンキャラで。

そもそもライバルであれたかどうかも分からない小次郎は、殺されていても今となっては武蔵に感謝するしかないでしょうね。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪