士学館の筆頭

上田馬之助は天保2年(1831)、藩主に従って江戸に定住していた肥後国新田藩士の家に生まれました。

士学館に入門した馬之助は4代目・桃井春蔵から「鏡心明智流」を学んで頭角を現し、坂部大作、久保田晋蔵、兼松直廉とともに『桃井の四天王』と謳われて士学館を代表する存在になっていきます。

また、他流試合にも積極的で安政2年(1855)には師の桃井春蔵と共に岡藩江戸藩邸で『九州一の剣豪』と名高い久留米藩士・松崎浪四郎と試合を行ないました。

この時、桃井春蔵は敗れたものの、馬之助は引き分けに持ち込んで「鏡心明智流」のメンツを守っています。

その後、馬之助は九州へ廻国修業の旅に出発。

日向で「天自然流」の吉田某と立ち合った時、どうしても胴を着用しない吉田の前で馬之助は木に巻きつけた竹胴を竹刀で折り、さらに四分板を突き割って見せました。

すると、これを見た吉田は無言で胴を着けたといいます。

スポンサーリンク

喧嘩上等!

馬之助の剛剣は道場だけでは飽き足らず、たびたび刃傷沙汰も起こしていたといわれています。

有名なのは慶応3年(1867)、馬之助は鳥取藩士・武信久次郎と共に新両替町の料亭に入った際に先客だった天童藩槍術師範・中川俊造、同剣術師範・伊藤慎蔵と喧嘩して2人を斬殺した事件。

この報告を聞いた師の桃井春蔵は「またやったか」と言ったといいます。

この時は馬之助たちが入獄しただけで済みましたが、のちに武信久次郎の方は天童藩士たちに殺されています。

さらに同じ年の暮れ、稽古納めを終えた馬之助ら士学館の一行が歩いていると、巡回中の新徴組と出くわしました。

新徴組隊士たちが「道の片側に寄れ」と偉そうにしたため、馬之助は怒ります。

そしてお互いが刀に手をかけた時、桃井春蔵が身分を明かして何とか喧嘩を収めました。

スポンサーリンク

維新後

維新後の明治12年(1879)、西南戦争の抜刀隊の活躍もあって警視庁に撃剣世話掛が創設されると、馬之助は梶川義正、逸見宗助と共に登用されました。

仇を持っている者は常に剣を持つ必要があると馬之助は考え、廃刀令後も刀を持つことが許されていた警察官になったといいます。

やがて馬之助は逸見宗助らと共に「警視庁武術」を取り仕切り、明治16年(1883)には警視庁在職のまま、宮内省の道場『済寧館』の御用掛にも採用されました。

明治20年(1887)、伏見宮邸で催された天覧兜割り試合に馬之助は逸見宗助榊原鍵吉の3人で出場しましたが、馬之助は失敗。

一方、榊原鍵吉は名刀『同田貫』を用いて成功し、天下に「最後の剣客」として名を知らしめました。

この3年後の明治23年(1890)、馬之助は腸チフスにより死去。享年60。