約千本試合

加藤田平八郎は文化5年(1808)、久留米藩士で藩の剣術師範家として「神陰流」を伝える加藤田家の分家である加藤家の長男として生まれました。

平八郎は11歳から加藤田新八に入門して「神陰流」を学び、16歳で加藤田新八の娘を娶って加藤田家の婿養子となります。

そして文政12年(1829)、「新陰流」を極めた平八郎は修行の旅に出発し、九州~近畿の20か国を7か月でまわって各地で試合を行ないました。

この旅の間に平八郎が試合をした人数は997人にものぼったといいます。

天保8年(1837)、養父・加藤田新八が隠居すると、平八郎は加藤田家の家督を継承。

翌年には江戸にいた「窪田派田宮流」の窪田清音のもとで修行するため、再び修行の旅に出ました。

江戸での平八郎は4尺(約1.2m)の長竹刀を使って「直心影流」の男谷信友と十本勝負を行って全勝し、同じく「直心影流」の島田虎之助にも八本勝負で全勝しました。

しかし、平八郎は定寸の3尺3寸(約1m)の竹刀を使った「北辰一刀流」の千葉周作には敗れたといわれます。

武術だけでなく文筆にも優れた才能を発揮した平八郎は、初心者への剣術指導法を記した『初学須知』を著してこ、自らの他流試合や剣術指導時の経験を分析して記しています。

明治8年(1875)に68歳で亡くなった平八郎が教えた門人は3,500人を超え、奥免許を授けた12名の中から松崎浪四郎、梅崎弥一郎らが世に知られていきました。