伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【清河八郎】日本最強は誰?流派は?

      2019/11/13

はじめに

この記事ではシリーズで伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【清河八郎】です。【清河八郎】は尊王攘夷の志を内に秘め、後ろ盾を持たぬまま幕府を手玉に取った剣豪です。それでは【清河八郎】について流派や出身地も含め簡単に説明していきます。

 

出典:http://www.girls-style.jp/

スポンサーリンク

 

清河八郎 

名前:清河八郎

流派:北辰一刀流

出身:出羽国

年代:江戸時代末期(1830~1863)

虎尾の会

清河八郎は出羽国庄内藩郷士・齋藤豪寿の子として生まれ、清川関所役人の畑田安右衛門から学問を学んでいました。

その後、成長した八郎はのちの天誅組総裁・藤本鉄石と出会って親交を深め、尊王思想に目覚めていったと考えられています。

弘化4年(1847)、江戸に出た八郎は神田お玉が池の東条一堂の漢学塾の門を叩き、西隣にあった玄武館で「北辰一刀流」を学びました。

普通の門人が5日に一度のところを、八郎は月に20日も道場に通って1年で免許皆伝を許されたといいます。

その後、江戸幕府の学問所である昌平黌で学んだ八郎は、私塾『清河塾』を開設。

『清河塾』は当時の江戸市中で学問と剣術を一人で教える唯一の塾として有名になりました。

 

安政2年(1855)、八郎は母親を連れて半年間も諸国を巡り、各国の名士と親交を深めたとされていますが、八郎が残している記録には、相手に対して辛辣で手厳しい批評が多いことが分かっています。

安政7年(1860)に桜田門外の変が起こり、これに触発された八郎は倒幕・尊王攘夷の思想を強めて『清河塾』に集まった憂国の士とともに『虎尾の会』を結成しました。

『虎尾の会』の盟主となった八郎は尊王攘夷の志を胸に、倒幕の計画まで立てていました。

しかし、この計画は幕府に露見して監視が付けられ、さらに八郎は罵声を浴びせてきた密偵を斬り捨てたため、追われる立場となってしまいました。

この時の八郎の手配書には「中背、太り気味、総髪で色白、鼻高く、眼鋭し」と書かれています。

 

出典:http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/

スポンサーリンク

 

幕府を利用した尊王攘夷の果てに

その後、江戸を離れた八郎は倒幕運動のため京に潜伏したり、諸国を回ったりして遊説を続けました。

倒幕・天皇親政を夢に描いた八郎は『回天』の言葉をよく使って尊王攘夷の火種を撒き散らし、京の公家にまで影響力を及していたといいます。

さらに八郎の勇躍はとどまることを知らず、山岡鉄舟らを通して幕府政治総裁職・松平春嶽に『攘夷の断行、大赦の発令、天下の英材の教育』を掲げた『急務三策』を提言し、幕府開明派とも太いパイプを持つようになっていきました。

やがて幕府が八郎の建策に従い、京の治安回復のため『浪士組』の結成を許可すると、八郎は幕府を出し抜いて今度は佐幕派を集め出しました。

そして将軍・徳川家茂上洛の際、警護を任じられた『浪士組』を率いて京へ出発した八郎。

京に到着した夜に浪士たちを集め、「本当の目的は将軍警護でなく尊王攘夷を行い朝廷に尽くす」と告げました。

この八郎の考えに反対して『浪士組』から離脱したのが芹沢鴨・近藤勇・土方歳三ら、のちの『壬生浪士組(新選組)』です。

 

一方、朝廷から攘夷の勅命が下り、狼狽していた幕府は不穏な動きを見せた『浪士組』を江戸へ呼び戻すことにしました。

江戸に戻ってから八郎は『浪士組』を動かそうとしましたが、もはや八郎の企ては完全に幕府に見抜かれていました。

そして幕府の命を受け、待ち伏せしていた幕府講武所指南役で『浪士組』の一員でもあった佐々木只三郎ら6名によって麻布赤羽橋で首を討たれました。享年34。

佐々木只三郎は挨拶を交わそうとした八郎の背後から別の者に斬りかからせたといわれています。

 

出典:http://blog.xuite.net/

スポンサーリンク

 

腹に一物も二物も抱えていた清河八郎は『浪士組』で幕府を手玉に取ったまでは良かったけど、イマイチ詰めが甘い。

各国の名士を批判しているところを見ると、かなり自信過剰な人物だったのでわ。

清河八郎のやったことは明治維新の先駆けにはなっているけど、いかんせん早すぎ、かつ強引すぎた。

「剣豪」としての実績はほとんどなく未知数ですが、佐々木只三郎が真正面から斬ろうとしなかったのは、清河八郎が相当な腕前だと認識していたから。

政治的活動ばかりが目立ち、それによって殺されてしまう清河八郎は、実は隠れた幕末の「剣豪」だったかもしれません。

 

スポンサーリンク

日本剣豪一覧

鬼一法眼:全ての剣術の元祖となる伝説の剣豪

源義経:孤独から「太刀の術」を学んだ剣豪

念阿弥慈恩:新陰流と一刀流の原点となる剣豪

中条長秀:初代「不殺の剣」を説いた剣豪

飯篠家直:天真正伝香取神道流の祖となる剣豪

松本政信:極意「一つの太刀」を生む剣豪

愛洲移香斎:陰流の祖となった伝説の剣豪

塚原卜伝:多くの剣豪たちに影響を与えた剣聖

山本勘助:諸国流浪の果てに川中島で散る剣豪

上泉信綱:柳生の師で有名な新陰流の剣聖

竹内久盛:柔術の源流となった名門出身の剣豪

宝蔵院胤栄:仏法と殺生の狭間に悩む槍の剣豪

奥山公重:家康の初代剣術指南役となった剣豪

斎藤伝鬼坊:弟子のため壮絶な死を遂げた剣豪

師岡一羽:香取、鹿島の剣を引き継いだ剣豪

足利義輝:壮絶な最期を遂げた天才剣豪将軍

根岸兎角:師匠を見捨てた恩知らずな剣豪

疋田豊五郎:剣聖伊勢守の甥で一番弟子の剣豪

丸目蔵人:新陰流を受け継いだタイ捨流の剣豪

上泉義胤:剣聖伊勢守の孫で変わり者の剣豪

林崎甚助:仇討ちのために居合を極めた剣豪

田宮平兵衛:紀州藩に採用された居合の剣豪

片山久安:天下に名を轟かせた居合の剣豪

樋口又七郎:念流を復活させた岩をも砕く剣豪

富田勢源:中条流小太刀の使い手で盲目の剣豪

富田重政:実戦に長け名人越後と呼ばれた剣豪

鐘捲自斎:偉大すぎる師匠と弟子を持った剣豪

小笠原長治:幻の技「八寸の延金」を使う剣豪

伊藤一刀斎:生涯を剣のみに捧げた無双の剣鬼

小野忠明:一刀流を受け継いだワガママ剣豪

吉岡憲法:将軍家に結びつきの強い名門剣豪

宮本武蔵:文才にも長けた天下無双の剣豪

佐々木小次郎:負けたことで有名になった剣豪

柳生石舟斎:柳生新陰流を創始した剣豪

柳生宗矩:幕府で「治世の剣」を振るった剣豪

松山主水:暗殺されたサイキック剣豪

柳生十兵衛:主君に仕えられない梟雄剣豪

東郷重位:タイ捨流を破った示現流の剣豪

薬丸兼陳:薬丸自顕流の祖となった剣豪

柳生兵庫助:尾張藩に柳生を根付かせた剣豪

柳生連也:江戸柳生を破る尾張柳生の天才剣豪

高田又兵衛:胤栄から宝蔵院流を学んだ剣豪

小栗仁右衛門:柔術の元となった組討術の剣豪

今枝佐仲:中国地方の名流となった剣豪

松林蝙也斎:将軍の前で飛んだバットマン剣豪

夢想権之助:棒術で武蔵を破ったお調子者剣豪

神谷伝心斎:直心陰流の源流となった剣豪

針ヶ谷夕雲:「相抜け」を境地とした剣豪

荒木又右衛門:仇討ちで名を轟かせた剣豪

関口氏業:名門出身の傾奇者剣豪

堀部安兵衛:忠臣蔵で活躍する剣豪

高木馬之輔:楊の枝から覚醒した柔術の剣豪

伊庭是水軒:実力重視の心形刀流を興した剣豪

真里谷円四郎:悟りを開いた無住心剣流の剣豪

戸賀崎熊太郎:最後まで師を敬った優しき剣豪

岡田十松:神道無念流を託され発展させた剣豪

平山行蔵:変態級の厳しい修行を行う剣豪

楳本法神:医術にも長け天狗と慕われた剣豪

黒河内伝五郎:会津で武芸全般に通じた剣豪

白井亨:「八寸の延金」を習得した努力の剣豪

寺田宗有:実力と品格を備えた江戸時代の剣聖

大石進:江戸名門道場を次々と破る怪物剣豪

近藤長裕:多摩に実力重視の剣術を広めた剣豪

樋口十郎兵衛:馬庭念流の最盛期を作った剣豪

千葉周作:玄武館で剣をマニュアル化した剣豪

千葉栄次郎:北辰一刀流後継者の天才剣豪

斎藤弥九郎:練兵館で志士たちを育てた剣豪

桃井春蔵:士学館を立て直す品格を備えた剣豪

岡田惣右衛門:スネ打ちを実用性を説いた剣豪

中西忠兵衛:幕末有名剣豪を多く輩出した剣豪

逸見長英:甲源一刀流の名を守った天才剣豪

大川平兵衛:復讐に燃え革命を目指した剣豪

浅利又七郎:鉄舟を育てた中西派一刀流の剣豪

男谷精一郎:強さと謙虚さを持つ幕末の剣聖

島田虎之助:師に「心の剣」と称された剣豪

勝海舟:厳しい修行を政治にも生かした剣豪

坂本龍馬:薩長同盟を成し遂げた幕末の英雄

伊庭八郎:新時代に抗う悲劇の隻腕剣豪

桂小五郎:「逃げの小五郎」も実力ある剣豪

清河八郎:幕府を出し抜いた裏のある剣豪

佐々木只三郎:龍馬を暗殺したとされる剣豪

岡田以蔵:残忍な人斬りを好んだ狂気の剣豪

河上彦斎:るろうに剣心のモデルとなった剣豪

高杉晋作:幕末の革命者は意外に真面目な剣豪

仏生寺弥助:粗暴で心優しい幕末最強の剣豪

中村半次郎:人斬りの印象がつきまとう剣豪

山岡鉄舟:剣禅書から人の道を極めた剣豪

高橋泥舟:槍のように真っすぐに生きた剣豪

スポンサーリンク

 - 剣豪