伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【今枝佐仲】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【今枝佐仲】です。

【今枝佐仲】は中国地方に伝わる名流の祖となった伝説の剣豪です。

では【今枝佐仲】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://www.nihonkobudokyoukai.org/

スポンサーリンク

今枝佐仲 

名前:今枝佐仲良台

流派:今枝流、初實剣理方一流

出身:伯耆国

年代:江戸時代初期(1646~1702)

 

今枝佐仲藤原良台は、正保3年(1646)に今枝佐仲良堅の子として生まれた。

父の良堅から家伝の今枝流を学び、のちに江戸に出て伯父の今枝四郎左衛門良政に師事、大成して摂津国高槻の永井日向守に仕えた。

しかし、佐仲は仕官の身では武芸修行が十分にできないといい、突然職を辞して浪人となる。

その後、諸国を巡って剣術修行に明け暮れて、諸流を研究するとともに家伝である今枝流を整理。

それまで50本以上あった「抜方」の技を20本に統合して「初實剣理方一流」を名乗ったという。

 

今枝家の兵法が流儀武術として大成したのは、佐仲の曽祖父にあたる宮津京極氏家臣・今枝弥右衛門良重の頃であったという。

良重は家伝の剣術に加えて、一傳流、伯耆流、疋田陰流を研究して今枝流の根本を整えていた。

その後、京極家臣であった一傳流の伊藤良隆を養子として共に研鑽を重ねて今枝流の基礎を作っていった。

さらに良隆は、伯耆流の片山久安と共に剣技を一緒に鍛錬していたという。

 

 

スポンサーリンク

今枝佐仲のエピソードはとても少ないものですが、現在も宗家ほか門下一同が伝来の剣術を正しく後世に受け継ごうと、毎週二回、二時間から三時間にわたり修練に励んでいるといいます。

動画を見てもらうと「抜方」という居合を基本とした剣術であることがよく分かると思います

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪