伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【飯篠家直】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【飯篠家直】です。

【飯篠家直】は、無益な殺生を諫めた諸流派の祖である剣豪です。

では【飯篠家直】について流派や出身地も含め簡単に説明します。


スポンサーリンク


飯篠家直

名前:飯篠家直、飯篠長威斎

流派:天真正伝(香取)神道流

出身:下総国

年代:室町時代中期(1387~1489)

 

飯篠長威斎家直は、元中4年(1387)下総国飯笹村の郷士に家に生まれた。

幼少より刀槍の技に優れ、主君の千葉家家に仕えて参戦し、多くの合戦で一度も敗れなかったと伝えられている。

後に千葉氏の内紛によって、主君が討たれると、飯篠家直は一族郎党を解雇して香取神宮の奥の宮に近い梅木山に籠る。

この時、すでに飯篠家直は60歳を超えていた。

戦乱の中で生きることの無情を感じた飯篠家直は、武神・経津主大神を祀る香取神宮に千日千夜の大願を行い、斎戒沐浴粉骨砕身の修行に没頭する。

そして修行の末、梅の古木の上において香取大神の神示「汝、後に天下剣客の師とならん」と、兵法神書一巻を授けられたと伝えられる。

以後、この兵法を経津主大神の真伝を以って「天真正(香取大神のこと)伝」を冠し、香取神道流を名乗ることになった。

闘争の技のでもある武術を伝えながら、神道流が最も強く教えているのは、「不殺の思想」であった。

香取神道流目録の巻頭書には、「兵法は平法なり、男子為る者、平法を知らずしてあるべからず」とあり、いたずらに武技を用いて人を傷つけるのではなく、戦わずに目的を達成することが真の勝利であると伝えている。

また飯篠家直は、「熊笹の教え」というものも伝えている。

これは、他流試合を申し込まれた場合、熊笹の上に座って「どうぞ」と誘い、相手の意欲を無くさせて戦わずして感服させるというものである。

このため、香取神道流の修行者には、刃傷沙汰で命を失ったものはほとんどいなかったといわれている。

飯篠家直は、鹿島神流の松本備前守政信、鹿島新当流の塚原卜伝親子、一破流の師岡一羽常成などの高弟を育てたと伝えられており、香取神道流は、剣術、槍術、薙刀術において後世に隆盛した諸流派の源流となった。

d5fd7a21888053.563091de7f4e2

出典:https://www.behance.net/

Katori-jingu_haiden_shomen

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/


スポンサーリンク


香取神宮の知名度も得て香取神道流が栄え、諸流派に多大な影響を与えたことは間違いないが、飯篠家直はきっと人間的にもとても優れた人物で教え方も上手だったんでしょう。

さらに、長生きできたことによって多くの弟子を育てることができたのだと思います。

「兵法は平法なり」を自ら示した見事な剣豪です。


平法とは中条長秀が伝えてくれてます↓

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【中条長秀】日本最強は誰?流派は?
はじめに 伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。 日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の


スポンサーリンク


 - 伝説の剣豪