伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【近藤長裕】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【近藤長裕】です。

【近藤長裕】は新選組局長・近藤勇が振るった天然理心流を創始した伝説の剣豪です。

では【近藤長裕】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://blog.winbit.biz/

スポンサーリンク

近藤長裕 

名前:近藤内蔵助長裕

流派:天然理心流

出身:遠江国

年代:江戸時代末期(?~1807)

 

近藤長裕は、幕末に名を轟かせた新選組の局長・近藤勇が使った天然理心流を創始した人物。

長裕は遠江国の出身といわれ、剣術を好んで諸国を歩いて修行を重ね、常陸国の鹿島神宮に詣でて剣の極意を悟ったという。

「鹿島神道流・飯篠長威入道三十四代」と書かれた文書も存在していて、長裕は神道流の末流を学んで自分の流派を開いたと考えられている。

また、近藤弥吉政竜と試合して勝ち、その姓を受けて近藤姓を名乗ったともいわれているが、試合に勝って姓を奪うという話は他に類を見ないため、長裕の素顔についてはまだまだ謎が多い。

 

長裕は「剣術と柔術は車の両輪」と教えていて、秘伝として気合術という特色ある技も伝えている。

道場では竹刀稽古が主流だった江戸時代末期において、木刀を使用した古風な剣術を教えていた。

道場は江戸薬研堀にあったといわれ、ここを拠点に相模国高座郡や武蔵国八王子、五日市方面に天然理心流を普及させた。

その後、どのような経緯をたどって多摩地方に教授しに行ったかは不明であるが、長裕以前にはこれらの地域で剣術を学んでいる者はほとんどいなかったようである。

 

長裕は、出稽古先である南多摩郡加住村の門人を養子にして近藤三助方昌を名乗らせ、天然理心流の跡を継がせた。

3代目・近藤周助邦武、4代目・近藤勇昌宣など、跡を継いでいった者たちはみな「近藤」姓を名乗っているが、全員が門人の中から選ばれた養子であり血縁関係はない。

実力主義を唱えて、流儀を託すという道統の継承方法から、天然理心流の武骨な面を垣間見ることができる。

長裕は文化4年(1807)に江戸の薬研堀で死去したが、多摩地方で名主、豪農たちの心を掴んだ天然理心流は、この土地に深く浸透して広まっていくことになった。

 

 

出典:http://www.geocities.jp/

スポンサーリンク

近藤長裕は、これまで紹介してきたような侍がこぞって学んだ江戸の名門道場の剣とは違い、いわゆる「庶民の剣」を振るった剣豪。

そのためか、長裕の逸話や伝説は極めて少ない。

もし、4代目の近藤勇が新選組として幕末に名を残してなかったら、田舎のチャンバラ剣術として埋もれて流派の名前さえも残っていなかったかもしれない。

しかし、田舎で磨かれた実戦重視の天然理心流は、幕末の動乱時に恐ろしいほどの活躍を見せた。

サムライがなんだ!江戸の有名道場で学んだら強いのか?田舎をなめんなよ!

天然理心流の強さは、雑草魂から育まれたのかもしれない。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪