伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【岡田惣右衛門】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【岡田惣右衛門】です。

【岡田惣右衛門】は江戸時代末期に実用的な剣術を教え、千葉周作の玄武館をしのぐ門弟を抱えた伝説の剣豪です。

では【岡田惣右衛門】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://glassesmaiden.blog81.fc2.com/

スポンサーリンク

岡田惣右衛門 

名前:岡田惣右衛門寄良

流派:柳剛流

出身:武蔵国

年代:江戸時代末期(1765~1826)

 

岡田惣右衛門は武蔵国葛飾郡の出身で、幼くして神童と呼ばれて文武を優れ、18歳で江戸に出て心形刀流の伊庭軍兵衛の弟子・大河原有曲に学んだのち、武者修行に出て広沢長喜から三和無敵流や山本流等を修めて、柳剛流を起こした。

その後、江戸に神田お玉ヶ池に道場を構えた惣右衛門は、明快な剣理に加えれ、千葉周作以前に昇段試験を簡略化するなど合理的な指導で人気を博した。

神田お玉ケ池付近には、千葉周作の玄武館もあって、のちに活躍する幕末の志士たちの多くが学んだ学塾や道場が立ち並んでいた。

その中で、惣右衛門の柳剛流道場は玄武館以前から創設された総合武術道場だった。

万延元年(1860)当時、門人数は玄武館の北辰一刀流をしのいでいたといわれる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

柳剛流剣術は、敵のスネを打つところが最大の特徴であった。

この技は戦場においては敵の戦闘能力を奪う当然の戦法で、戦国時代に山本勘助が『兵法秘伝書』で高く評価していた。

しかし、江戸時代に入って武士道が美を尊び、各流派がもっともらしい理論を立てをするようになると、頭を下げて敵の脚に向かうのは「死太刀」であると言われ、田舎剣法として無視される扱いを受ける。

そんなスネ打ちの技の実用性に気づき、再興させたのが惣右衛門であった。

幕末の動乱期に向かっていく時代に惣右衛門の考えは見事に合致し、戦闘能力を手っ取り早く高めたい者から評価され、さらに柳剛流の名の示すように相手の力を柳のように風と受け流す、千変万化の造化の妙「柔よく剛を制す」の教えがウケて、広く受け入れられていった。

柳剛流は免許を得るとすぐに独立することができたため、多くの者が20代で免許を受けて各地に分派が生まれた。

 

 

出典:https://dojos.org/

 

 

惣右衛門は、高弟の一条信忠に岡田姓を名乗らせて2代目とし、元々仙台藩家臣であった信忠は仙台へ帰って角田で柳剛流を教えた。

このため、柳剛流は宮城県で現在も伝承されている。

また、岡田惣右衛門の弟子・直井勝五郎秀堅は、講武所師範役となった松平上総介忠敏や、紀州藩剣術師範となった橘正内蔵介正以(橘内蔵介)を輩出し、さらに正以が安政5年(1858)に将軍・徳川家茂の前で剣技を披露して紀州藩の藩校で柳剛流が採用されたことから、現在も紀州藩領であった三重県田丸で伝承されている。

 

 

スポンサーリンク

岡田惣右衛門は、田舎剣法呼ばわりされていた剣術を復興させた「伝説の剣豪」です。

他の流派が武士道を貴ぶ中、実用的な剣術を教えた柳剛流は、幕末へ向かう時代の流れの中で多くの門弟を獲得していきました。

惣右衛門が時代の流れを読んでいたとは思えませんが、時代はこの剣術を必然的に求めていったのでしょう。

実は、私(筆者)は元々、三重県田丸の出身。

この岡田惣右衛門を調べるまで、地元に「柳剛流」が伝播していることなんて知りませんでした。

そういえば、この地域は室町時代の愛洲移香斎や、戦国時代の北畠具教など多くの剣豪を輩出していることから、もともと「剣」とは関わりの深い土地柄だったんですね。

岡田惣右衛門のおかげで、また一つ郷土の歴史を知ることができました。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪