西郷どん(せごどん)17話あらすじネタバレ関連記事「徳川家茂と島津茂久」「月照と辞世の句」についての記事で17話を深く知ろう!

      2018/05/23

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第17話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第17話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

17話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん17話あらすじ)月照と共に吉之助が自殺?将軍家茂誕生!新藩主・茂久が就任するも実権は斉興が握る第17話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第17話「西郷入水」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第17話「西郷入水」のあらすじ・ネタバレについて書いていき

スポンサーリンク

 

 将軍「家茂」と母「天璋院

17話で、井伊直弼に担がれて14代将軍となった13歳の徳川家茂(慶福)が、天璋院(篤姫)とご対面。しかし家茂は「一橋派」に協力して慶喜を将軍にしようとしていた天璋院を嫌う。

下の記事では、南紀派に推されて将軍となった徳川家茂の名君たる姿、天璋院こと篤姫と派閥抗争に敗れた責任で大奥を去った幾島の生涯について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川家茂(いえもち)/慶福(よしとみ)井伊直弼に擁立された篤姫を嫌う少年将軍は実は名君だった?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川家茂(徳川慶福) 大河ドラマ西郷どんで、一橋派に勝利した井伊直弼に擁立されて、徳川家定のあとの14代将軍になる徳川家茂(徳川慶福)。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)於一(おいち)北川景子が演じる篤姫は西郷が好きだった?将軍・家定の正室となり徳川家に身を捧げた斉彬の養女
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 於一(おいち)/篤姫・天璋院 大河ドラマ西郷どんで、北川景子が演じるのが於一こと、のちの篤姫。 養父・島津斉彬の御前で開かれた相撲大会

大河ドラマ西郷どん(せごどん)幾島 南野陽子が演じる篤姫の教育係・幾島は薩摩藩のスパイ?大奥でも御年寄としても活躍
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 幾島(いくしま) 大河ドラマ西郷どんで、斎藤ゆきのゴタゴタで直前でキャストが入れ代わり、最終的に南野陽子が演じることになったのが幾島。

 

 島津家「斉興」と「由羅

17話で久しぶりに登場する西郷どん(せごどん)きっての嫌われ者・島津斉興とお由羅さま。またまた何か企んでると思っていたら、やっぱり権力にしがみつこうとしていた。

下の記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)では描かれることのない島津斉興の生涯と、悪女として後世に名を残したお由羅について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉興(なりおき)お由羅騒動を引き起こした権力に固執する斉彬の父・斉興は薩摩藩の財政基盤を作った?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉興(なりおき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤で、一癖も二癖もある悪役のような活躍をみせるのは加賀丈史が演じる島津斉興(なり

大河ドラマ西郷どん(せごどん)お由羅と「お由羅騒動」呪いが薩摩藩お家騒動の原因か?赤山靱負や大久保父らが処分された大事件
大河ドラマ西郷どん(せごどん) お由羅と「お由羅騒動」 大河ドラマ西郷どんで、島津斉興の側室として登場する「お由羅」は個性的なキャラで、小柳ルミ子はまさにはまり役。

 

 島津家「久光」と「茂久

西郷吉之助が江戸や京都で奔走していたころ、薩摩で島津斉彬が死去して次期当主に目されていたのが弟の島津久光。しかし、斉彬の遺言で島津家当主は久光の子・茂久へ。

下の記事では、島津久光と島津茂久親子の生涯について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津久光 マザコン?「国父」として幕末の薩摩藩を引っ張った西郷生涯の敵・島津久光とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津久光 大河ドラマ西郷どんで、西郷吉之助(隆盛)の「生涯の敵」」として描かれるのが青木崇高が演じる島津久光。 有能な兄・島津斉彬と比

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津茂久(忠義)斉彬の死後、藩主となるも実権は斉興、久光に握られた今上天皇の曽祖父
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津茂久 大河ドラマ西郷どんで、島津斉彬亡き後に薩摩藩主になる島津久光の子・島津茂久。 父・久光を差し置いて、茂久が藩主に就任したのは

 

スポンサーリンク

 島津家「斉彬」と「哲丸

大河ドラマ西郷どん(せごどん)をここまで引っ張って来たのは明らかに渡辺謙が演じた島津斉彬。斉彬は死の直前に6男・哲丸と残していますが、島津家当主を継ぐにはまだまだ幼い。

下の記事では、賢候と称えられた島津斉彬と、斉彬の子・哲丸とその他の子供たちについて紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉彬(なりあきら)西郷吉之助が心酔した島津斉彬は「日本国」の将来を憂いて志半ばに死んだ幕末の名君
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉彬(なりあきら) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤を引っ張っていくのは、間違いなく渡辺謙が演じる島津斉彬。 父との確執の中、

西郷どん(せごどん)島津斉彬の子【寛之助・虎寿丸・哲丸】お由羅の呪いか?次々に子どもを亡くした上での「子どもは国の宝だ」は重みが違う
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉彬の子 寛之助・虎寿丸・哲丸 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷吉之助が尊敬する名君・島津斉彬(渡辺謙)。 斉彬は初回から登

 

 「辞世の句」を詠む「月照

幕府に追われ、藩にも拒否された吉之助と月照さん。17話の最後に錦江湾に舟を出して、一緒に辞世の句を詠んで心中自殺を図りました。

下の記事では、月照の生涯と二人の辞世の句、なぜ武士である吉之助は切腹を選ばなかったのか?などについて紹介しています。

西郷どん(せごどん)月照と吉之助の辞世の句の意味とは?なぜ切腹ではなく錦江湾で心中だったのか?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 月照の西郷吉之助の辞世の句 切腹を選ばなかった理由とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第17話で、月照と西郷吉之助は失意のうちに冬の

大河ドラマ西郷どん(せごどん)月照 尾上菊之助が演じる怪しい尊王攘夷派の僧は西郷と共に錦江湾で入水自殺を図る
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 月照 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、尾上菊之助が演じるのが少し怪しい雰囲気を漂わせる尊王攘夷派の僧・月照。 ドラマの中で、西郷吉之

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめました!これで「西郷どん(せごどん)」が分かる!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) あらすじ・ネタバレ・期待度 まとめのまとめ 西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ