西郷どん(せごどん)30話あらすじネタバレ関連記事「岩倉具視・一橋慶喜」を取り巻く人物についての記事で話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第30話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第30話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

30話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

 

西郷どん(せごどん30話あらすじネタバレ)鶴瓶の岩倉具視が胡散臭い!慶喜との関係が悪化した「ふき」は薩摩の密偵になるのか?第30話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第30話「怪人 岩倉具視」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第30話「怪人 岩倉具視」のあらすじ・ネタバレについ

スポンサーリンク

 

なぜ貧乏?「岩倉具視の前半生」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第30話から笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視が本格的に登場。

「倒幕」に向けて走り出した西郷吉之助は、この岩倉具視に協力を依頼しますが、当の本人は一見するとやる気なし。

ボロボロの格好で金だけをせびり、挙句の果てには賭博場まで開いて生活している貧乏生活。

下の記事では、のちに明治維新に多大な功績を残した男が、なぜここまで落ちぶれた生活を送ることになっていたのか「岩倉具視の前半生」について紹介しています。

【岩倉具視】西郷どん(せごどん)鶴瓶が演じる公家の前半生!天皇に信頼された男がなぜ隠れ住んでいるのか?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 岩倉具視の前半生 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で貧乏公家として登場する笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視。 ボロボロの格好で「金」をせがんで

 

公家「二条斉敬九条道孝山科言縄」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第30話で、西郷吉之助はつかみどころのない岩倉具視に振り回されることになりますが、岩倉邸の掃除をしている時に公家に向けた手紙を見つけ、その内容に興奮を覚えます。

手紙には「倒幕」や「薩長同盟」について記されており、これで吉之助は岩倉具視の本心を知ることができました。

下の記事では、貧乏公家に成り下がった岩倉具視が送ろうとしていた手紙の宛先「二条斉敬・九条道孝・山科言縄」ら公家について紹介しています。

西郷どん(せごどん)岩倉具視の手紙の宛先【二条斉敬】とは?孝明天皇から絶大な信頼を得た日本史上最後の関白
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 二条斉敬(にじょうなりゆき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第30話では、笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視が本格的に登場し、「倒幕」と目論む

西郷どん(せごどん)岩倉具視の手紙の宛先【九条道孝と山科言縄】とは?失脚後に奥羽鎮撫総督に返り咲いた明治天皇の相談役
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 九条道孝と山科言縄 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第30話では、笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視が本格的に登場し、「倒幕」と目論む西郷吉之助

 

公家「近衛忠煕近衛忠房九条尚忠」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、幕末から明治にかけて活躍した維新志士たちが数多く登場します。

しかし、この時代の大きな波には彼ら志士だけでなく、朝廷の公家たちも飲み込まれていました。

島津家と関係の深かった近衛家は将軍継嗣問題で「一橋派」に属し、大河ドラマでもすでに登場していますが、下の記事では普段は脚光を浴びることのない公家たち「近衛忠煕・近衛忠房・九条尚忠」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん 近衛忠煕(このえただひろ)月照と共に斉彬に協力した公家は篤姫の養父となり安政の大獄で失脚する
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 近衛忠煕(このえただひろ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で登場する近衛忠煕は、西郷隆盛、坂本龍馬ら幕末の英雄たちに比べ、とてもマイナー

【近衛忠房】西郷どん(せごどん)薩摩藩に協力する近衛忠煕の子は岩倉具視の台頭によって出番を失っていく公武合体派の公家
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 近衛忠房(このえただふさ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で薩摩藩に協力している京都の公家・近衛家。本編では西郷吉之助に月照を引き合わせ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)九条尚忠 徳川慶福を次期将軍に薦めた幕府との協調路線を推進する公武合体派の公家
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 九条尚忠(くじょうひさただ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第15話で、将軍・徳川家定の後継者に一橋慶喜を推していた島津斉彬、西郷吉之

 

スポンサーリンク

 

岩倉具視を気にかけていた「孝明天皇」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)では一橋慶喜を信頼し、全てを任せている孝明天皇。

幕府寄りの思想を持ちながら、強固な「攘夷」論者でもあった孝明天皇は、朝廷内での公武合体派公卿と尊王攘夷派公卿の政争や幕府、長州藩、薩摩藩などに影響を与え続けています。

下の記事では、朝廷を追われた岩倉具視を気にかけていた「孝明天皇」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)孝明天皇 条約調印勅許を拒否した攘夷を追求する異人嫌いの天皇の死から時代は倒幕へと向かう!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 孝明天皇 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第13話で、西郷吉之助は島津家と縁の深い京都の公家・近衛家で僧の月照と知り合います。 この時

 

天皇の庇護を受け権力を強めた「一橋慶喜」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、一橋慶喜は西郷吉之助と決別したのちも孝明天皇からの厚い信頼を受け続け、京都で絶大な権力を握るようになっていました。

こののち、慶喜は吉之助によって中途半端にされた長州征伐の再開を決定し、薩摩藩とも激しく対立していきます。

下の記事では、最後の将軍となった慶喜の生涯を「一橋慶喜」と「徳川慶喜」に分けて紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)一橋慶喜(慶喜①)ふきが働く磯田屋の常連「ヒー様」は、のちの江戸幕府最後の将軍となる
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 一橋慶喜(慶喜①) 大河ドラマ西郷どんで、ふきの働く磯田屋の常連客として登場する「ヒー様」と呼ばれる男。 実はこの「ヒー様」が、のちの

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川慶喜(慶喜②)将軍となった慶喜は大政奉還を行うが戊辰戦争に発展、晩年は趣味に没頭した生活を送る
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川慶喜(慶喜②) 大河ドラマ西郷どんで、重要な役割を担うのが徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜。 最終的には倒幕を目指す薩摩藩にとって徳川

 

慶喜と対立した幕府老中「松平宗秀阿部正外」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助が岩倉具視と接触していた頃、天皇の寵愛を受けた一橋慶喜は会津藩、桑名藩と結託して、幕府から独立した政権を京都に築きかけていました。

これには、さすがに幕府閣僚たちが頭を悩ませ、一橋慶喜を天皇から引き離そうという動きが出てきます。

下の記事では、一橋慶喜を江戸に召喚するため京都に派遣された老中「松平宗秀と阿部正外」について紹介しています。

西郷どん(せごどん)松平宗秀(本庄宗秀)一橋慶喜と対立する老中は、幕府に内緒で富士山登頂した変わった男w
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 松平宗秀(本庄宗秀) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第30話で、天皇の寵愛を受けて権力を強める一橋慶喜は、幕府によって天皇から遠ざけら

西郷どん(せごどん)阿部正外(あべまさとう)一橋慶喜と対立した老中は井伊直弼に交渉能力を認められた白河藩主
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 阿部正外(あべまさとう) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第30話で、天皇の寵愛を受けて権力を強める一橋慶喜は、幕府によって天皇から遠ざ

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ