西郷どん(せごどん)24話あらすじネタバレ関連記事「西郷菊草、土持政照、川口雪篷」についての記事で24話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第24話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第24話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

24話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

 

西郷どん(せごどん24話あらすじネタバレ)愛加那との再会!慶喜の『芋』扱いに久光キレる!沖永良部島で死にかける吉之助の第24話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第24話「地の果てにて」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第24話「地の果てにて」のあらすじ・ネタバレについて書

スポンサーリンク

 

間切横目」と琉仲為とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第24話で徳之島に流された西郷吉之助は、大久保一蔵から一通の手紙を受け取りました。

この大久保一蔵の手紙を、吉之助に渡したのが「間切横目」と呼ばれる職業の「琉仲為」という男。

下の記事では、徳之島、沖永良部島で度々登場する職業「間切横目」と徳之島の「琉仲為」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)間切横目・琉仲為(りゅうなかため)徳之島で吉之助を世話した役人とその職業とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 間切横目とは?琉仲為とは? 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第24話で、命令違反のため徳之島に流された西郷吉之助。 徳之島にいたのはわ

 

西郷菊草西郷菊次郎愛加那

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷吉之助は奄美大島で妊娠中の愛加那と切ない別れをしていますが、この24話では愛加那がまさかの再登場。

しかも、今度は息子の菊次郎だけでなく、生まれたばかりの菊草まで登場して、吉之助と愛加那は短い間ですが幸せな時を過ごします。

下の記事では、吉之助の2番目の妻「愛加那」、息子「西郷菊次郎」、一人娘の「西郷菊草」の生涯について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)愛加那(あいかな)二階堂ふみが演じる島妻は失意の西郷を蘇らせた菊次郎を産んだ2番目の妻
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 愛加那(あいかな) 大河ドラマ西郷どんで、二階堂ふみが演じるのが奄美大島へ島流しされた西郷吉之助(隆盛)を懸命に支えた2番目の妻・愛加那

【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

西郷どん(せごどん)西郷菊草(大山菊草)夫のDVに苦しんだ愛加那(とぅま)と西郷隆盛の一人娘の人生とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊草(大山菊草) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷が別れた後に生まれるのが西郷隆盛の一人

【その後の愛加那・菊次郎・菊草】西郷どん(せごどん)で奄美大島から吉之助が去ったあと家族はどうなった?
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 その後の愛加那・菊次郎・菊草はどうなった? 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第21話「別れの唄」で、幸せだった西郷吉之助、愛加那夫妻

 

スポンサーリンク

 

沖永良部島の人物「土持政照川口雪篷」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第24話で徳之島に流された西郷吉之助は、愛加那たちとつかの間の再会のあと、さらに遠方の沖永良部島に遠島処分になります。

吉之助は、この沖永良部島では約1年半の時間を過ごすことになりますが、罪人として扱われる吉之助は衰弱して生死の淵を彷徨っています。

そんな吉之助を助けることになるのが、沖永良部島の間切横目・土持政照とその母・鶴、そして嫌味ばかりいう偏屈親父・川口雪篷。

下の記事では、数少ない沖永良部島のキーパーソン「土持政照」、「土持鶴」、「川口雪篷」、「黒葛原源助」について紹介しています。

【土持政照・土持照・黒葛原源助(つづらはらげんすけ)】西郷どん(せごどん)沖永良部島で吉之助を助ける母子と代官
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 土持政照・土持鶴 黒葛原源助(つづらはらげんすけ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第24話~第25話で描かれる西郷隆盛(吉之助)の沖

川口雪篷(せっぽう)西郷どん(せごどん)が沖永良部島で西郷隆盛に「革命」を促した偏屈親父
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 川口雪篷(せっぽう) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第24話で徳之島から沖永良部島に流されてしまう西郷吉之助(隆盛)が、牢で出会うのが

 

文久の改革」と「将軍後見職政事総裁職」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で江戸に乗り込んだ薩摩藩の「国父」島津久光は、朝廷の権威と武力を背景に幕政改革を要求しました。

この要求により、安政の大獄で謹慎させられていた一橋慶喜と松平春嶽(慶永)が政治の表舞台に復帰し、慶喜は「将軍後見職」、春嶽は「政事総裁職」に任命されます。

下の記事では、久光の要求による幕政改革「文久の改革」と「将軍後見職・政事総裁職」について紹介しています。

西郷どん(せごどん)文久の改革とは?斉彬の遺志?島津久光が兵を率いて上京し訴えた幕政改革とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 文久の改革 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、どちらかと言うと嫌われ役の部類に入る島津久光(青木崇高)。 この久光は、兄の斉彬が死んだ

【一橋慶喜の将軍後見職と松平春嶽の政事総裁職】西郷どん(せごどん)島津久光の文久の改革によって新設された役職とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 将軍後見職と政事総裁職 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、寺田屋騒動なで過激な尊王攘夷志士たちを処分した薩摩の「国父」島津久光は朝廷から

 

スポンサーリンク

 

川口雪篷が持っている「那波列翁伝」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の沖永良部島編で重要な役割を果たす川口雪篷は、懐に「那波列翁伝」という書物を忍ばせています。

この「那波列翁伝」は、のちに吉之助を『革命』に目覚めさせるアイテムの一つとなるのですが、第24話での吉之助はそんなこと知る由もありません。

下の記事では、フランスの英雄・ナポレオンと、その伝記「那波列翁伝」についてしょう紹介しています。

【那波列翁伝とナポレオン】西郷どん(せごどん)で川口雪篷が話す「革命」の大英雄ナポレオンとは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 那波列翁伝とナポレオン 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で沖永良部島に流されている西郷吉之助。 吉之助はこの島で出会った人物・川口雪篷(

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ