西郷どん(せごどん)18話あらすじネタバレ関連記事「とぅま(愛加那)」「愛加那の菊池源吾(西郷隆盛)」についての記事で18話を深く知ろう!

      2018/05/23

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第18話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第18話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

18話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん18話あらすじ)菊池源吾と名を変え奄美大島で「とぅま(愛加那)」と出会う西郷吉之助の苦悩を描く第18話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第18話「流人 菊池源吾」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第18話「流人 菊池源吾」のあらすじ・ネタバレについ

西郷どん(せごどん)18話19話20話のあらすじ!奄美大島編で愛加那(二階堂ふみ)と失意の西郷との恋愛と生活をどう描く?
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 18話19話20話のあらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第17話で月照と共に錦江湾に入水自殺を図った失意の西郷吉之

スポンサーリンク

 

 「とぅま愛加那とは?

大河ドラマ西郷どん(せごどん)18話「流人 菊池源吾」からは、奄美大島編がスタート!

月照との心中失敗から、西郷吉之助は「菊池源吾」と名を変え、奄美大島に隠れ住むことになりますが、ここで出会うのがのちに西郷2番目の妻となる「とぅま(愛加那)」。

二階堂ふみが演じる「とぅま(愛加那)」は、自暴自棄になっている西郷を支える内に、恋に落ちて結婚することになります。

下の記事では、西郷隆盛が愛した「とぅま(愛加那)」について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)愛加那(あいかな)二階堂ふみが演じる島妻は失意の西郷を蘇らせた菊次郎を産んだ2番目の妻
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 愛加那(あいかな) 大河ドラマ西郷どんで、二階堂ふみが演じるのが奄美大島へ島流しされた西郷吉之助(隆盛)を懸命に支えた2番目の妻・愛加那

 

 とぅま(愛加那)の「刺青入れ墨」の意味

大河ドラマ西郷どん(せごどん)18話「流人 菊池源吾」から登場する「とぅま(愛加那)」は奄美大島の住人。

登場時点から、「とぅま(愛加那)」の手の甲には、何やら不思議な模様の刺青(入れ墨)が!

西郷も、この刺青(入れ墨)を見て、何て野蛮な奴らだと蔑視していますが、「とぅま(愛加那)」とのやりとりの中で、奄美大島の人々のために一肌脱ぐことになっていきます。

いつしか、すっかり島の風習にも慣れてしまう西郷ですが、今回は「とぅま(愛加那)」の手の甲にある『ハジチ(ハジキ)』と言われる刺青について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)とぅま(愛加那)の手の入れ墨(刺青・ハジチ・ハジキ)の意味とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) とぅま(愛加那)の入れ墨・刺青の意味 大河ドラマ西郷どんの18話「流人 菊池源吾」から登場する二階堂ふみが演じる「とぅま(愛加那)」とい

ケンムンとは?西郷どん(せごどん)で「愛加那(とぅま)」が子供たちを脅かした奄美大島の妖怪ケンムンの正体
大河ドラマ西郷どん(せごどん) ケンムン 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第18話「流人 菊池源吾」で紹介された「ケンムン」という物の怪。 奄美大島の子供たちは、奇妙

 

とぅま(愛加那)と西郷の「ラブラブ生活

大河ドラマ西郷どん(せごどん)18話で出会う西郷と「とぅま(愛加那)」。

江戸や京を駆け回り、斉彬や月照を失った西郷にとって、奄美大島での生活は耐えられるものではなく、荒れまくっていたからしょうがありませんが、二人のお互いの印象は最悪なものでした。

しかし、島に受け入れられ、島のために尽くすようになった西郷は、のちに「とぅま(愛加那)」と結婚。

そして「とぅま」に愛しい人を意味する『愛加那』の名を与えました。

下の記事では、西郷と「とぅま(愛加那)」との結婚生活について紹介しています。

とぅま(愛加那)西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる奄美大島の島妻とのなれそめ、二人のラブラブ生活とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) とぅま(愛加那) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、二階堂ふみが演じるのが「とぅま」という奄美大島の女性。 この「とぅま」は、のちに西

 

スポンサーリンク

 

 とぅま(愛加那)と西郷の子「西郷菊次郎

大河ドラマ西郷どん(せごどん)18話で出会った西郷と「とぅま(愛加那)」がのちに結婚し、約2年間の生活の中で二人の子宝に恵まれます。

長男なのに『次郎』とつけられるのが「菊次郎」で、この名前をつける時にも一悶着あります。

下の記事では、奄美で生まれ、のちに鹿児島に引き取られた「西郷菊次郎」の生涯について紹介しています。

【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

 

 とぅま(愛加那)と西郷の娘「西郷菊草

大河ドラマ西郷どん(せごどん)18話で出会った西郷と「とぅま(愛加那)」がのちに結婚し、生まれるのが前述の長男「菊次郎」と長女「菊草」。

菊次郎は、西郷が奄美大島にいる間に生まれていますが、菊草については誕生する前に西郷は薩摩に戻ってしまい顔を見ることもありませんでした。

しかし、奄美大島に残された菊草のことが忘れられなかった西郷。

下の記事では西郷隆盛の一人娘で、のちに夫のDVに苦しむことになる「西郷菊草」について紹介しています。

西郷どん(せごどん)西郷菊草(大山菊草)夫のDVに苦しんだ愛加那(とぅま)と西郷隆盛の一人娘の人生とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊草(大山菊草) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷が別れた後に生まれるのが西郷隆盛の一人

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめました!これで「西郷どん(せごどん)」が分かる!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) あらすじ・ネタバレ・期待度 まとめのまとめ 西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ