西郷どん(せごどん33話あらすじネタバレ)大久保一蔵の不倫発覚!満寿、お龍、糸たち「女」の幕末がここにある!第33話

      2018/09/02

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)
第33話「糸の誓い」あらすじ

平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第33話「糸の誓い」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」ではそのようなことはありもはん。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第33話「糸の誓い」
NHK公式 あらすじ

薩長同盟が結ばれた直後、寺田屋で襲われ負傷した坂本龍馬(小栗旬)は薩摩藩に保護されお龍(水川あさみ)とともに療養のため鹿児島に渡り西郷家を訪ねる。糸(黒木華)は、龍馬とお龍の奔放で大胆な行動に驚かされる。吉之助(鈴木亮平)といまだに夫婦らしい時間を持てていない糸は、お龍の龍馬へのまっすぐな愛に心を動かされる。一方、幕府が第二次長州征伐に動き出す中、薩摩藩はイギリス公使パークスを迎えることに。

NHK公式サイト 大河ドラマ「西郷どん」第33話「糸の誓い」より抜粋

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第33話「糸の誓い」
あらすじ【ネタバレ注意】

 

大久保一蔵、不倫発覚

慶応2年(1866)、薩長同盟が成立した二日後、京の寺田屋に宿泊していた坂本龍馬は突如襲撃された。

入浴中であった妻のお龍の機転によって危機を脱した龍馬であったが、手を負傷してしまい、夫婦ともども薩摩藩邸で匿われることとなった。

やがて、薩摩に帰ることになった西郷吉之助に同行して、龍馬とお龍も舟に乗ることになったが、大久保一蔵は「女連れを藩の船に乗せるわけには・・・」と難色を示す。

しかし、龍馬は「お龍はわしの妻じゃ。お龍がいなかったら助からなかった。わしの命はお龍のもんぜよ」と一蔵をそっちのけにしてベタベタし船に乗り込んでいった。

 

久しぶりに吉之助に会えると思い、は落ち着かないでいた。

そこに吉之助が女連れでやってきたので西郷一家はビックリしたが、お龍が龍馬の妻と分かるとホッとし、ただちに酒宴が開かれることになった。

酒宴の席では、お龍の寺田屋での武勇伝が披露されて一同盛り上がるが、糸は常に夫の側にいることができるお龍のことを羨ましく思い、一蔵の妻・満寿に愚痴をこぼした。

二人の話を聞いていたお龍は、吉之助と糸の問題に首を突っ込み、糸の心に土足で踏みこんでくる。

あまりに無神経なお龍を満寿は叱ったが、次にお龍は「糸が夫に別の女子がいるのではないかと疑っているよ」と大きな声で言った。

吉之助は即座に否定するが、バカ正直な吉之助は一蔵と「おゆう」のことを思いだして、つい満寿の方を見てしまった。

挙動不審な吉之助の行動に、満寿は一蔵に別の女がいることを確信し、龍馬に注がれた酒を一気に飲み干すのであった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お龍の愛

深夜になり、吉之助は龍馬に対して薩摩に連れてきた本当の理由を打ち明けた。

幕府が長州に目を向けている間に、薩摩藩は英国に近づいて力を蓄えようと画策し、1カ月後には英国公使のパークスを薩摩に招くことになっていた。

吉之助はパークスをもてなす知恵を龍馬に借りようとしたのだ。

幕府に近づくフランスも、薩摩に近づく英国も内戦を利用して日本を食い物にしようと狙っており、油断できない相手だった。

 

一方、一蔵は大坂城に呼び出されていた。

いよいよ幕府が長州再征伐に乗り出すことになったのだ。

しかし、一蔵は評定の席で「この戦には大義名分がない。一度征伐した長州をなぜもう一度攻める?大義なき命令は受けられない」とキッパリ出兵を拒否して諸藩を驚かせた。

報告は受けた一橋慶喜は顔色を変えたが、将軍・徳川家茂が体調を崩していたため今回は怒る余裕がなかった。

幕府は将軍の容態が長州征伐軍の士気にかかわるとして厳重に隠しつつ、10万の軍勢を長州に向けて進軍させるのであった。

 

ある日、西郷家にビールやシャンペンなどの酒が届いた。

イギリス公使・パークスをもてなすために龍馬が用意したものだった。

龍馬は傷の治療のために、いくつかの温泉をお龍と共に巡り、ちょうど帰ってきたところだった。

夜、小松帯刀が西郷家にやってきて幕府軍が長州に向かったことを伝えた。

すると龍馬は、心配する吉之助のため長崎に戻るついでに下関に寄って様子を見てくるという。

次の日、龍馬は朝早くに西郷家をあとにしたが、今回の旅は危険が伴うと思いお龍を残していった。

しかし、すぐに龍馬がいないことに気づいたお龍は心配顔でやってきて、龍馬の行き先を聞く。

愛する気持ちが痛い程分かった糸は「今出れば追いつける」と言って行き先を伝え、お龍は「お互い難儀な男に惚れたもんやな。一生惚れ通すしかないな」と言葉を残し、龍馬のあとを追っていった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

糸の嫉妬

慶応2年(1866)6月7日、幕府軍の長州への攻撃がついに始まった。

10万の幕府軍に対し、長州軍はわずか3,500。

しかし、最新式の銃が威力を発揮して幕府軍は次第に押し返されていった。

 

数日後、パークスが通訳のシーボルトとともに薩摩にやってきた。

最初は盛大に開かれた宴でパークスは上機嫌だったが、薩摩側が英国と結ぶことはあっても家来にはなってはいけないと考え、なかなか本題を切り出さなかったためにパークスは次第に怒りだした。

このため、吉之助はプリンセス・ロイヤル号の艦上でパークスと会談することになった。

ここで吉之助は、お互いの腹を割って話がしたいと持ち掛け「薩摩藩が天皇のもとに日本をまとめてみせる。この西郷がやってみせる」と宣言した。

吉之助の力強い言葉にパークスは「ミスター西郷を信じる」と言って立ち上がり、二人は固い握手を交わすのであった。

 

その夜、糸は吉之助が奄美大島で娶った愛加那に嫉妬していることを打ち明けた。

糸は愛加那がどんな女性であったのかを吉之助から直接聞くことで自分を納得させたいと思ったのだ。

そしてお龍から言われた「一生惚れ通すしかない」を胸に、糸は西郷家を守っていくことを約束すると吉之助は思わず糸を抱き締めた。

 

数カ月後、吉之助が再び上洛することになり、出発を前にして喜びの知らせが舞い込んだ。

糸が子供を宿したというのだ。

糸はお腹の子とともに吉之助の帰りを待つことを約束し、旅立つ夫の背中を見送るのであった。

 

西郷どん(せごどん)34話35話36話37話あらすじネタバレ!龍馬暗殺、大政奉還、江戸城無血開城、そして明治へ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 34話35話36話37話 あらすじネタバレ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第34話からは、西郷吉之助が幕末、明治維新の流れに翻弄される

スポンサーリンク

次回 西郷どん(せごどん)第34話「将軍慶喜」あらすじ↓

大河ドラマ「西郷どん」第34話「将軍慶喜」あらすじ

西郷どん(せごどん)
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ「西郷どん」第33話【感想】

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ