西郷どん(せごどん23話あらすじネタバレ)信吾が号泣!寺田屋騒動と最後のウナギ捕り!小松帯刀が言葉が見事すぎる第23話

      2018/06/17

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)
第23話「寺田屋騒動」あらすじ

平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第23話「寺田屋騒動」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」ではそのようなことはありもはん。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第23話 「寺田屋騒動」
NHK公式 あらすじ

吉之助(鈴木亮平)は、有馬新七(増田修一朗)たちを思いとどまらせようと力を尽くすが、下関を勝手に離れたことに激怒した島津久光(青木崇高)は、吉之助に切腹を命じる。兄に下された不条理な沙汰に戸惑う信吾(錦戸亮)は有馬らと合流。他藩の浪士たちと寺田屋に集結し、いよいよ事を起こそうとしていた。その動きを察知した久光は、大山(北村有起哉)を寺田屋に向かわせる。

NHK公式サイト 大河ドラマ「西郷どん」第23回「寺田屋騒動」より抜粋

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第23話「寺田屋騒動」
あらすじ【ネタバレ注意】

 

生きる!

京で暴走しそうな志士たちを抑えるため、京に向かった西郷吉之助だったが、これはかえって島津久光の逆鱗に触れてしまっていた。

久光より、一足早く京に着いた大久保一蔵は、吉之助を探し回ると鍵屋にたどり着き、吉之助が「繁の家」にいることを突き止める。

繁の家の座敷では、吉之助が久坂玄瑞、吉村虎太郎、小河一敏ら諸藩のメンバーを前にして村田新八、西郷信吾、有馬新七ら薩摩藩のメンバーが食事をしていた。

あっけにとられていた久坂たちを見かねて信吾が吉之助に意見を求めると、吉之助は箸を置いて「日本を変えたいという思いは皆同じ」と語りかける。

その言葉に誰もが同意すると、「じゃあ、まずは飲もう」と吉之助は酒をすすめだした。

吉之助は奄美大島で習った、腹を割って話すにはまずは飲んで歌って踊るのが一番早いを実践したのだ。

そして宴が始まろうとしたその時、一蔵が「何してるだ?吉之助さぁ」と怒って乗り込んできた。

別室に移った一蔵は、吉之助に切腹の命が下ったことを告げる。

すると吉之助は慌てる様子もなく、一蔵には悪い事をしたと詫びた。

一蔵もどうすることもできなかったと悔しさをにじませ、吉之助と共に死を選ぼうとしていた。

しかし、斉彬に死なれ、月照と共に死のうとしたら生き残り、島に流されて愛加那らと出会っていた吉之助は「人間は生まれてきた以上なすべきことがある。それを果たすまでに死んではならない」と言う。

こでまで死の淵を何度も潜り抜けてきた吉之助の言葉と、自分の言葉では重みが違うと一蔵は感じ入っていた。

そして吉之助は「堂々と久光の前に出て、生かすか殺すか天に決めてもらう。これまでもそうだった」と言うと、一蔵も覚悟を決めるのであった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後のウナギとり

一蔵との話のあと、吉之助は座敷に戻ったが宴会に残っていたのは村田新八と有馬新七、西郷信吾だけだった。

村田新八は自分たちに切腹が言い渡されたのではないかと怯えていたが、こんな状況でも腹は減っており、腹の音を鳴らしている。

思わず笑っていまった芸妓の「おゆう」は食事と酒を用意しようとしたが、一蔵が「酒も食事も女もいらん」とそっけなく断った。

愛想のない一蔵に「おゆう」が呆れていると、そこに海江田武次と大山格之助が飛び込んできた。

そして二人は土下座して、今回の一件は自分たちのせいだと謝り出す。

海江田武次は、大坂で久光に「吉之助の周りには勤王倒幕の志士たちが集まっている。平野國臣などは吉之助がいれば倒幕はなったも同然と話している」など誇らしげに報告したという。

それが久光の側近・中山尚之助に「言語道断である」と指摘されて切腹の件になってしまったのだと。

これを聞いた有馬新七は、大久保一蔵につかみかかり「人間の道理に合わないことをしているのは国父様(久光)ではないか!」と責めた。

吉之助は「まだ切腹が正式に決まったわけではない」と諭した瞬間、また村田新八の腹の音が鳴った。

すると吉之助は微笑み、みんなで川に行こうと外へ連れ出した。

あっけにとられる一同に、吉之助は「ケンカは腹が減っただけじゃ。ウナギ取りで勝ち負けをつけよう!」と言うと川に飛び込み、続いて一同も童心に返って川に飛び込むのであった。

 

その後、吉之助たちは捕まえたウナギを肴に河原で酒盛りを開いた。

皆で盛り上がる中、信吾だけは一人で感慨にふけっていた。

郷中メンバーのウナギ取りの仲間入りができたことが嬉しかったのだ。

喜びを噛みしめる信吾のかたわらで、吉之助はまたこのメンバーでウナギを取りに行くことを望んでいた。

しばらくして、酔いつぶれた信吾を背負って吉之助は帰路についた。

そこで吉之助は「自分に万が一のことがあれば信吾のことを頼む」と一蔵に託した。

吉之助が鍵屋に到着すると、そこには中山尚之助ら薩摩藩の捕り方が待ち受けていた。

抜刀しようとする有馬新七を制した吉之助は、「今日はよか日じゃった!」と言い放ち、村田新八と共に捕り方へ向かって歩き出していった。

一同は言葉を失い、二人を見送るしかなかった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

小松帯刀登場!

島津久光が千人の兵を引き連れて上京すると、捕まっていた吉之助は切腹を命じられた。

一蔵は、暴発しそうな志士たちを抑えることができたのは吉之助が命令違反をしたおかげだと必死で訴えるものの、久光は断固として処分を撤回しなかった。

そんな久光に、吉之助は命乞いをするどころか、間違いを正すことが本当の忠義であることだと主張する。

斉彬のいない今こそ、久光自身が日本を見つめなおし、国を変える策を考えなければならない。

そのためには、久光がまず変わらなければならない。

真っすぐな吉之助の思いに、脇にいた重臣・小松帯刀と堀次郎は感心した。

そして二人は「西郷を使いこなすのは難しい。主君の目の前に置かれた物差しだ。放っておけばただの棒。だが使い道を心得ればこんなに役に立つものはない。この男を使いこなせるかどうかで主君の器量が分かる」と久光に伝える。

すると、久光は怒りを必死にこらえて退室していった。

 

数日後、吉之助に下された処分は切腹ではなく、島送りだった。

吉之助と行動を共にした村田新八も同罪。

二人は必ず生きて帰ることを皆に約束し京を離れた。

唯一、吉之助が心配していたのは有馬新七と信吾のことだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

寺田屋騒動

吉之助が京を離れてから数日後、久光は公家・近衛忠房に呼ばれ、孝明天皇からの依頼を伝えられた。

孝明天皇は、京で勤王倒幕といって暴れる不逞浪士たちを薩摩藩で鎮撫して欲しいと願っているのだという。

天皇から信頼を得る絶好のチャンスと踏んた久光は、さっそく実行に移すことにした。

しかし、この久光の行動は薩摩藩を利用して倒幕を考えていた志士たちにすれば、驚愕の出来事だった。

 

文久2年(1862)4月23日、浪士たちを扇動する精忠組のメンバーの動きを察知した久光は、天皇から依頼を受けた薩摩藩から犯罪者と出しては天下の恥として、寺田屋に集まる者を全て討ち取るように命じた。

大久保一蔵は薩摩の同志討ちは避けるべきだと言って、自分が説得の使者となるよう訴える。

しかし、久光は一蔵ではなく大山格之助ら剣に優れた8人を鎮撫使として派遣した。

 

寺田屋では、大山格之助が有馬新七らに対して久光の命令に従うよう説得を試みた。

しかし、青蓮院の宮様「朝彦親王」から天皇を守るように言われていた有馬新七は、久光よりも朝彦親王の言葉を信用していた。

一触即発となった現場に、影で見ていた西郷信吾が飛び込んできて「兄がいればこんなことはやめるように言うはずだ!」と仲裁に入る。

さらに信吾は「またみんなでウナギを取って食べたい」と泣いてすがった。

有馬一派の田中謙助が、そんな信吾を「やっせんぼ」と叱りつけたあと、刀を抜くとついに壮絶な斬り合いが始まった。

折れた刀を手にした有馬新七が、鎮撫使の道島五郎兵衛を押さえつけ「おいごと刺せ!」と同志に呼びかける。

ビビる信吾をよそに、橋口吉之丞は有馬もろとも道島を貫いた。

 

この寺田屋騒動で藩に逆らった者は厳しい処分を受けた。

事件の内容は吉之助は耳にも届き、有馬新七の死と信吾の謹慎処分を聞いた吉之助は天を仰いで号泣するのであった。

 

西郷どん(せごどん)23話あらすじネタバレ関連記事「寺田屋騒動」「有馬新七・西郷信吾」についての記事で23話を深く知ろう!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第23話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第23話

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ