西郷どん(せごどん)46話あらすじネタバレ関連記事「田原坂の戦い」と「西郷菊次郎」についての記事で46話を深く知ろう!

      2018/11/03

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第46話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第46話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

46話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん46話あらすじネタバレ)西南戦争勃発!迫る西郷隆盛の最期。糸との別れに涙する第46話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第46話 あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第46話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバ

スポンサーリンク

 

田原坂の戦い

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第46話では、鹿児島を進発した西郷軍が熊本城に迫り、大久保利通ら政府は西郷討伐を決定。

その後、西南戦争最大の激戦となった「田原坂の戦い」が始まって西郷軍、政府軍ともに多くの死傷者を出していきます。

下の記事では元薩摩士族同士が激しくぶつかり、西南戦争の戦況を左右していった「田原坂の戦い」について紹介しています。

田原坂(たばるざか)の戦い|西郷どん(せごどん)西南戦争の激戦地!熊本救援を目指す官軍を薩軍が迎え撃つ
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 田原坂の戦い 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第46話、西南戦争で一番の激戦となった「田原坂の戦い」が始まり、西郷軍の副司令官格・篠原国

 

村田新八」と「川路利良

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第46話では、西郷隆盛を慕っていた「村田新八」がフランス仕込みのアコーディオンを携えて西郷軍に参加。

また、政府軍側には大久保利通から絶大の信頼を勝ち得ていた「川路利良」が参加していました。

元薩摩藩士の二人は明治維新後に共に欧米留学を経験し先進的な知識を吸収していましたが、西南戦争では自分の信じる西郷、大久保のため、敵味方に分かれることとなってしまったのです。

下の記事では西郷命の「村田新八」と、大久保のような冷徹さを持った大警視「川路利良」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)村田新八 西郷の弟分で共に島流しに遭い、最後まで西郷に従った新八は大久保利通、勝海舟からも評価された人物
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 村田新八 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷小吉(隆盛)たちの下加治屋町郷中の中で一番体の小さい村田新八。 村田新八は、小さい頃か

西郷小兵衛(こへえ)大河ドラマ西郷どん(せごどん)カワイイ弟の死に西郷隆盛が号泣!熊本で散った西郷家の末弟とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷小兵衛 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で、ついに登場するのが上川周作が演じる西郷吉之助の最愛の弟・西郷小兵衛(こへえ)。

 

篠原国幹」と「伴兼之榊原政治

本格化していく西南戦争で最大の激戦となった田原坂の戦いで、西郷軍は副司令官格の「篠原国幹」と、西郷を慕い遠く旧庄内藩からやってきた「伴兼之」と「榊原政治」を失ってしまい、どんどん戦況が悪化していきます。

下の記事では、政府からも評価され『習志野』の語源にもなったといわれる「篠原国幹」と、兄弟同士、仲間同士で戦うこととなった東北の若者「伴兼之」と「榊原政治」について紹介しています。

篠原国幹|西郷どん(せごどん)マントを着たド派手でマヌケな男?「習志野」の語源にもなったとされる文武両道の士の生涯
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 篠原国幹 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で榊英雄が演じるのが、西南戦争で壮絶な死を遂げる「篠原国幹」という男。 「篠原国幹」は若い頃か

伴兼之と榊原政治|西郷どん|庄内(山形)から私学校へ入り、西南戦争で散った悲劇の若者たち
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 伴兼之と榊原政治 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第45話では、西郷隆盛が創設した「私学校」の門を叩くものが続々と現れます。 その中に

 

スポンサーリンク

 

西郷菊次郎」と「西郷小兵衛

田原坂の戦いでは、西郷軍、政府軍とも多くの死傷者を出していましたが、防衛線が突破されると戦況は政府軍優勢に傾いていきます。

そして徐々に政府軍に徐々に追い詰められていった西郷軍にいる西郷家の人間からも、ついに死傷者が出ることに。

下の記事では、右足に銃弾を受けて戦線を離脱することになる「西郷菊次郎」、負傷した菊次郎の盾となり壮絶な死を遂げる「西郷小兵衛」について紹介しています。

【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

西郷小兵衛(こへえ)大河ドラマ西郷どん(せごどん)カワイイ弟の死に西郷隆盛が号泣!熊本で散った西郷家の末弟とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷小兵衛 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で、ついに登場するのが上川周作が演じる西郷吉之助の最愛の弟・西郷小兵衛(こへえ)。

 

大山綱良」と「海江田武次

大河ドラマ西郷どん(せごどん)第46話の西南戦争では、私学校の人物が多く死んでいきますが、戦場とは違ったところではこれまで活躍してきた西郷隆盛の旧友たちの運命も変わっていくことになりました。

西郷隆盛を支援していた「大山綱良(格之助)」は罪人として東京に連行されて西南戦争後に斬首となり、一方で島津久光に仕えていた「海江田武次(有村俊斎)」は中立の立場を取る主君に付き従い、旧友たちの最期をしっかりと見届けていく。

下の記事では、大久保利通に「後悔はしちょらん」と言い切り死んでいく「大山綱良」と、数々のトラブルで西郷の足を引っ張っていた「海江田武次」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)大山格之助(大山綱良)寺田屋事件で活躍し、西郷隆盛を最後まで助け続けた鹿児島県令。
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大山格之助(大山綱良) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の中で、西郷小吉(吉之助・隆盛)のいる下加治屋町郷中と競い合う高麗町郷中のリーダー

大河ドラマ西郷どん(せごどん)有村俊斎(海江田信義)西郷吉之助に嫉妬し、久光に接近した軽率な行動が目立つ維新志士
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 有村俊斎(海江田信義) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷小吉(隆盛)たちの下加治屋町郷中と競い合う高麗町郷中に所属している有村俊斎

 

木戸孝允」と「山縣有朋

大河ドラマ西郷どん(せごどん)第46話の西南戦争では、西郷軍、政府軍の中にいる元薩摩藩士たちが、命を奪い合う凄惨な戦いとなっていますが、幕末に倒幕のために協力した元長州藩士たちはあまり目立っていません。

というのも、この頃、長州閥のトップ「木戸孝允(桂小五郎)」は病に倒れ、最後まで西郷隆盛のことを心配しながら死去していました。

下の記事では、西郷隆盛より一足先に逝った維新の英雄「木戸孝允」と、実は西南戦争で指揮を執っていた元長州藩の重鎮「山縣有朋」について紹介しています。

桂小五郎(木戸孝允)大河ドラマ西郷どん(せごどん)で玉山鉄二が演じる長州藩の重鎮を超簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 桂小五郎(木戸孝允) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で薩長同盟、その後の明治新政府の中で重要な役割を果たす、玉山鉄二演じる長州藩士・桂小

山縣有朋(狂介)西郷どん(せごどん)高杉晋作の奇兵隊を引き継ぎ、西郷隆盛に可愛がられ、西郷隆盛の命を奪った「日本軍閥の祖」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 山縣有朋(山縣狂介) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、幕末に西郷吉之助(隆盛)と共に活躍した長州藩の中心人物といえば、玉山鉄二が演じる

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ