西郷どん(せごどん)37話あらすじネタバレ関連記事「江戸無血開城」と「慶喜と勝海舟のその後」についての記事で話を深く知ろう!

      2018/09/26

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第37話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第37話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

37話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん)34話35話36話37話あらすじネタバレ!龍馬暗殺、大政奉還、江戸城無血開城、そして明治へ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 34話35話36話37話 あらすじネタバレ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第34話からは、西郷吉之助が幕末、明治維新の流れに翻弄される

スポンサーリンク

 

天璋院篤姫)」と「幾島

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第37話では、西郷吉之助が「幾島」に手引きされて「天璋院(篤姫)」と対面します。

武力討幕による慶喜の首を最終目標としていた吉之助は「天璋院(篤姫)」に江戸から逃げるよう言葉をかけますが、「天璋院(篤姫)」は自分は徳川と共に戦って死ぬとして譲りません。

これは江戸の町を戦火から救うため命を懸けた「天璋院(篤姫)」の吉之助への嘆願でもありました。

下の記事では、久しぶりに登場した「天璋院(篤姫)」とその老女であった「幾島」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)於一(おいち)北川景子が演じる篤姫は西郷が好きだった?将軍・家定の正室となり徳川家に身を捧げた斉彬の養女
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 於一(おいち)/篤姫・天璋院 大河ドラマ西郷どんで、北川景子が演じるのが於一こと、のちの篤姫。 養父・島津斉彬の御前で開かれた相撲大会

大河ドラマ西郷どん(せごどん)幾島 南野陽子が演じる篤姫の教育係・幾島は薩摩藩のスパイ?大奥でも御年寄としても活躍
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 幾島(いくしま) 大河ドラマ西郷どんで、斎藤ゆきのゴタゴタで直前でキャストが入れ代わり、最終的に南野陽子が演じることになったのが幾島。

 

江戸無血開城」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第37話では、江戸城総攻撃を計画した西郷吉之助が、天璋院や山岡鉄舟からの言葉で心を揺さぶられ、平和的解決を決断します。

そして、その後の徳川代表の勝海舟と会談によって、江戸城は新政府軍に引き渡され、江戸の町は戦火から救われることとなりました。

こうして新政府軍の目標「江戸城攻略」はあっけなく達成され、徳川家も存続する形で決着したこの革命。

下の記事では、派手な決着を望んでいた一部の者から批判も受けることになった「江戸無血開城」について簡単に紹介しています。

江戸無血開城|西郷どん(せごどん)山岡鉄舟、勝海舟、天璋院篤姫が活躍が!江戸の町を救った吉之助の英断
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 江戸無血開城 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助率いる新政府軍は徳川慶喜がいる江戸に進撃し、討幕の総仕上げとして江戸城総攻撃を

 

徳川慶喜」と「勝海舟」のその後

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第37話では「江戸無血開城」が行われ、約260年続いた徳川幕府が完全に消滅しました。

その後、最後の将軍となった徳川慶喜は水戸での謹慎生活ののちに静岡に移され、江戸無血開城に尽力した勝海舟は明治新政府に迎えられることになります。

おそらく、この二人は大河ドラマでの出番が大きく減少していくことになると思いますが、下の記事では明治維新後の気になる「徳川慶喜のその後」、「勝海舟のその後」について紹介しています。

【徳川慶喜のその後】西郷どん(せごどん)明治維新後のヒー様はどうなった?ケイキ様としての生活を送る元将軍のその後を追う
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川慶喜のその後 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で主人公・西郷吉之助の最大の敵として幕府の頂点に君臨した徳川慶喜は、吉之助が起こす革命に

【勝海舟のその後】西郷どん(せごどん)明治維新後の勝海舟はどうなった?慶喜、西郷隆盛の名誉回復に奔走した英雄のその後を追う
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 勝海舟のその後 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、江戸城無血開城で西郷吉之助と会談し、江戸の町を戦火から救った勝海舟。 勝海舟はその後

 

スポンサーリンク

 

長州藩士「大村益次郎」と「彰義隊

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で林家正蔵が演じるのが、おでこの広い長州藩士「大村益次郎」。

この「大村益次郎」は西郷吉之助の代わりに江戸で指揮を任され、江戸無血開城後も上野の寛永寺に立て籠る彰義隊を一日で殲滅して、天下にその名を轟かせた人物。

大河ドラマでは描かれませんでしたが「大村益次郎」は、長州征伐の時にも大活躍して高い評価を得ていました。

下の記事では、幕末において「軍神」とまで呼ばれた戦の天才「大村益次郎」と大村益次郎によって殲滅させられた「彰義隊」について紹介しています。

大村益次郎|西郷どん(せごどん)林家正蔵が軍神?火吹きダルマのあだ名を持つ幕末の大軍略家の生涯とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大村益次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で噺家・林家正蔵が演じるのが、長州藩士の大村益次郎。 西郷隆盛、坂本龍馬などと比べればマイナ

彰義隊と上野戦争|西郷どん(せごどん)大村益次郎の活躍で1日で殲滅させられた寛永寺に籠もる旧幕臣たち。
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 彰義隊と上野戦争 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助と勝海舟の会談によって「江戸無血開城」が行われ、江戸の町は戦火から救われま

 

五箇条の御誓文」と「由利公正

西郷吉之助と勝海舟などの活躍があって「江戸無血開城」が実現し、徳川幕府が完全に消滅しました。

そして新政府の基本方針として「五箇条の御誓文」が出され、世の中は「明治」へと移り変わっていきます。

この「五箇条の御誓文」は橋本左内と共に天才と呼ばれた越前藩士「由利公正」が起草したもので、吉之助の悲願「民のための日本」に一歩近づく内容となっていました。

下の記事では、のちに自由民権運動の礎となる「五箇条の御誓文」と、これを起草した龍馬の親友「由利公正」について紹介しています。

五箇条の御誓文|西郷どん(せごどん)明治天皇が神に誓った政府の基本方針!のちに拡大解釈されて民選議会の設立へ
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 五箇条の御誓文 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の主人公・西郷吉之助が描いているのは「民のための日本」作り。 このために吉之助は幕府を倒

由利公正|西郷どん(せごどん)坂本龍馬の親友?橋本左内と並ぶ越前福井藩の天才は五箇条の御誓文の起草に参画
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 由利公正 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助と共に一橋派の属した越前福井藩の若き天才・橋本左内。 橋本左内は藩主・松平慶永(

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ