西郷どん(せごどん)36話あらすじネタバレ関連記事「鳥羽伏見の戦いと錦の御旗」と「山岡鉄舟」についての記事で36話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第36話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第36話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

36話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん)34話35話36話37話あらすじネタバレ!龍馬暗殺、大政奉還、江戸城無血開城、そして明治へ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 34話35話36話37話 あらすじネタバレ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第34話からは、西郷吉之助が幕末、明治維新の流れに翻弄される

 

スポンサーリンク

 

鳥羽伏見の戦い

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第36話では、ついに西郷吉之助が率いる新政府軍と徳川慶喜の旧幕府軍が激突。

新政府軍の兵力は旧幕府軍の半数以下で、西郷信吾や大山巌などが負傷するなど苦戦を強いられます。

しかし、岩倉具視や大久保一蔵の秘策によって「新政府軍は官軍、旧幕府軍が賊軍」とされ、戦況は一気に新政府軍優勢へと傾いて大勝。

さらに徳川慶喜は信じられないことに、この戦いの夜に兵を捨てて江戸へ逃亡しました。

下の記事では、戊辰戦争の幕開け「鳥羽伏見の戦い」について紹介しています。

鳥羽伏見の戦い|西郷どん(せごどん)ヘタレ慶喜が逃亡!錦の御旗を掲げた新政府軍にコテンパンにされた戊辰戦争の初戦
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 鳥羽伏見の戦い 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷吉之助が率いる新政府軍と、徳川慶喜の旧幕府軍が衝突し、ついに戊辰戦争が幕を開けます。

 

錦の御旗」と「おゆう

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第36話で起こる「鳥羽伏見の戦い」では、圧倒的に兵力に勝る旧幕府軍に対し、岩倉具視は秘策を用意していました。

それが新政府軍が「錦の御旗」を掲げて、自分たちが天皇の軍隊であることをアピールすること。

岩倉具視は戦の前から大久保一蔵に作成を依頼しており、一蔵は妾の「おゆう」にこの「錦の御旗」を縫わせていました。

下の記事では、鳥羽伏見の戦いの戦況に大きな影響を与えた「錦の御旗」と、それを縫った「おゆう」について紹介しています。

錦の御旗|西郷どん(せごどん)おゆうが縫う錦旗(きんき)は鳥羽・伏見の戦いで戦況を一変させた官軍のしるし!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 錦の御旗(錦旗) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で起こる鳥羽・伏見の戦い。 この鳥羽・伏見の戦いでは、薩摩藩の大久保一蔵が一つの切り札

美魔女【おゆう】西郷どん(せごどん)で内田有紀が演じるおゆうが美しすぎる!そりゃ一蔵も不倫するわww
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 美魔女・おゆう(内田有紀) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助たち主要人物と様々な女性との関係がかなり描かれています。

 

スポンサーリンク

 

豚姫「お虎」とは

大河ドラマ西郷どんでは多くの女優陣が活躍し、幕末の動乱を彩っていますが、京都においては一蔵の妾「おゆう」や、龍馬の妻「お龍」がその役割を担っています。

しかし、忘れていけないのは彼女たちが登場する前から西郷吉之助をずっと慕っていた近藤春菜が演じる「お虎」。

大河ドラマ西郷どんでの「お虎」は、吉之助にはほとんど相手にされていませんが、史実の「お虎」は『豚姫』とあだ名されて、吉之助にたいへん可愛がられていました。

「お虎」は鳥羽伏見の戦いののち、東へ進軍する西郷吉之助と涙ながらに別れを告げたとも言われていますが、おそらく大河ドラマでは面白おかしく描かれることでしょう。

下の記事では、実在した西郷吉之助の愛人「お虎」について簡単に紹介しています。

お虎(豚姫)西郷どん(せごどん)でハリセンボン近藤春菜が演じる鍵屋のお虎は実在した?西郷はデブ専!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) お虎(豚姫) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で登場するハリセンボンの近藤春菜が演じる「お虎」という女性。 薩摩藩が御用達にしている京の

 

ヘタレ?「徳川慶喜

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷吉之助の宿敵として幕府の頂点に君臨する徳川慶喜。

第36話で起こった「鳥羽伏見の戦い」では圧倒的な兵力を持ちながらも、「錦の御旗」が掲げられたことで大敗。

その夜、慶喜は負傷した兵士を振るい立たせる言葉をかけますが、自分は闇に紛れて軍艦に乗り、江戸に逃げ帰ってしまいました。

島津斉彬らに将軍に推薦されたほどの慶喜のこの行動は様々な解釈がなされ、現在でも議論の対象となっていますが、今回の大河ドラマの慶喜はずっと『ヘタレ』のイメージは伏線として描かれていため、おそらく『ビビりMAXで逃亡』の説が取られるのかと。

下の記事では『ヒー様』時代の「一橋慶喜」から、将軍となった「徳川慶喜」、さらに明治維新後に『ケイキ様』と呼ばれた「慶喜のその後」について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)一橋慶喜(慶喜①)ふきが働く磯田屋の常連「ヒー様」は、のちの江戸幕府最後の将軍となる
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 一橋慶喜(慶喜①) 大河ドラマ西郷どんで、ふきの働く磯田屋の常連客として登場する「ヒー様」と呼ばれる男。 実はこの「ヒー様」が、のちの

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川慶喜(慶喜②)将軍となった慶喜は大政奉還を行うが戊辰戦争に発展、晩年は趣味に没頭した生活を送る
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川慶喜(慶喜②) 大河ドラマ西郷どんで、重要な役割を担うのが徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜。 最終的には倒幕を目指す薩摩藩にとって徳川

【徳川慶喜のその後】西郷どん(せごどん)明治維新後のヒー様はどうなった?ケイキ様としての生活を送る元将軍のその後を追う
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川慶喜のその後 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で主人公・西郷吉之助の最大の敵として幕府の頂点に君臨した徳川慶喜は、吉之助が起こす革命に

 

スポンサーリンク

 

江戸を守った「山岡鉄舟」と「幾島

西郷吉助率いる新政府軍は、鳥羽伏見の戦いで勝利した後、慶喜をさらに追い詰めるため江戸に進撃し、江戸城総攻撃を計画します。

しかし、そんな吉之助のもとに一人のサムライが訪れました。

その男の名は「山岡鉄舟」。

江戸城総攻撃を止めるため、勝海舟によって遣わされた「山岡鉄舟」は新政府軍の中を堂々と歩き、吉之助との会見までこぎつけます。

また、同じころ、吉之助には懐かしい顔もやってきます。

それが篤姫の輿入れの際に、一緒に準備を行っていた「幾島」

下の記事では、江戸を戦火から救うため命を投げ打ってやってくるラストサムライ「山岡鉄舟」と「幾島」、二人が成し遂げた「江戸無血開城」について紹介しています。

【山岡鉄舟】西郷どん(せごどん)で藤本隆宏が演じる剣・書・禅を極めたラストサムライ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 山岡鉄舟 大河ドラマですっかり常連となった藤本隆宏さんが『西郷どん』で演じるのが、剣・書・禅を極めたラストサムライ「山岡鉄舟」。 『西

大河ドラマ西郷どん(せごどん)幾島 南野陽子が演じる篤姫の教育係・幾島は薩摩藩のスパイ?大奥でも御年寄としても活躍
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 幾島(いくしま) 大河ドラマ西郷どんで、斎藤ゆきのゴタゴタで直前でキャストが入れ代わり、最終的に南野陽子が演じることになったのが幾島。

江戸無血開城|西郷どん(せごどん)山岡鉄舟、勝海舟、天璋院篤姫が活躍が!江戸の町を救った吉之助の英断
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 江戸無血開城 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助率いる新政府軍は徳川慶喜がいる江戸に進撃し、討幕の総仕上げとして江戸城総攻撃を

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ