西郷どん(せごどん)44話あらすじネタバレ関連記事「佐賀の乱」「私学校」についての記事で44話を深く知ろう!

      2018/10/27

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第44話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第44話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

44話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん44話あらすじネタバレ)「私学校」建設!桐野利秋、村田新八らが鹿児島に戻り隆盛に協力する第44話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第44話 あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第44話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバ

スポンサーリンク

 

西郷隆盛の犬

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話、征韓論を巡る明治六年の政変で鹿児島に戻った西郷隆盛は、政治の世界から完全に手を引き、畑仕事や愛犬を連れて狩りに行ったりと、静かな毎日を過ごしていました。

犬好きだったと言われる西郷は上野公園でも犬を連れた銅像になっていますが、実は西郷が犬を連れていたのには理由があり、様々な逸話も残しています。

下の記事では「西郷隆盛の愛犬」と犬種「薩摩犬」について紹介しています。

西郷隆盛の犬|西郷どん(せごどん)西郷隆盛が飼っていた犬の名と犬種とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷隆盛の犬 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の最終章ともいうべき、明治編で何度か登場してくる西郷隆盛の犬。 この西郷隆盛の犬は、第39

 

桐野利秋別府晋介篠原国幹辺見十郎太

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話で鹿児島に戻り、静かな生活を送っていた西郷隆盛のもとに、突如として「桐野利秋」、「別府晋介」、「篠原国幹」、「辺見十郎太」らがおしかけてきます。

桐野たちは西郷を追い出した大久保利通のやり方に不満を持ち、政府での役目を放り出して帰郷してきたのでした。

この時、桐野たちの軽率な行動に西郷は激怒していますが、その後も西郷を慕い士族が鹿児島に続々と戻り、西郷の静かな生活は一変していくことになります。

下の記事では西郷隆盛に心酔し、のちに西南戦争の主力となっていく「桐野利秋・別府晋介・篠原国幹・辺見十郎太」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)中村半次郎(桐野利秋)一撃必殺!西郷に助けられた貧乏侍は新選組も恐れた人斬り半次郎
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 中村半次郎(桐野利秋) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第3話「子供は国の宝」で、登場したのは幼少期の中村半次郎。 芋泥棒と呼ばれ、大

別府晋介|西郷どん(せごどん)西郷隆盛を涙ながらに介錯する篠原悠伸演じる別府晋介の生涯を簡単にご紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 別府晋介 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、篠原悠伸が演じるのは元薩摩藩士で西郷隆盛を慕う「別府晋介」という男。 桐野利秋(中村半次郎

篠原国幹|西郷どん(せごどん)マントを着たド派手でマヌケな男?「習志野」の語源にもなったとされる文武両道の士の生涯
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 篠原国幹 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で榊英雄が演じるのが、西南戦争で壮絶な死を遂げる「篠原国幹」という男。 「篠原国幹」は若い頃か

辺見十郎太|大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷隆盛に助けられた体育会系の問題児の生涯を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 辺見十郎太 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、持永雄恵が演じるのが元薩摩藩士で西郷隆盛を慕う「辺見十郎太」という人物。 戊辰戦争で活躍

 

スポンサーリンク

 

内務省」と「警保寮」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話で鹿児島に戻った西郷隆盛のもとに、西郷を慕う元薩摩藩士・桐野利秋らは政府を辞めて駆けつけていますが、村田新八と川路利良は渡欧していたために桐野たちとは行動を共にしませんでした。

大久保利通は帰国した村田新八と川路利良を待っていたかのように、「内務省」の中にある「警保寮」を担当するよう命じ、『自分についてこい』と言い放ちます。

下の記事では、大久保利通が新たに設置した官庁の中の官庁と呼ばれた「内務省」と、警察組織「警保寮」について紹介しています。

内務省|西郷どん(せごどん)大久保利通が内務卿として絶大な権力を手にした「官庁の中の官庁」とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 内務省 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話で、欧米から帰国したばかりの村田新八と川路利良は、西郷従道の案内で大久保利通のところに連

警保寮|西郷どん(せごどん)川路利良がのちに大警視となり西南戦争で戦闘に参加した警察組織の先駆け
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 警保寮 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話では、鹿児島県令となっていた大山綱良(格之助)が政府を辞めて鹿児島に押しかけてくる士族た

 

愛国公党」と「民選議院設立建白書」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話で西郷隆盛と共に政府を辞めた板垣退助、後藤象二郎、江藤新平。

西郷は政治から一切手を引く中、高知に戻った板垣と後藤は政治結社「愛国公党」を立ち上げて政府批判を行い、国民の自由と平等を理念とした「民選議院設立建白書」を政府に提出することになります。

下の記事では、早すぎた政党結成といわれる「愛国公党」と、自由民権運動の元となる「民選議院設立建白書」とともに「板垣退助」の生涯についても紹介しています。

愛国公党|西郷どん(せごどん)板垣退助らが結成した民選議院設立を求める政治結社
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 愛国公党 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、征韓論と巡る明治六年の政変によって政府を辞めた西郷隆盛。 西郷隆盛は鹿児島に帰って農民のよ

民撰議院設立建白書|西郷どん(せごどん)板垣退助、後藤象二郎が目指した自由と平等の議会開設
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 民撰議院設立建白書 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、征韓論と巡る明治六年の政変によって政府を辞めた西郷隆盛たち留守政府のメンバー。

板垣退助(乾退助)大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷と共に征韓論に敗れた戊辰戦争の英雄の生涯を簡単に紹介
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 板垣退助(乾退助) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)、薩摩藩と長州藩は武力討幕によって幕府、徳川家を完全に倒そうとしていたのに対し、土佐藩

 

スポンサーリンク

 

大久保満寿」と「おゆう

鹿児島に戻った西郷隆盛に続けとばかりに、続々と政府を辞めて帰郷してくる鹿児島士族たち。

彼らは大久保利通が主導する政府のやり方に大きな不満を抱き、憤っていました。

そして、その憎悪は大久保の家族に向けられ、家には『奸臣大久保』などと書きなぐった紙とともに石が投げ込まれます。

妾「おゆう」のこともあり東京行きを拒んでいた大久保の妻「満寿」も、さすがにこれには恐ろしくなり、糸の後押しもあって東京行きを決意。

早々に「満寿」は子供たちを連れて東京に旅立っていきました。

下の記事では、大久保利通の妻「大久保満寿」と妾「おゆう」、さらに「大久保利通の子供たち」について紹介します。

大久保満寿(ます)西郷どん(せごどん)でミムラが演じた大久保正助(利通)の妻は、陰で夫を支え続けた「薩摩おごじょ」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保満寿 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第13話、謹慎させられ、岩山糸にはフラれ、あまりいいことのなかった大久保正助にやっとこさ春が

美魔女【おゆう】西郷どん(せごどん)で内田有紀が演じるおゆうが美しすぎる!そりゃ一蔵も不倫するわww
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 美魔女・おゆう(内田有紀) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助たち主要人物と様々な女性との関係がかなり描かれています。

大久保達熊|大久保利通と満寿、おゆうとの間には子が沢山!大久保家の子供たちについて一挙に紹介
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 大久保達熊など大久保利通の子供たち 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第40話、上京した西郷隆盛に大久保利通は歓迎パーティーで迎えまし

 

佐賀の乱」と「江藤新平

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話で西郷隆盛と共に政府を辞めた板垣退助、後藤象二郎、江藤新平。

板垣らは政治結社・愛国公党を結成するなど活動していましたが、元佐賀藩士「江藤新平」は佐賀に戻って反乱の狼煙をあげることになります。

しかし「江藤新平」の率いたこの「佐賀の乱」は大久保利通の率いた政府軍の前にあっけなく敗れ去り、「江藤新平」は西郷隆盛に協力してもらうため鹿児島までやってきます。

下の記事では士族反乱「佐賀の乱」と、残酷な最期を迎える「江藤新平」について紹介しています。

佐賀の乱|西郷どん(せごどん)江藤新平が起こした反乱!西郷隆盛の協力を得られず裁判で極刑に
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 佐賀の乱 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話、明治六年の政変で西郷隆盛と共に政府を去った江藤新平は、佐賀で士族を率いて反乱を起こし

江藤新平|西郷どん(せごどん)大久保利通と対立し「佐賀の乱」を引き起こした維新の十傑の一人
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 江藤新平 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、明治維新後の新政府において様々な人物が新たに登場してきます。 みんな、基本的には脇役なの

 

西郷隆盛が創設した「私学校」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話のラストでは、江藤新平の士族反乱を受け、西郷隆盛は鹿児島の若い士族の教育と政府への不満をそらすために学校の創設を鹿児島県令・大山綱良(格之助)に申し出ました。

やがて西郷隆盛が作った学校は「私学校」と名付けられ、若い士族の受け入れ先として機能していきますが、のちにこの「私学校」こそが西南戦争の火種となっていくことになります。

下の記事では、大河ドラマ西郷どんの最終回に向けて大きなカギを握る「私学校」について紹介しています。

私学校と西南戦争|西郷どん(せごどん)西郷隆盛が設立した学校が引き金となった西南戦争
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 私学校と西南戦争 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第44話では、西郷隆盛が士族のために学校を作りたいと鹿児島県令の大山綱良(格之助)に申

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ