西郷どん(せごどん34話あらすじネタバレ)徳川慶喜が最後の将軍に!四候会議で敗れた吉之助が武力討幕へ向かった第34話

      2018/09/09

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)
第34話「将軍慶喜」あらすじ

平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第34話「将軍慶喜」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」ではそのようなことはありもはん。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第34話「将軍慶喜」
NHK公式 あらすじ

将軍家茂が21歳の若さで亡くなる。慶喜(松田翔太)は周囲の予想を覆し将軍の座につく。間もなく孝明天皇が崩御。吉之助(鈴木亮平)と一蔵(瑛太)は岩倉(笑福亭鶴瓶)と共に有力藩主たちで四侯会議を開き幕府をけん制しようとするが、慶喜にうまくあしらわれてしまう。さらに慶喜はフランス公使ロッシュと結び軍事支援を取りつける。その裏側に慶喜の危険な取り引きがあることを知った吉之助は、ついに武力討幕を決意する。

NHK公式サイト 大河ドラマ「西郷どん」第34話「将軍慶喜」より抜粋

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第34話「将軍慶喜」
あらすじ【ネタバレ注意】

この34話からは、詳細な内容、あらすじについては上記のNHK公式発表から読み取るしかありません。

しかし、この大河ドラマ西郷どん(せごどん)の原作となっている林真理子の「西郷どん」からある程度の内容、あらすじは分かっていますので下に紹介しておきます。

大まかな内容は下記の記事のとおりになろうかと思いますが、これまでも大河ドラマでは原作を異なった内容がかなり盛り込まれていますので、あくまで参考としてご覧下さい。

 

西郷どん(せごどん)34話35話36話37話あらすじネタバレ!龍馬暗殺、大政奉還、江戸城無血開城、そして明治へ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 34話35話36話37話 あらすじネタバレ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第34話からは、西郷吉之助が幕末、明治維新の流れに翻弄される

西郷どん(せごどん)34話あらすじネタバレ関連記事「明治天皇と徳川慶喜」、「西郷寅太郎」についての記事で34話を深く知ろう!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第34話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第34話

 

スポンサーリンク

次回 西郷どん(せごどん)第35話「戦の鬼」あらすじ↓

大河ドラマ「西郷どん」第35話「戦の鬼」あらすじ

西郷どん(せごどん)
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ「西郷どん」第34話【感想】

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ