西郷どん(せごどん)34話あらすじネタバレ関連記事「明治天皇と徳川慶喜」、「西郷寅太郎」についての記事で34話を深く知ろう!

      2018/09/09

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第34話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第34話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

34話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

 

西郷どん(せごどん)34話35話36話37話あらすじネタバレ!龍馬暗殺、大政奉還、江戸城無血開城、そして明治へ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 34話35話36話37話 あらすじネタバレ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第34話からは、西郷吉之助が幕末、明治維新の流れに翻弄される

スポンサーリンク

 

徳川家茂」と「徳川慶喜

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第34話、長州再征伐の最中に大坂城で第14代将軍・徳川家茂が21歳の若さで死去しました。

一橋慶喜は、家茂の喪に服すという名目で長州再征伐を取り止め、休戦交渉は幕府の軍艦奉行・勝海舟に丸投げし、孝明天皇の強い希望もあって第15代将軍に就任します。

下の記事では、かつて将軍の座を巡って周囲が激しく争った「徳川家茂」と最後の将軍となる「徳川慶喜」について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川家茂(いえもち)/慶福(よしとみ)井伊直弼に擁立された篤姫を嫌う少年将軍は実は名君だった?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川家茂(徳川慶福) 大河ドラマ西郷どんで、一橋派に勝利した井伊直弼に擁立されて、徳川家定のあとの14代将軍になる徳川家茂(徳川慶福)。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)一橋慶喜(慶喜①)ふきが働く磯田屋の常連「ヒー様」は、のちの江戸幕府最後の将軍となる
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 一橋慶喜(慶喜①) 大河ドラマ西郷どんで、ふきの働く磯田屋の常連客として登場する「ヒー様」と呼ばれる男。 実はこの「ヒー様」が、のちの

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川慶喜(慶喜②)将軍となった慶喜は大政奉還を行うが戊辰戦争に発展、晩年は趣味に没頭した生活を送る
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川慶喜(慶喜②) 大河ドラマ西郷どんで、重要な役割を担うのが徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜。 最終的には倒幕を目指す薩摩藩にとって徳川

 

孝明天皇」と「明治天皇

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第34話、徳川家茂の急死後に徳川慶喜が将軍となった矢先、「孝明天皇」が崩御。

これによって強力な後ろ盾を失った徳川慶喜は、さらに幕府の存続に固執していきます。

一方、朝廷では15歳の才気あふれる睦仁親王が「明治天皇」として即位し、時代の流れに飲み込まれていきます。

下の記事では、強固な攘夷論者で慶喜を支援した「孝明天皇」と、新時代の天皇「明治天皇」について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)孝明天皇 条約調印勅許を拒否した攘夷を追求する異人嫌いの天皇の死から時代は倒幕へと向かう!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 孝明天皇 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第13話で、西郷吉之助は島津家と縁の深い京都の公家・近衛家で僧の月照と知り合います。 この時

明治天皇(睦仁親王)大河ドラマ西郷どん(せごどん)孝明天皇崩御により15歳で即位した新時代の天皇の生涯
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 明治天皇(睦仁親王) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、一橋慶喜を信頼し、変革を嫌っていた孝明天皇が突如崩御して、若干15歳(満14歳)

 

スポンサーリンク

 

慶喜が政治力を発揮した「四候会議」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第34話で将軍となった徳川慶喜は、幕府の存続に固執しフランスのロッシュの支援を受けて軍備の強化に努めていきます。

これに対して、西郷吉之助は、薩摩、土佐、宇和島、越前の有力諸侯による「四候会議」を開催し、幕政の主導権を手に入れようと画策しました。

しかし、この「四候会議」は慶喜の政治力の前に敗北し、あっというまに崩壊させられてしまいます。

下の記事では、西郷吉之助が武力討幕と決意することとなった「四候会議」について簡単に紹介しています。

【四侯会議】西郷どん(せごどん)徳川慶喜に敗北した薩摩藩が武力討幕に舵を切った有力諸侯の会議とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 四侯会議 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、徳川慶喜の将軍就任後、薩摩藩は政治の主導権を幕府から雄藩連合側へ奪取することを画策し「四侯会

【ロッシュ】大河ドラマ西郷どん(せごどん)一橋慶喜に脅しをかけたフランス公使とは?幕府に肩入れし無念の帰国
大河ドラマ西郷どん(せごどん) ロッシュ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話、かつて井伊直弼が結んだ通商条約で約束された兵庫港の開港がいまだ実行されていなかったた

 

薩土密約」と「薩土盟約

「四候会議」の失敗を受け、西郷吉之助たち薩摩藩は武力討幕をついに決意。

徳川慶喜に対し、先手を打つべく土佐藩の乾退助(のちの板垣退助)と共に武力討幕を目指す「薩土密約」を締結し、その後、さらに土佐藩とは「薩土盟約」を結んで慶喜を追い詰めていこうとします。

下の記事では、薩摩藩と土佐藩との間で結ばれた「薩土密約」と「薩土盟約」、土佐藩の過激派「乾退助(板垣退助)」について簡単に紹介しています。

【薩土密約】西郷どん(せごどん)乾退助が西郷吉之助と結んだ私的な密約が土佐藩を新政府の中枢に押し上げた?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩土密約 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助は島津斉彬の遺志を引き継ぎ、日本国内での内乱を避けるべく尽力しています。 平和

【薩土盟約】西郷どん(せごどん)薩摩藩が武力討幕を止めた?坂本龍馬らの大政奉還論に同調した薩摩の思惑とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩土盟約 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、薩摩藩と土佐藩の間で締結される「薩土盟約」。 この盟約の前には、武力討幕を目指して西郷吉之

板垣退助(乾退助)大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷と共に征韓論に敗れた戊辰戦争の英雄の生涯を簡単に紹介
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 板垣退助(乾退助) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)、薩摩藩と長州藩は武力討幕によって幕府、徳川家を完全に倒そうとしていたのに対し、土佐藩

 

スポンサーリンク

 

吉之助と糸の子「寅太郎」と「午次郎酉三

徳川慶喜が将軍になり、西郷吉之助たちが武力討幕に向けて走り出した頃、薩摩では吉之助の妻・糸が男子を出産します。

吉之助は奄美大島にいる子「菊次郎」の誕生の際、名前を巡って一悶着あった愛加那たちのことを思い出しながら「寅太郎」と命名しました。

その後、糸は「午次郎」、「酉三」と次々に男子を出産していくのですが、下の記事では糸の産んだ子「西郷寅太郎」、「西郷午次郎」、「西郷酉三」と愛加那の産んだ「西郷菊次郎」、「菊草」について簡単に紹介しています。

西郷寅太郎のその後|西郷どん(せごどん)糸が産んだ西郷隆盛の子、嫡男・寅太郎の生涯とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷寅太郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助と糸との間には3人の男子が生まれます。その中で吉之助の嫡男として生まれるのが「

西郷午次郎、酉三のその後|西郷どん(せごどん)糸が産んだ西郷隆盛の子供たちの生涯とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷午次郎・西郷酉三 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助と糸との間には3人の男子が生まれますが、その中で父の幕末での活躍を知

【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

西郷どん(せごどん)西郷菊草(大山菊草)夫のDVに苦しんだ愛加那(とぅま)と西郷隆盛の一人娘の人生とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊草(大山菊草) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷が別れた後に生まれるのが西郷隆盛の一人

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ