西郷どん(せごどん)32話あらすじネタバレ関連記事「伊藤俊輔、おゆう」と「薩長同盟」についての記事で32話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第32話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第32話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

32話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん32話あらすじネタバレ)薩長同盟締結!長州ファイブら英国留学生の手紙で薩長が打ち解けた第32話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第32話「薩長同盟」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第32話「薩長同盟」のあらすじ・ネタバレについて書いていき

スポンサーリンク

 

脅しをかけるフランス公使「ロッシュ」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話、かつて井伊直弼が勝手に外国と通商条約を結んでいたが、朝廷はこれを認めず要求を引き延ばし続けていたため、業を煮やしたフランス公使・ロッシュが一橋慶喜のところにやってきます。

そしてロッシュは、開国しない場合は英仏蘭などがそろって艦隊を兵庫に差し向け、京都に攻め込むと脅しをかけました。

ロッシュにとっては孝明天皇から信頼されていた慶喜を焦らせる目的がありましたが、当の慶喜はこの要求を聞いて、朝廷に危機感を煽り自分が主導権を握ること思いつきました。

下の記事では、まんまと慶喜に利用されてしまったフランス公使「ロッシュ」について紹介しています。

【ロッシュ】大河ドラマ西郷どん(せごどん)一橋慶喜に脅しをかけたフランス公使とは?幕府に肩入れし無念の帰国
大河ドラマ西郷どん(せごどん) ロッシュ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話、かつて井伊直弼が結んだ通商条約で約束された兵庫港の開港がいまだ実行されていなかったた

 

大久保利通一蔵」と「おゆう

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話で長州再征伐が決定され、大久保一蔵と西郷吉之助は岩倉具視のもとに助言を求めに行きました。

しかし、この時に一蔵は持病の胃痛を発症してしまい、吉之助は一蔵を別邸に連れて帰ることになります。

一蔵の別邸には「おゆう」がいて、ここで吉之助は二人がいつの間にか恋仲になっていたことに気がつきました。

下の記事では、西郷隆盛の盟友にしてライバルの「大久保利通(一蔵)」と、その妾になった「おゆう」について紹介しています。

【大久保利通】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で瑛太が演じる西郷隆盛の盟友にして最強のライバルを超簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保利通 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で瑛太が演じている大久保利通(正助・一蔵)。 西郷隆盛の親友として助け合い、時にぶつかり、時

美魔女【おゆう】西郷どん(せごどん)で内田有紀が演じるおゆうが美しすぎる!そりゃ一蔵も不倫するわww
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 美魔女・おゆう(内田有紀) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助たち主要人物と様々な女性との関係がかなり描かれています。

 

奇兵隊遊撃隊御楯隊」とは

長州再征伐が決定となり、世の中が騒然となる中、大久保一蔵は「天皇の命でも天下万民を納得させられない勅命なら従わなくて良い」という内容の書状を書きあげ、諸藩に送ろうとしていました。

吉之助は激しく動揺しましたが、一蔵は「自分たちは間違っていない」と迫られると、意を決して書状に自分の名前を連ねました。

その後、この書状は諸藩や公家に届けられて賛否両論を巻き起こしますが、長州藩では奇兵隊、遊撃隊、御楯隊の者が喜びの表情を浮かべます。

下の記事では、長州で庶民、下級武士によって組織された「奇兵隊・遊撃隊・御楯隊」について紹介しています。

【奇兵隊・遊撃隊・御楯隊】大河ドラマ西郷どん(せごどん)幕末の長州で組織された部隊について簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 奇兵隊・遊撃隊・御楯隊 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話、下関での長州藩との会見をすっぽかしてしまった西郷吉之助は、長州藩だけで

 

スポンサーリンク

 

龍馬と関わる貿易商「グラバー」とは

坂本龍馬を語る上で、常に名前が挙がってくる外国人が長崎で貿易商と営むイギリス人「トーマス・グラバー」。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、グラバーは大きく取り上げられることはありませんが、第32話で締結される「薩長同盟」には切り札と言うべきアイテムを龍馬に送りました。

下の記事では、幕末の日本で活躍し、のちにキリンビールの礎を築く「グラバー」について紹介しています。

【グラバー】大河ドラマ西郷どん(せごどん)坂本龍馬と関わる長崎の武器商人はキリンビールの基礎を作る男!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) グラバー 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、小栗旬が演じる坂本龍馬は西郷吉之助の「倒幕」への思いに共感し、一介の商人として異国から船や武

 

伊藤俊輔博文)」と「薩長同盟

なんだかんだありながら、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話では「薩長同盟」が成立し、時代は倒幕に向かっていきます。

この重要な同盟の場に同席して、いがみあう薩長の代表たちを結び付けたのが、坂本龍馬から長州藩英国留学生の手紙と写真を受け取っていた「伊藤俊輔(のちの伊藤博文)」。

伊藤俊輔がイギリスでの長州藩留学生と薩摩藩留学生の交流が書かれた手紙と写真を見せると、西郷吉之助、桂小五郎らは心打たれて同盟に至ったのです。

下の記事では、初代総理大臣となる「伊藤俊輔(博文)」と「薩長同盟」、同盟のきっかけとなった「薩摩藩と長州藩の留学生の交流」について紹介しています。

伊藤俊輔(博文)大河ドラマ西郷どん(せごどん)で浜野謙太が演じる初代内閣総理大臣を超簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 伊藤俊輔(博文) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話では、浜野謙太が演じる長州藩士・伊藤俊輔が登場。 長州藩の代表ともいうべき桂

薩長同盟締結!薩摩と長州のイギリス留学生の交流は事実?写真は実在するのか?西郷どん(せごどん)薩長同盟成立の切り札
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩長同盟締結の切り札となった 薩摩と長州の留学生の写真 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話では、憎み合っていた薩摩藩と長州藩がつ

【薩長同盟】大河ドラマ西郷どん(せごどん)坂本龍馬の仲介で薩摩藩、長州藩の軍事同盟が成立!想定していた敵は?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩長同盟 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話で成立する薩摩藩と長州藩の「薩長同盟」。 一橋慶喜との決裂以降、「倒幕」を考えるよう

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ