西郷どん(せごどん)3話あらすじネタバレ関連記事「中村半次郎(桐野利秋)」「調書広郷と薩摩の密貿易」についての記事で3話を深く知ろう!

      2018/05/23

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第3話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第3話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

3話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん3話あらすじ)中村半次郎との出会いとお由羅騒動!島津斉彬の策で調書広郷が死んだ第3話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第3話「子供は国の宝」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第3話「子供は国の宝」のあらすじ・ネタバレについて書いて

スポンサーリンク

中村半次郎

3話で西郷隆盛と父・西郷吉之助が借金しにいった帰りに出会うのが、謎の少年剣豪・半次郎。取り囲んだ大人たちをあっという間にぶっ倒し、その剣さばきに吉之助もほれぼれします。その後、貧乏のあまり夜逃げしようとする半次郎一家を見かけた吉之助は「侍が逃げたら二度と侍には戻れん」と半次郎を思いとどまらせ、自らは赤山靱負に半次郎の家の田畑を返してやって欲しいと頼みました。

下の記事では、西郷隆盛を心酔する薩摩藩最強の剣豪・中村半次郎(桐野利秋)について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)中村半次郎(桐野利秋)一撃必殺!西郷に助けられた貧乏侍は新選組も恐れた人斬り半次郎
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 中村半次郎(桐野利秋) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第3話「子供は国の宝」で、登場するのは幼少期の中村半次郎。 芋泥棒と呼ばれ、大

阿部正弘」と「調書広郷

3話では、江戸にいる島津斉彬が農民たちまで苦しむ薩摩藩の情報を得て藩主就任を決意。協力者である幕府老中首座・阿部正弘に薩摩藩の罪状をチクッって、父・島津斉興を藩主の座から引きづり降ろそうとします。

まず阿部正弘に呼び出されたのが、斉興の懐刀ともいうべき調書広郷。

下の記事では、斉彬に協力する阿部正弘と、斉興をかばい自ら命を絶つ調書広郷について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)阿部正弘 藤木直人のような男前?実は超デブ!斉彬と協力し幕政改革を進めた若き老中首座
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 阿部正弘 大河ドラマ西郷どんで、島津斉彬の良き相談相手として登場する藤木直人が演じる阿部正弘。 阿部正弘は、幕府の中でもかなり力を持っ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)調書広郷(ずしょひろさと)薩摩藩の財政再建を果たした功労者でありながら嫌われ者。主君をかばい死を選んだ忠臣・調書広郷とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 調書広郷(ずしょひろさと) 大河ドラマ西郷どんの序盤、藩主の座からなかなか降りようとしない島津斉興の懐刀的な活躍を見せるのが、竜雷太が演

薩摩の密貿易」と「島津重豪

島津斉彬が藩主就任を目指すため、薩摩藩の罪を幕府にチクりましたが、その薩摩藩の罪、つまり斉興の罪というのは薩摩藩が幕府に内緒で密貿易をして巨万の利を得ているというもの。

特に幕末の薩摩藩は斉興の祖父・島津重豪のせいで財政難に陥っていたため、重臣・調書広郷はえげつない密貿易で財政を立て直しています。

下の記事では、薩摩が行っていた密貿易と、薩摩藩が財政難に陥らせた「蘭癖」の島津重豪について紹介します。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)薩摩藩の密貿易とは?調書広郷が島津斉興をかばい責任をかぶった薩摩藩の密貿易は明治維新の資金源
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩摩藩の密貿易とは? 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第3話「子供は国の宝」で、父・島津斉興(鹿賀丈史)を藩主の座から引きずり降ろすべく

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津重豪(しげひで)5百万両の借金を作った張本人は曾孫の斉彬に影響を与えた蘭癖大名。
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津重豪(しげひで) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、江戸から帰国した島津斉彬は、薩摩藩士を集めて砲術訓練を実施しようと父・斉興のもと

 

スポンサーリンク

島津斉彬」と「島津斉興

3話では島津斉彬が藩主就任を決意して、父・斉興との関係が著しく悪化。重臣・調書広郷を結果的に死に追いやられたことで斉興は激怒し、斉彬派の粛清を始めました。

下の記事では、幕末の四候と呼ばれた薩摩藩主・島津斉彬と財政難を立て直した薩摩藩主・島津斉興について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉彬(なりあきら)西郷吉之助が心酔した島津斉彬は「日本国」の将来を憂いて志半ばに死んだ幕末の名君
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉彬(なりあきら) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤を引っ張っていくのは、間違いなく渡辺謙が演じる島津斉彬。 父との確執の中、

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉興(なりおき)お由羅騒動を引き起こした権力に固執する斉彬の父・斉興は薩摩藩の財政基盤を作った?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉興(なりおき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤で、一癖も二癖もある悪役のような活躍をみせるのは加賀丈史が演じる島津斉興(なり

 

 「お由羅」と抱き犬「

斉彬はこれまで2人の子供を亡くしており、3話では4歳の寛之助が息を引き取りました。相次ぐ跡継ぎの死去に藩士たちは「お由羅さまに呪い殺された」との噂をするようになります。

この頃、薩摩藩主・島津斉興は側室のお由羅にベッタリで、二人の間に生まれた子・久光を斉彬に代わって次期藩主にしたいと望んでいました。

下の記事では、斉興がハマったお由羅さまと、お由羅がいつも抱いているワンちゃん「狆(ちん)」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)お由羅と「お由羅騒動」呪いが薩摩藩お家騒動の原因か?赤山靱負や大久保父らが処分された大事件
大河ドラマ西郷どん(せごどん) お由羅と「お由羅騒動」 大河ドラマ西郷どんで、島津斉興の側室として登場する「お由羅」は個性的なキャラで、小柳ルミ子はまさにはまり役。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)狆(ちん)お由羅が抱く小型犬・狆は、日本で改良された日本唯一の愛玩犬種
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 狆(ちん) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、小柳ルミ子が演じる島津斉興の側室・お由羅。 どこぞのセレブのように、常に犬を抱いて登場し

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめました!これで「西郷どん(せごどん)」が分かる!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) あらすじ・ネタバレ・期待度 まとめのまとめ 西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ