西郷どん(せごどん)38話あらすじネタバレ関連記事「西郷吉二郎」と「北越戦争」についての記事で38話を深く知ろう!

      2018/09/30

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第38話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第38話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

38話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

 

西郷どん(せごどん38話あらすじネタバレ)西郷吉二郎が戦死!日本の新しい幕開けと共に薩摩に戻った吉之助に涙が戻る第38話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第38話「傷だらけの維新」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第38話「傷だらけの維新」のあらすじ・ネタバレについ

スポンサーリンク

 

大村益次郎」と「彰義隊

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で林家正蔵が演じるのが、おでこの広い長州藩士「大村益次郎」。

この「大村益次郎」は長州征伐の時に大活躍して「軍神」とまで言われるほど高い評価を得ていました。

新政府では西郷吉之助の代わりに指揮を任され、江戸無血開城後も上野の寛永寺に立て籠る彰義隊を一日で殲滅して、さらにその名を天下に轟かしていきます。

下の記事では、戦の天才「大村益次郎」と上野戦争で殲滅させられた「彰義隊」について紹介しています。

大村益次郎|西郷どん(せごどん)林家正蔵が軍神?火吹きダルマのあだ名を持つ幕末の大軍略家の生涯とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大村益次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で噺家・林家正蔵が演じるのが、長州藩士の大村益次郎。 西郷隆盛、坂本龍馬などと比べればマイナ

彰義隊と上野戦争|西郷どん(せごどん)大村益次郎の活躍で1日で殲滅させられた寛永寺に籠もる旧幕臣たち。
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 彰義隊と上野戦争 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助と勝海舟の会談によって「江戸無血開城」が行われ、江戸の町は戦火から救われま

 

西郷の子「寅太郎」と「菊次郎

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第38話では、薩摩に一時帰国した西郷吉之助は、弟の吉二郎と妻の糸から奄美大島にいる吉之助の子「菊次郎」を引き取るつもりであることを聞かされます。

「菊次郎」は吉之助が奄美大島にいる時に、愛加那との間に生まれた長男ですが、島妻の子は西郷家の嫡男として認めるわけにはいかず長男なのに「次郎」と名付けられた経緯がありました。

さらに、吉之助は薩摩に復帰したあとで、糸と結婚して子をもうけ「寅太郎」と名付けています。

下の記事では、長男なのに「菊次郎」、次男なのに「寅太郎」と名付けられた吉之助の子供たちの生涯について簡単に紹介しています。

西郷寅太郎のその後|西郷どん(せごどん)糸が産んだ西郷隆盛の子、嫡男・寅太郎の生涯とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷寅太郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助と糸との間には3人の男子が生まれます。その中で吉之助の嫡男として生まれるのが「

【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

 

スポンサーリンク

 

西郷の次弟、『兄』と慕われた「西郷吉二郎

大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、歴史の表舞台で華々しく活躍する西郷吉之助の陰で、薩摩では次弟の「吉二郎」が懸命に大家族を養っていました。

このため、吉之助は吉二郎のことを「兄」と呼んで感謝しています。

しかし、この吉二郎も一人の『薩摩隼人』であったようで、体の中には『侍』として血が流れていました。

弟たちが次々を戦闘に参加していく中、吉二郎も第38話で戊辰戦争への参加を吉之助に願い、ついに薩摩を離れて出陣します。

下の記事では、西郷家を支えた優しい弟「西郷吉二郎」の生涯について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷吉二郎 吉之助の優しく真面目な弟は、西郷家を守った大黒柱!戊辰戦争で悲しい最期を迎える吉二郎とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷吉二郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助(隆盛)の弟として渡部豪太が演じるのが西郷吉二郎。 見るからに優しそうな青年・

 

河井継之助」と「ガトリング砲

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第38話で、ついに西郷吉之助の次弟・西郷吉二郎が戊辰戦争に出陣し、北越地方に向かいます。

しかし、この北越には長岡藩という強大な軍事力を持った相手が待ち受けていました。

この長岡藩を有名にしていたのは、のちに西郷隆盛に『傑物』とまで評価された家老「河井継之助」がいたことと、河井が持っていた最新兵器「ガトリング砲」があったから。

このため、北越戦争では出陣したばかりの吉二郎が命を落とすなど新政府軍は苦戦を強いられ、敵も味方も多くの血が流れます。

下の記事では、長岡藩を率いる「河井継之助」と、日本に3門しかなかった最新兵器「ガトリング砲」について簡単に紹介しています。

河井継之助と北越戦争|西郷どん(せごどん)新政府を苦しめた長岡藩家老は西郷隆盛からも「傑物」と評された人物
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 河井継之助 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第38話で、西郷吉之助の弟・西郷吉二郎が北越戦争で命を落とします。 戊辰戦争で最大の激戦と

ガトリング砲|西郷どん(せごどん)西郷吉二郎が命を落とした北越戦争で河井継之助が導入した最新兵器
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 ガトリング砲 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第38話で、西郷吉之助の弟・西郷吉二郎が戊辰戦争に参加して北陸で命を落とします。 こ

 

スポンサーリンク

 

西郷の弟「西郷信吾従道)」と「西郷小兵衛

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第38話では、北越戦争で西郷吉之助の次弟・西郷吉二郎が北越戦争で戦死してしまいます。

ついに犠牲者が出てしまった西郷家には、すでに兄に従っていた三弟「西郷信吾(のちの従道)」と末弟「西郷小兵衛」が残っていますが、下の記事ではこの二人の生涯について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷従道(じゅうどう・つぐみち)信吾は西南戦争で兄・隆盛を追い詰める西郷家の三男
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷従道(じゅうどう・つぐみち) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)は、西郷隆盛が死んだ21年後の上野公園から舞台がスタート。 記念すべき

西郷小兵衛(こへえ)大河ドラマ西郷どん(せごどん)カワイイ弟の死に西郷隆盛が号泣!熊本で散った西郷家の末弟とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷小兵衛 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で、ついに登場するのが上川周作が演じる西郷吉之助の最愛の弟・西郷小兵衛(こへえ)。

 

西郷家の嫁「西郷糸西郷園」と妹「市来琴

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第38話では、薩摩での生活の要・西郷吉二郎を失くしてしまった西郷家。

幼い子供たちだけが残り、西郷家の男出は居候の「川口雪篷」と下男の「熊吉」だけになっていまいました。

出世はしたとはいえ、借金がまだまだ残る西郷家をその後も支え続けるのは、吉之助の妻「糸」と亡き吉二郎の妻「園」、そして市来家に嫁にいっている妹の「琴」の女性だけ。

いくら皆がしっかり者とはいえ、いささか不安が残ります。

下の記事では、吉二郎の死後に薩摩に残された西郷家の嫁たち「西郷糸」と「西郷園」、常に実家を支え続ける「市来琴」の生涯について簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)岩山糸(西郷糸子)実は再婚。上野公園の西郷隆盛像の除幕式に参列した3番目の妻
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 岩山糸(西郷糸子) 大河ドラマ西郷どんの第1話から登場する黒木華が演じる岩山糸。 西郷隆盛を支え続けた3番目の妻・岩山糸は、西郷の人柄

西郷園(その)西郷どん(せごどん)で柏木由紀が演じる吉二郎の妻とは?脚色された実在する西郷園の生涯
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷園(その) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第29話では、柏木由紀が演じる西郷園が、西郷家の次男・西郷吉二郎の妻として登場します。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷琴(市来琴)カワイイ!兄・吉之助に呆れながらも尊敬し、悲しい運命を背負うことになった西郷家の長女
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷琴(市来琴) 大河ドラマ西郷どんで、西郷吉之助(隆盛)の妹として登場するのが、桜庭ななみが演じる西郷琴(市来琴)。 貧乏子だくさん

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ