大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷吉二郎 吉之助の優しく真面目な弟は、西郷家を守った大黒柱!戊辰戦争で悲しい最期を迎える吉二郎とは

      2018/07/23

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
西郷吉二郎

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助(隆盛)の弟として渡部豪太が演じるのが西郷吉二郎。

見るからに優しそうな青年・吉二郎は、史実でもやはり優しく真面目な好青年。

兄・吉之助が、困っている人を助ける姿を幼い頃から見て、兄のため、西郷家のため、貧乏な家を影ながら支えていきます。

吉之助も、この吉二郎がいたからこそ、お国のために邁進していくことができたはず。

今回は、貧乏子だくさん西郷家の大黒柱・西郷吉二郎について簡単に紹介していきます。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

西郷吉二郎

1833年(天保4年)に 西郷吉兵衛の次男として薩摩国下加治屋町に誕生した。

兄に吉之助(隆盛)、弟に信吾(従道)がいる。

1852年(嘉永5年)に祖父、父、母が相次いで死去すると、兄・吉之助を助けて西郷家を守った。

吉二郎は江戸に滞在することの多い兄に代わって、西郷家の家政を取り仕切っていたという。

 

1854年(安政元年)、 東郷仲五郎(のちの東郷平八郎)に習字を教えている。

当時、吉二郎は御勘定所書役を務めていたが、文久2年(1862年)に吉之助が2度目の島流しに遭った際、吉二郎をはじめとする兄弟全員が失職。

西郷家は貧困の極みに達したが、のちの兄の出世まで家を守り抜いた。

吉二郎は、10歳も年下の吉之助の妻・糸を「姉さあ」と呼んで慕っていたという。

 

1868年(慶応4年)、新政府軍に加わって番兵2番隊監軍となり、越後国に出兵。

越後国五十嵐川付近での戦傷がもとで戦死した。

兄・吉之助は常に「自分が国家の為にご奉公が出来たのは、吉二郎が自分に代わって兄の責務を果たしてくれたからで、自分は年齢の上では兄であるが、実際の兄は吉二郎だ」と語っていたという。

 

 

スポンサーリンク

西郷園(その)西郷どん(せごどん)で柏木由紀が演じる吉二郎の妻とは?脚色された実在する西郷園の生涯
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷園(その) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第29話では、柏木由紀が演じる西郷園が、西郷家の次男・西郷吉二郎の妻として登場します。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】 西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介! 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、登

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

スポンサーリンク

 - 西郷どん関連