西郷どん(せごどん)2話あらすじネタバレ関連記事「西郷家と大久保家」「岩山糸」「ふき」についての記事で2話を深く知ろう!

      2018/05/23

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第2
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第2話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

2話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん2話あらすじ)西郷吉之助(鈴木亮平)が島津斉彬に民を想う忠義の意見書を提出しようとする第2話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第2話「立派なお侍」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第2話「立派なお侍」のあらすじ・ネタバレについて書いていき

スポンサーリンク

西郷家」と「大久保家

2話で西郷吉之助は早くも大人の姿で登場。年貢徴収係としてしっかり職に就いています。しかし、心優しい吉之助は自分の給与を困っている人たちのために使ってしまうので、西郷家は超ビンボー。すぐ下のしっかり者の妹・琴や父・吉兵衛は怒りますが、そんな吉之助を心の中では誇らしく思っていました。

下の記事では、とにかくいっぱいいる西郷家の家族と、お隣さんの大久保家の家族を紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】 西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介! 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、登

西郷どん(せごどん)2話あらすじネタバレ関連記事「西郷家と大久保家」「岩山糸」「ふき」についての記事で2話を深く知ろう!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第2話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第2話で登

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【大久保キチ・スマ・ミネ】大久保利通を支えた妹たち。西郷家にも負けない働き者の大久保姉妹とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保姉妹 大久保キチ・スマ・ミネ 大河ドラマ西郷どんで、大久保正助(利通)の謹慎中に世話になったお礼にと、西郷家に内職のお手伝いに来

大久保正助」と「岩山糸

西郷吉之助と幼馴染の大久保正助も3話では当然大人の姿で登場。正助も藩に出仕することに決まり、西郷家でささやかな宴会が開かれる中、1人の女性・岩山糸がやってきました。

そして正助は成長した岩山糸を見た瞬間から一目惚れしてしまいます。

下の記事では、のちに西郷隆盛と明治維新の立役者となる大久保利通の半生と、正助が惚れた女性・岩山糸について紹介します。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)大久保利通①(大久保正助)糸にフラれた正助は、西郷の親友にしてライバル!囲碁を通じて島津久光に接近し出世を掴む
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保利通① 大河ドラマ西郷どんで、西郷隆盛の親友にして最大のライバルともいうべき、瑛太が演じる大久保正助(のちの大久保利通)。 のち

大河ドラマ西郷どん(せごどん)岩山糸(西郷糸子)実は再婚。上野公園の西郷隆盛像の除幕式に参列した3番目の妻
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 岩山糸(西郷糸子) 大河ドラマ西郷どんの第1話から登場する黒木華が演じる岩山糸。 西郷隆盛を支え続けた3番目の妻・岩山糸は、西郷の人柄

島津斉彬」と「赤山靱負

島津斉彬は異国の文化に明るく、海外列強の脅威についても正確に把握していました。そんな斉彬は、日本がこのままでは清国のように欧米諸国に食われてしまうと危機感を感じ、対抗するために敵の優れた技術を取り入れて、重臣の赤山靱負と共に砲術訓練などを企画します。

しかし、二人の企画は藩主・島津斉興と家老・調書広郷によってポシャってしまいました。

下の記事では、薩摩藩主を目指す島津斉彬と、斉彬に従う赤山靱負について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉彬(なりあきら)西郷吉之助が心酔した島津斉彬は「日本国」の将来を憂いて志半ばに死んだ幕末の名君
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉彬(なりあきら) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤を引っ張っていくのは、間違いなく渡辺謙が演じる島津斉彬。 父との確執の中、

大河ドラマ西郷どん(せごどん)赤山靱負(あかやまゆきえ)お由羅騒動により粛清された吉之助が尊敬する薩摩藩の重臣
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 赤山靭負(あかやまゆきえ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の中で、西郷吉之助(隆盛)たちの頼れる先生のような働きを見せるのが沢村一樹が演

 

スポンサーリンク

島津斉興」と「調書広郷

島津斉彬の砲術訓練を却下した島津斉興。実の子である島津斉彬を嫌っていたこともあり、家臣である調書広郷の意見に絶大な信頼を置いています。

下の記事では、薩摩藩の財政改革を成した薩摩藩主・島津斉興と家老・調書広郷について紹介します。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉興(なりおき)お由羅騒動を引き起こした権力に固執する斉彬の父・斉興は薩摩藩の財政基盤を作った?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉興(なりおき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤で、一癖も二癖もある悪役のような活躍をみせるのは加賀丈史が演じる島津斉興(なり

大河ドラマ西郷どん(せごどん)調書広郷(ずしょひろさと)薩摩藩の財政再建を果たした功労者でありながら嫌われ者。主君をかばい死を選んだ忠臣・調書広郷とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 調書広郷(ずしょひろさと) 大河ドラマ西郷どんの序盤、藩主の座からなかなか降りようとしない島津斉興の懐刀的な活躍を見せるのが、竜雷太が演

 

 農民の娘「ふき

吉之助が、年貢の取立てに苦しむ農民を見かねて調書広郷に直談判。取り立て方法を変えることを承諾してもらったものの、農民たちにとってはありがた迷惑でした。

そんな中、農民の娘・ふきは借金のカタに連れていかれそうになり、吉之助は何とか助けようと奔走しますが、結局助けることができませんでした。

下の記事では、後に江戸で再会を果たすことになる農民の娘「ふき」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)ふき(およし)と旅籠、飯盛女とは?借金のカタに身売りされた百姓の娘ふきは、江戸で吉之助と再会を果たす
大河ドラマ西郷どん(せごどん) ふき(およし)と旅籠、飯盛女とは? 大河ドラマ西郷どんの第2話「立派なお侍」で登場する、百姓の娘・ふき。 年貢徴収役人の補佐として西郷

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめました!これで「西郷どん(せごどん)」が分かる!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) あらすじ・ネタバレ・期待度 まとめのまとめ 西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ