西郷どん(せごどん)41話あらすじネタバレ関連記事「岩倉遣欧使節団」と「山城屋事件」についての記事で41話を深く知ろう!

      2018/10/10

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第41話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第41話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

41話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん41話あらすじネタバレ)国父様・久光の応援の言葉に涙!大久保利通に日本を任された隆盛の苦悩
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第41話 あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第41話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバ

スポンサーリンク

 

岩倉遣欧使節団

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話では、岩倉具視が率いる「岩倉遣欧使節団」がアメリカ~ヨーロッパに出発。

使節団は日本が新たな国として生まれ変わったことを各国に知らしめ、幕府が言われるがままに結んでしまった不平等条約を改正することが目的でした。

この使節団の派遣によって政府首脳はゴッソリといなくなり、その間は西郷隆盛が留守政府を預かることとなります。

下の記事では莫大な費用を使い、何の成果も上げられなかったという「岩倉遣欧使節団」について紹介しています。

岩倉遣欧使節団|西郷どん(せごどん)失敗に終わったヨーロッパ視察は帰国後に政府内の混乱を巻き起こす
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 岩倉遣欧使節団 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話、岩倉具視率いる「岩倉遣欧使節団」がアメリカ、ヨーロッパに出発し、明治政府の

 

村田新八桐野利秋中村半次郎)・川路利良

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話では、西郷隆盛に心酔する元薩摩藩の後輩たち「村田新八・桐野利秋(中村半次郎)・川路利良」が次々と政府の要職に就いていきます。

しかし、村田新八だけは明治天皇の側に仕えることにいささか不安顔。

そこで西郷隆盛は3人の特徴を明確に言い当て、今回の人事は適材適所であることを示し、「新しい日本」を皆で作ろうと叱咤激励します。

下の記事では、これまで西郷隆盛のもとで数々の活躍を見せてきた「村田新八・桐野利秋(中村半次郎)・川路利良」の3人の生涯を簡単に紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)村田新八 西郷の弟分で共に島流しに遭い、最後まで西郷に従った新八は大久保利通、勝海舟からも評価された人物
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 村田新八 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷小吉(隆盛)たちの下加治屋町郷中の中で一番体の小さい村田新八。 村田新八は、小さい頃か

大河ドラマ西郷どん(せごどん)中村半次郎(桐野利秋)一撃必殺!西郷に助けられた貧乏侍は新選組も恐れた人斬り半次郎
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 中村半次郎(桐野利秋) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第3話「子供は国の宝」で、登場したのは幼少期の中村半次郎。 芋泥棒と呼ばれ、大

【川路利良】大河ドラマ西郷どん(せごどん)長州力の来島又兵衛を撃った男は下ネタ満載の日本警察の父w
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 川路利良 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で西郷吉之助が率いる薩摩藩兵の中には川路利良という人物がいます。 この川路利良は、禁

 

スポンサーリンク

 

明治天皇」と「山岡鉄舟鉄太郎)」

岩倉遣欧使節団がアメリカ・ヨーロッパに出発を予定する中、留守政府を実質取り仕切ることになった西郷隆盛は、まず「明治天皇」の教育係を決め、帝王学を学ばせようとしました。

そこで選ばれたのが、先に紹介した村田新八と「山岡鉄舟(鉄太郎)」。

「山岡鉄舟(鉄太郎)」は旧幕臣のため、異例の人事と呼べるものでしたが、西郷隆盛は江戸無血開城の際の「山岡鉄舟(鉄太郎」の人柄に魅せられていたため、自ら推薦したものでした。

下の記事では、西郷隆盛を信頼していた「明治天皇」と、10年間の約束で教育係となる「山岡鉄舟(鉄太郎)」について紹介しています。

ちなみに筆者は大の山岡鉄舟ファンですので、様々なエピソードを混ぜ込み、少々記事が長文になっています。

明治天皇(睦仁親王)大河ドラマ西郷どん(せごどん)孝明天皇崩御により15歳で即位した新時代の天皇の生涯
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 明治天皇(睦仁親王) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、一橋慶喜を信頼し、変革を嫌っていた孝明天皇が突如崩御して、若干15歳(満14歳)

【山岡鉄舟】西郷どん(せごどん)で藤本隆宏が演じる剣・書・禅を極めたラストサムライ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 山岡鉄舟 大河ドラマですっかり常連となった藤本隆宏さんが『西郷どん』で演じるのが、剣・書・禅を極めたラストサムライ「山岡鉄舟」。 『西

 

山縣有朋」と「山城屋事件

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話で大久保利通たちが日本を留守にする中、政府を預かっていた西郷隆盛。

そんな留守政府の中では、土佐、肥前の者たちがこの隙に政府の主導権を奪おうと牙をむき始めます。

当初、西郷はこれらを突っぱねて引き下がらせていましたが、ある日、元長州藩士「山縣有朋」の汚職事件が発覚すると無視できない事態に陥ります。

下の記事では、陸軍を率いていた「山縣有朋」と、山縣有朋が起こした汚職事件「山城屋事件」について紹介しています。

山縣有朋(狂介)西郷どん(せごどん)高杉晋作の奇兵隊を引き継ぎ、西郷隆盛に可愛がられ、西郷隆盛の命を奪った「日本軍閥の祖」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 山縣有朋(山縣狂介) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、幕末に西郷吉之助(隆盛)と共に活躍した長州藩の中心人物といえば、玉山鉄二が演じる

山城屋事件|西郷どん(せごどん)山縣有朋の汚職事件!闇に消えた陸軍の公金65万円
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 山城屋事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話、大久保利通らが渡欧している間、留守を預かる後藤象二郎や江藤新平ら土佐、肥前の者

 

スポンサーリンク

 

井上馨聞多

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話では、岩倉遣欧使節団に元長州藩士の木戸孝允(桂小五郎)、伊藤博文(俊輔)らが同行していますが、同じ長州出身だった山縣有朋や「井上馨(聞多)」は日本に残されました。

「井上馨(聞多)」は伊藤博文と共に一度ヨーロッパに渡ったこともある人物ですが、今回は大久保利通から大蔵省のことを任され、西郷隆盛と共にお留守番。

土佐、肥前の者たちが政府の主導権を奪おうと画策するのに対し、必死に抵抗しています。

下の記事では、やがて辞任にまで追い込まれることになる「井上馨(聞多)」について紹介しています。

井上馨(聞多)大河ドラマ西郷どん(せごどん)伊藤俊輔の兄貴分で「外交の父」と称えられた明治政府の重鎮
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨(聞多) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)での薩長同盟成立後の第33話で起こる第二次長州征伐。 激しい戦いが繰り広げられる中、薩摩

井上馨の汚職事件【尾去沢(おさりざわ)銅山事件】とは|西郷どん(せごどん)
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨と尾去沢銅山事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、西郷隆盛は留守政府を預かり仕事に追われていましたが、政府内では後藤象二

 

島津久光」と「海江田武次

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の41話、留守政府を預かる西郷隆盛にとって最大の懸念事項は、廃藩置県によって不満を抱いている元薩摩藩の士族と、元主君の「島津久光」の動向でした。

使節団出発後、大久保利通の代わりに「島津久光」に取り立てられていた「海江田武次」が西郷のもとを訪れると、久光が政府に対して大きな不満を抱いていることが分かり、西郷は鹿児島で直接話し合うことに決めました。

この時、「島津久光」は国を背負う重さを西郷に教え、憎まれ口を叩きながら西郷を応援する言葉を発します。

下の記事では西郷隆盛の心を打つ、泣かせる一言を贈った薩摩の国父「島津久光」と、相変わらずのボンクラ「海江田武次」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津久光 マザコン?「国父」として幕末の薩摩藩を引っ張った西郷生涯の敵・島津久光とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津久光 大河ドラマ西郷どんで、西郷吉之助(隆盛)の「生涯の敵」」として描かれるのが青木崇高が演じる島津久光。 有能な兄・島津斉彬と比

大河ドラマ西郷どん(せごどん)有村俊斎(海江田信義)西郷吉之助に嫉妬し、久光に接近した軽率な行動が目立つ維新志士
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 有村俊斎(海江田信義) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷小吉(隆盛)たちの下加治屋町郷中と競い合う高麗町郷中に所属している有村俊斎

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ