西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん(せごどん)狆(ちん)お由羅が抱く小型犬・狆は、日本で改良された日本唯一の愛玩犬種

投稿日:2018年2月11日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
狆(ちん)

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、小柳ルミ子が演じる島津斉興の側室・お由羅。

どこぞのセレブのように、常に犬を抱いて登場し、独特の雰囲気を醸し出しています。

今回は、このお由羅が抱いている犬・狆(ちん)について簡単に紹介します。

 

 

出典:http://mylittledog.seesaa.net/

スポンサーリンク

 

 

狆(ちん)

狆の祖先犬は、中国から朝鮮を経て日本に渡ったチベットの小型犬と見られる。

『狆』という文字は中国にはなく日本独自のもので、狆の名称の由来は「ちいさいいぬ」が訛って「ちん」になったといわれる。

また、日本では開国後に洋犬が入ってくるまでは、姿・形に関係なく小型犬のことを狆と呼んでいた。

戦国時代から江戸時代にかけて、ポルトガル人がもたらした北京狆(ペキニーズ)が基礎となったと考えられ、日本唯一の愛玩犬種として改良・繁殖されて現在の狆になった。

 

「犬公方」と呼ばれた5代将軍・徳川綱吉は、江戸城で座敷犬、抱き犬として狆を飼育し、吉原の遊女も好んで狆を可愛がった。

さらに江戸時代には、狆のブリーダーも存在しており、盛んに繁殖が行われていた。

 

1853年に来航したペリーは、狆をアメリカに持ち帰り、同年にイギリスのビクトリア女王にも献上されたといわれる。

 

狆は明治に入ってからも多くの人に飼われていたが、大正時代に数が激減し、第二次世界大戦によって壊滅状態になった。

戦後に逆輸入して、再び飼われ始めることになったが、洋犬の人気に次第に押され、現在では稀な存在となっていった。

 

 

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明治政府|西郷どん(せごどん)三条実美、江藤新平、山縣有朋など新政府の人物を一挙に紹介!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 明治新政府の人物 大河ドラマ西郷どん(せごどん)も、第39話からはついに新章「明治編」がスタートし、新しいキャラが次々と登場していきます。 ということで、今回は西郷隆盛 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【郷中(ごじゅう)教育】長老(おせんし)二才(にせ)長稚児(おせちご)小稚児(こちご)に分かれた薩摩藩の教育システム

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 郷中(ごじゅう)教育とは? 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第1話(初回)は、西郷隆盛らの幼少期が描かれ、西郷隆盛は西郷小吉、大久保利通は大久保正助として登場。 他にも …

【グラバー】大河ドラマ西郷どん(せごどん)坂本龍馬と関わる長崎の武器商人はキリンビールの基礎を作る男!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) グラバー 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、小栗旬が演じる坂本龍馬は西郷吉之助の「倒幕」への思いに共感し、一介の商人として異国から船や武器を仕入れて薩摩に引き渡すことを …

【白石正一郎と鍵屋直助】西郷どん(せごどん)で薩摩藩と繋がりある下関の商人と京都の宿主。幕末はサムライだけのものではない!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 白石正一郎と鍵屋直助 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で登場する白石正一郎と鍵屋直助。 白石正一郎は、第22話「偉大な兄 地ごろな弟」で吉之助の弟・西郷信吾(錦戸亮)を信 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉彬(なりあきら)西郷吉之助が心酔した島津斉彬は「日本国」の将来を憂いて志半ばに死んだ幕末の名君

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉彬(なりあきら) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤を引っ張っていくのは、間違いなく渡辺謙が演じる島津斉彬。 父との確執の中、薩摩という小さい枠にとらわれず「日 …

スポンサーリンク