西郷どん(せごどん)42話あらすじネタバレ関連記事「井上馨」と「征韓論」についての記事で42話を深く知ろう!

      2018/10/12

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第42話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第42話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

42話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん42話あらすじネタバレ)菊次郎の留学と大久保利通の帰国!ついに二人の間に亀裂が入る?
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第42話 あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバレも

スポンサーリンク

 

西郷菊次郎」と「市来宗介

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、東京で暮らしていた西郷隆盛のもとに、息子の「西郷菊次郎」と甥っ子「市来宗介」がやってきます。

この二人の上京の目的はアメリカ留学への準備のためであり、西郷隆盛は「菊次郎」に農業を学ばせたいと考えていました。

『なぜ、アメリカまで行って農業?』と「菊次郎」は不思議がりますが、西郷隆盛は『農業こそ国の土台』と教え、二人はトランク片手に旅立って行きます。

下の記事では、美少年に成長した「西郷菊次郎」と、西郷隆盛の妹・琴の息子「市来宗介」について紹介しています。

【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

市来宗介|西郷どん(せごどん)前川優希が演じる市来琴の子は西郷菊次郎と信頼で結ばれた男!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 市来宗介 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で前川優希が演じるのが西郷隆盛の妹である市来琴の子・市来宗介。 市来宗介は西郷隆盛たち維新に活

 

井上馨」と「尾去沢銅山事件

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、岩倉使節団が外遊する中、西郷隆盛が預かっていた留守政府が全くまとまりのない状態に陥り、民衆からの信用も失っていました。

このため、西郷隆盛は使節団の帰国まで禁じられていた改革を、弟・西郷従道と共に進めていくことを決意します。

しかし、その矢先に大久保利通から大蔵省を託された元長州藩士「井上馨」の不正事件が発覚。

やむなく西郷隆盛は井上馨に辞職を勧め、今後は政府が一枚岩となった結束を促しました。

下の記事では、新政府内で激しく責め立てられる「井上馨」と、井上馨が起こした不正事件「尾去沢銅山事件」について紹介しています。

井上馨(聞多)大河ドラマ西郷どん(せごどん)伊藤俊輔の兄貴分で「外交の父」と称えられた明治政府の重鎮
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨(聞多) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)での薩長同盟成立後の第33話で起こる第二次長州征伐。 激しい戦いが繰り広げられる中、薩摩

井上馨の汚職事件【尾去沢(おさりざわ)銅山事件】とは|西郷どん(せごどん)
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨と尾去沢銅山事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、西郷隆盛は留守政府を預かり仕事に追われていましたが、政府内では後藤象二

 

征韓論」と「板垣退助

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話の時点では、岩倉具視が率いる「岩倉遣欧使節団」が出発してすでに1年が経過していました。

この間に西郷隆盛ら留守政府は、次々と国内の改革を進めて一定の成果を得ましたが、外交的には朝鮮との国交問題が浮上し、その対応にモメることになります。

元土佐藩士「板垣退助」は即時朝鮮に出兵することを唱え、これに対し西郷隆盛は出兵ではなく「大使の派遣」を主張。

ほかには岩倉使節団の帰国を待つべきとの意見も出ますが、一刻の猶予も許されないとした西郷隆盛の一喝で『西郷隆盛の朝鮮派遣』が決定します。

下の記事では、明治政府内での対立を激化させることになる外交問題「征韓論」と、血の気の多い「板垣退助」について紹介しています。

征韓論|西郷どん(せごどん)西郷隆盛が主張した征韓論は「出兵」ではなく「大使・西郷の派遣」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 征韓論 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、療養から復帰した西郷隆盛を待ち受けていたかのように朝鮮との国交問題が浮上します。 鎖

板垣退助(乾退助)大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷と共に征韓論に敗れた戊辰戦争の英雄の生涯を簡単に紹介
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 板垣退助(乾退助) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)、薩摩藩と長州藩は武力討幕によって幕府、徳川家を完全に倒そうとしていたのに対し、土佐藩

 

スポンサーリンク

 

岩倉遣欧使節団

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話の時点では、岩倉具視が率いる「岩倉遣欧使節団」が出発してすでに1年が経過していました。

この間に西郷隆盛ら留守政府は次々と改革を進め、朝鮮との国交問題では『西郷隆盛の朝鮮派遣』が決定しますが、「岩倉遣欧使節団」が帰国すると、この『西郷隆盛の朝鮮派遣』は簡単にひっくり返されてしまいます。

下の記事では、留守中に勝手に改革を行ったことに怒っていた「岩倉遣欧使節団」について紹介しています。

岩倉遣欧使節団|西郷どん(せごどん)失敗に終わったヨーロッパ視察は帰国後に政府内の混乱を巻き起こす
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 岩倉遣欧使節団 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話、岩倉具視率いる「岩倉遣欧使節団」がアメリカ、ヨーロッパに出発し、明治政府の

 

明治六年の政変

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話の最後、大久保利通が突然閣議の席に現れ、一同が驚く中『西郷隆盛の朝鮮派遣』について反対意見を述べます。

これにより西郷隆盛たちの運命は大きく変わり、のちに「明治六年の政変」と呼ばれる明治政府最大の政治事件となっていきます。

下の記事では、『征韓論』より端を発した「明治六年の政変」について簡単に紹介しています。

明治六年の政変|西郷どん(せごどん)西郷隆盛と大久保利通の戦い!明治政府の主導権を巡った政治闘争
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 明治六年の政変 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話から始まった征韓論争で、大久保利通はあらゆる手を使って西郷隆盛らの「征韓論」を叩

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ