西郷どん(せごどん)11話あらすじネタバレ関連記事「南紀派・一橋派」「宝島事件」「橋本左内・長野主膳」についての記事で11話を深く知ろう!

      2018/04/15

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第11話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第11話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

11話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん11話あらすじ)お由羅の呪い!虎寿丸死去!斉彬毒殺未遂!慶喜将軍拒否!大久保正助と島津久光が出会う第11話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第11話「斉彬暗殺」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第11話「斉彬暗殺」のあらすじ・ネタバレについて書いていき

スポンサーリンク

 「南紀派」と「一橋派

10話では、島津斉彬が阿部正弘とともにバカ将軍・徳川家定に謁見。ここで阿部正弘は薩摩から御台所を迎える話を切り出しましたが、二人の本当の目的は篤姫を家定に輿入れさせて、次の将軍を一橋慶喜に決めようとするもの。一方で彦根藩主・井伊直弼は次期将軍に紀州藩主・徳川慶福を推しており、幕府内では将軍継嗣問題で激しい派閥抗争が起こります。

下の記事では、井伊直弼の「南紀派」と島津斉彬、徳川斉昭らが組織した「一橋派」のメンバーについて紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【南紀派メンバー紹介】徳川慶福を次期将軍に!大老・井伊直弼を中心とした幕政を取り仕切る官僚グループ
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【南紀派】 メンバー紹介 大河ドラマ西郷どんで、又吉直樹が演じる第13代将軍・徳川家定の後継者、次期将軍に紀州藩主・徳川慶福を推してい

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【一橋派メンバー紹介】一橋慶喜を次期将軍に!前水戸藩主・徳川斉昭を中心とした雄藩グループ
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【一橋派】 メンバー紹介 大河ドラマ西郷どんで、又吉直樹が演じる第13代将軍・徳川家定の後継者、次期将軍に前水戸藩主・徳川斉昭の子であ

 

 島津斉彬の子「虎寿丸

島津斉彬は、一橋慶喜を次期将軍にするために篤姫輿入れ工作を行っている最中、するために息子の虎寿丸が死去しました。それでも斉彬は悲しむことなく、自らの計画遂行のために奔走しています。

下の記事では、虎寿丸を含め、全員夭折してしまった斉彬の子供たちについて紹介しています。

西郷どん(せごどん)島津斉彬の子【寛之助・虎寿丸・哲丸】お由羅の呪いか?次々に子どもを亡くした上での「子どもは国の宝だ」は重みが違う
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉彬の子 寛之助・虎寿丸・哲丸 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷吉之助が尊敬する名君・島津斉彬(渡辺謙)。 斉彬は初回から登

 「島津久光」と「宝島事件

虎寿丸の訃報は薩摩にも届き、藩士たちはお由羅の呪いだといきり立ちますが、大久保正助だけは冷静でした。そして正助は勤務先で久光が「宝島事件」の記録を探していることを知り、二人は出会うことになります。

下の記事では、斉彬の弟で、のちに国父と呼ばれることになる島津久光と、久光が調べた日本初の外国との武力衝突「宝島事件」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津久光 マザコン?「国父」として幕末の薩摩藩を引っ張った西郷生涯の敵・島津久光とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津久光 大河ドラマ西郷どんで、西郷吉之助(隆盛)の「生涯の敵」」として描かれるのが青木崇高が演じる島津久光。 有能な兄・島津斉彬と比

大河ドラマ西郷どん(せごどん)宝島事件とトカラ列島 島津久光が大久保正助に探させた日本とイギリスが戦った事件
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 宝島事件とトカラ列島 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第11話で、島津久光が西洋人の戦い方を知るために大久保正助に探させて読もうとしてい

 

スポンサーリンク

 「島津斉興」と「お由羅

虎寿丸の死去に続いて斉彬が倒れ、西郷吉之助が調査した結果、食事に毒が盛られていたことが発覚しました。犯人として疑いをかけられたのは、相変わらずの老害っぷりを発揮する斉彬の父・島津斉興とその側室・お由羅の方。

下の記事では、今回に限っては吉之助に一泡吹かせた島津斉興とお由羅について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉興(なりおき)お由羅騒動を引き起こした権力に固執する斉彬の父・斉興は薩摩藩の財政基盤を作った?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉興(なりおき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤で、一癖も二癖もある悪役のような活躍をみせるのは加賀丈史が演じる島津斉興(なり

大河ドラマ西郷どん(せごどん)お由羅と「お由羅騒動」呪いが薩摩藩お家騒動の原因か?赤山靱負や大久保父らが処分された大事件
大河ドラマ西郷どん(せごどん) お由羅と「お由羅騒動」 大河ドラマ西郷どんで、島津斉興の側室として登場する「お由羅」は個性的なキャラで、小柳ルミ子はまさにはまり役。

 

 「橋本左内」と「長野主膳

斉彬の食事に含まれていた毒を調べたのが越前藩士の橋本左内。一方、毒殺を謀ったと思われるのが彦根藩士・長野主膳。

下の記事では、一橋派の主力メンバー越前藩主・松平慶永の参謀的役割を果たした橋本左内と、南紀派の彦根藩主・井伊直弼の参謀であった長野主膳について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)橋本左内 磯田屋でタマの命を助けた医者は越前藩の密偵?西郷隆盛も褒めたたえた秀才・橋本左内
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 橋本左内(はしもとさない) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助(隆盛)が江戸の旅籠・磯田屋で出会うのが橋本左内(はしもとさない

謎のお面の男を雇う長野主膳とは?西郷どん(せごどん)磯田屋で橋本左内を襲った男の主人?長野主膳は井伊直弼の懐刀!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 長野主膳 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第11話、篤姫を輿入れさせるために江戸城で阿部正弘と共に将軍・徳川家定に対面した島津斉彬は、対立

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめました!これで「西郷どん(せごどん)」が分かる!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) あらすじ・ネタバレ・期待度 まとめのまとめ 西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ