西郷どん(せごどん)10話あらすじネタバレ関連記事「御庭方役」「瀉血」「島津忠剛」「橋本左内」についての記事で10話を深く知ろう!

      2018/05/23

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第10話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第10話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

10話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん10話あらすじ)吉之助の優しさに篤姫も涙。橋本左内が登場し斉彬の企みが明らかになってくる第10話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第10話「篤姫はどこへ」 あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第10話「篤姫はどこへ」のあらすじ・ネタバレについて

スポンサーリンク

御庭方」と「参勤交代

10話で島津斉彬の手となり足となり働く西郷吉之助が命じられているのが「庭方役」という役目。字だけ見れば庭掃除だけやってる雑用係ですが、本当の役目は密偵という重要な任務を帯びていました。

下の記事では、吉之助が命じられた庭方役と、江戸に行くきっかけとなった幕府の制度「参勤交代」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)江戸詰めと庭方役とは?西郷吉之助がのちに重用された理由は斉彬の密偵として働いていたから
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 「江戸詰め」と「庭方役」とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第10話で江戸にいた西郷吉之助は、島津斉彬から「庭方役」という役目を命じら

大河ドラマ西郷どん【参勤交代】なぜ島津斉彬が標準語で島津久光が鹿児島弁なのか?今さら聞けない歴史用語からひも解く二人の違い
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 参勤交代 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、島津斉彬は標準語を話し、弟の島津久光は鹿児島弁を話しています。 気になった人もいるでしょう

タマ」と「瀉血

斉彬の密偵として働くことになった吉之助が「ヒー様」の素性を探るため品川宿の磯田屋に潜入。「ヒー様=一橋慶喜」を確認しますが、ここで飯盛女として働いている「タマ」が突然ぶっ倒れてしまって一同騒然となります。

下の記事では、磯田屋の飯盛女「タマ」とタマを演じている田中道子、タマに施された「瀉血」という治療方法について紹介しています。

西郷どん(せごどん)磯田屋の飯盛女・タマを演じる田中道子が美しすぎる!キレイすぎる!タマとミス・ワールド日本代表にも選ばれた女優さんを紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) タマ(田中道子) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第9話「江戸のヒー様」で登場するのが、品川宿の旅籠屋「磯田屋」で飯盛女として働く美しす

大河ドラマ西郷どん【瀉血(しゃけつ)】橋本左内がタマに施したヨーロッパの根拠無き治療方法・瀉血とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 瀉血(しゃけつ) 大河ドラマ西郷どんの第10話で、「ヒー様」の正体を確かめるため再び品川宿の磯田屋を訪れた西郷吉之助は、大山格之助と共に

篤姫」と「島津忠剛」 

斉彬の養女となって江戸にやってきている篤姫。10話ではその篤姫が突然失踪して大騒ぎになりました。

失踪の理由は実父の訃報で悲しかったからという、なんとも人騒がせな話ですが、下の記事では、篤姫と篤姫の実の父「島津忠剛」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)於一(おいち)北川景子が演じる篤姫は西郷が好きだった?将軍・家定の正室となり徳川家に身を捧げた斉彬の養女
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 於一(おいち)/篤姫・天璋院 大河ドラマ西郷どんで、北川景子が演じるのが於一こと、のちの篤姫。 養父・島津斉彬の御前で開かれた相撲大会

大河ドラマ西郷どん【島津忠剛・ただたけ】於一(篤姫)の実父は藩主・島津斉彬の願いで於一を島津本家の養女に送り出す。
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 於一(篤姫)の父 島津忠剛(ただたけ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で藩主の島津斉彬は、一族の中にあって利発な於一(篤姫・天璋院)を

 

スポンサーリンク

幾島」と「奥奉公出世双六枕絵

「ひかーえよ」と独特の声で初登場した篤姫の教育係・幾島。篤姫を立派な姫様にするために薩摩言葉を徹底的に直し、琴、薙刀、書道などのほか、双六を用いて大奥のシステム、枕絵を用いて子の作り方まで真面目に教えようとします。

下の記事では、篤姫の教育係で共に大奥に入った幾島と、大奥のシステムが分かる奥奉公出世双六、江戸時代のエロ本・枕絵について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)幾島 南野陽子が演じる篤姫の教育係・幾島は薩摩藩のスパイ?大奥でも御年寄としても活躍
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 幾島(いくしま) 大河ドラマ西郷どんで、斎藤ゆきのゴタゴタで直前でキャストが入れ代わり、最終的に南野陽子が演じることになったのが幾島。

枕絵、春本とは?西郷どん(せごどん)で幾島は篤姫にエロ本を見せて将軍家の世継ぎを産むことこそ最大の役目と説く!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 枕絵・春本とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、篤姫の輿入れに対し厳しい指導を行う南野陽子が演じる幾島。 幾島は篤姫が将軍・徳川家定

大河ドラマ西郷どん(せごどん)奥奉公出世双六 幾島が大奥を説明するため篤姫の前で広げた人生ゲーム・奥奉公出世双六(おくぼうこうしゅっせすごろく)とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 奥奉公出世双六(おくぼうこうしゅっせすごろく) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第10話で、篤姫の教育係である南野陽子が演じる幾島が、大

 

橋本左内」と「松平慶永」 

磯田屋でタマを治療したのは、実は越前藩士・橋本左内という男でした。橋本左内は表の顔は医者でしたが、裏では越前藩主・松平慶永(春嶽)の密偵として働いていました。

下の記事では、吉之助と同様に藩主のために奔走する橋本左内と、その主君で幕末の重要人物の一人、松平慶永について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)橋本左内 磯田屋でタマの命を助けた医者は越前藩の密偵?西郷隆盛も褒めたたえた秀才・橋本左内
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 橋本左内(はしもとさない) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助(隆盛)が江戸の旅籠・磯田屋で出会うのが橋本左内(はしもとさない

大河ドラマ西郷どん(せごどん)松平慶永(春獄)坂本龍馬も信頼した幕末の四賢侯は、橋本左内を使って斉彬、斉昭と共に一橋派を形成した越前福井藩主
大河ドラマ西郷どん 松平慶永(春嶽) 大河ドラマ西郷どんで、島津斉彬や徳川斉昭と共に一橋派(次期将軍を一橋慶喜にしようとする派閥)に属しているのが松平慶永(春嶽)。

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめました!これで「西郷どん(せごどん)」が分かる!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) あらすじ・ネタバレ・期待度 まとめのまとめ 西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ