西郷どん(せごどん)28話あらすじネタバレ関連記事「ふき・徳川慶勝・吉川監物・三家老」についての記事で28話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第28話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第28話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

28話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

 

西郷どん(せごどん28話あらすじネタバレ)慶喜との決別!エンケンの勝海舟、小栗旬の坂本龍馬が登場する第28話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第28話「勝と龍馬」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第28話「勝と龍馬」のあらすじ・ネタバレについて書いていき

スポンサーリンク

 

一橋慶喜の側女に「ふき」の過去とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話、禁門の変で焼かれた京の町で西郷吉之助は、薩摩藩を率いて傷ついた町民や敵であった長州藩士を手厚く保護していると、一橋慶喜の側女となっていた「ふき」と出会います。

このとき「ふき」もまた、親と死に別れた子供たちに支援しているところでした。

その後、一橋慶喜が長州征伐を決定するとこの「ふき」は真っ向から慶喜を批判。

いくら自分が愛した人とはいえ、慶喜が戦が起こして悲しみの連鎖を増幅させようとすることに耐えられなくなっていたのです。

下の記事では、民を慈しむ「ふき」の人格を作っている幼い頃に味わった苦しみの過去、西郷吉之助との出会いと再会について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)ふき(およし)と旅籠、飯盛女とは?借金のカタに身売りされた百姓の娘ふきは、江戸で吉之助と再会を果たす
大河ドラマ西郷どん(せごどん) ふき(およし)と旅籠、飯盛女とは? 大河ドラマ西郷どんの第2話「立派なお侍」で登場する、百姓の娘・ふき。 年貢徴収役人の補佐として西郷

征長軍総督「徳川慶勝」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で西郷吉之助の願い虚しく、一橋慶喜によって長州征伐が決定し、「徳川慶勝」は征長軍の総督を引き受けさせられます。

参謀として従軍していた吉之助は、戦わずに戦を終わらせるため、この「徳川慶勝」に願い出て単独で長州に乗り込むことになります。

下の記事では、過去に「一橋派」に属して長州征伐ではイヤイヤ総督を引き受けさせられる「徳川慶勝」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川慶勝 一橋派に属したのち征長総督に任じられ、長州に寛大な処置を下す尊王の志を持つ尾張藩主
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川慶勝 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、徳川慶福を次期将軍に推す「南紀派」を形成している井伊直弼、松平忠固、水野忠央に対し、一橋慶喜

吉之助と会談し長州を救った岩国領主「吉川監物」とは

日本国内での内乱を避けるという島津斉彬の遺志を引き継いでいた西郷吉之助は、長州征伐で参謀に任命されながらも血を流さずに戦を終わらせる方法を考えます。

そして吉之助は単独で長州藩の入り口である岩国領に乗り込み、領主の「吉川監物」と会談しました。

すると、戦を望んでいなかった「吉川監物」は、吉之助の出した『藩主親子の謹慎』と『禁門の変を引き起こした3人の家老の切腹』という厳しい条件を飲み、本国に取り次ぐことを約束します。

下の記事では、長州藩の存亡の危機を救い、藩主からも大きな評価を得た岩国領主「吉川監物」について紹介しています。

【吉川監物(経幹)】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷吉之助と会見し長州藩を幕府に恭順させた功労者
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 吉川監物(経幹) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話では、禁門の変を引き起こした長州藩に対し、幕府軍による長州征伐が行われます。

 

スポンサーリンク

謹慎させられる長州藩主親子「毛利敬親」と「毛利定広元徳)」

長州藩は桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞などなど、優秀な人物が次々を沸くように輩出されて藩の政治を担っていきましたが、トップであるはずの藩主は政治の表舞台になかなか登場してきません。

それでも西郷吉之助が、戦から救うため長州藩に出した条件には『藩主親子の謹慎』というものがありました。

下の記事では、大河ドラマ西郷どんでは登場しないであろう『そうせい候』と呼ばれた長州藩主「毛利敬親」と、その後継ぎ「毛利定広(元徳)」について紹介しています。

【そうせい候・毛利敬親(慶親)】西郷どん(せごどん)明治維新を主導した長州の藩主は暗君なのか?真の名君か?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) そうせい候・毛利敬親(慶親) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で禁門の変を引き起こした長州藩は、第28話になって幕府から長州征伐

【毛利元徳(定広)】大河ドラマ西郷どん(せごどん)長州征伐で謹慎させられる長州藩主「そうせい候」の世継ぎとは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 毛利元徳(定広) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で起こる幕府による長州征伐。 一橋慶喜は禁門の変を引き起こした長州藩を潰すた

 

切腹する3人の家老「益田右衛門介」「福原越後」「国司信濃

西郷吉之助が『藩主親子の謹慎』以外に長州藩に出した条件が『禁門の変を引き起こした3人の家老の切腹』。

長州藩は、この吉之助の要求に応じて「益田右衛門介」、「福原越後」、「国司信濃」という家老たちを切腹させることになります。

大河ドラマ西郷どんでは登場しませんが、下の記事では彼ら3人の家老の生涯について簡単に紹介しています。

長州藩家老・益田右衛門介(ますだうえもんのすけ)大河ドラマ西郷どんの長州征伐で切腹させられる三家老の一人
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 益田右衛門介(ますだうえもんのすけ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で、一橋慶喜は禁門の変を引き起こした長州藩を潰すため、大軍

長州藩家老・福原越後(ふくはらえちご)大河ドラマ西郷どんで長州征伐の際に切腹する三家老の一人
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 福原越後(ふくはらえちご) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で、一橋慶喜は長州藩を叩き潰すべく長州征伐を決定しました。 征長軍

長州藩家老・国司信濃(くにししなの)大河ドラマ西郷どんで長州征伐の際に切腹する三家老の一人
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 国司信濃(くにししなの) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で、一橋慶喜は長州藩を叩き潰すべく長州征伐を決定します。 征長軍参謀

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ