西郷どん関連

長州藩家老・国司信濃(くにししなの)大河ドラマ西郷どんで長州征伐の際に切腹する三家老の一人

投稿日:2018年7月17日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
国司信濃(くにししなの)

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で、一橋慶喜は長州藩を叩き潰すべく長州征伐を決定します。

征長軍参謀として参陣させられた西郷吉之助は、日本国内での内乱を避けるため、勝海舟のアドバイスもあってここで一橋慶喜を見限ります。

そして吉之助は長州藩を幕府に恭順させようと画策し、「藩主・毛利敬親・定広親子の謹慎」と「禁門の変を引き起こした3人の家老の切腹」を長州側に提案しました。

この記事では、吉之助が出した長州藩への条件「3人の家老の切腹」で果てることになる若き家老・国司信濃(くにししなの)について簡単に紹介します。

 

他の三家老

長州藩家老・益田右衛門介(ますだうえもんのすけ)大河ドラマ西郷どんの長州征伐で切腹させられる三家老の一人
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 益田右衛門介(ますだうえもんのすけ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で、一橋慶喜は禁門の変を引き起こした長州藩を潰すため、大軍
長州藩家老・福原越後(ふくはらえちご)大河ドラマ西郷どんで長州征伐の際に切腹する三家老の一人
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 福原越後(ふくはらえちご) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で、一橋慶喜は長州藩を叩き潰すべく長州征伐を決定しました。 征長軍

スポンサーリンク

 

国司信濃(くにししなの)

国司信濃は、天保13年(1842)に長州藩士・高洲元忠の次男として生まれました。

名前は、のちに毛利敬親から「親」の一字を賜って「親相(ちかすけ)」と改めています。

6歳の頃に国司迪徳(みちのり)の養子となって、国司家の家督を継いで大組頭となった国司信濃。

実家、養家とも家柄も良く、若い頃から優秀だったため、国司信濃はすぐに頭角を現して藩から重宝されていきます。

 

 

出典:http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/

 

 

桜田門外の変以降、これまで弾圧されていた尊王攘夷運動が高まりを見せた文久3年(1863)、長州藩は単独での攘夷に踏み切り、国司信濃は久坂玄瑞らと共にアメリカ船を砲撃して下関海峡を封鎖しました。

この功績で国司信濃は下関防備総奉行に任じられ、朝廷からも褒められています。

しかし、攘夷には積極的であった孝明天皇も、朝廷を牛耳ろうとする長州藩の過激な行動を良くは思わず、薩摩藩と会津藩が連携した八月十八日の政変によって長州藩は京都から追放されてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

八月十八日の政変後、家老となった国司信濃は、同じ家老の益田右衛門介や福原越後と連携し、京都における復権を画策しました。

そして国司信濃は長州藩士・久坂玄瑞、来島又兵衛らの挙兵に加担し、元治元年(1864)の禁門の変を引き起こす当事者となりました。

この禁門の変では、長州藩は薩摩・会津の連合軍に大敗し、久坂玄瑞・来島又兵衛らが自刃します。

国司信濃は自刃するよりも、藩主の命によって責任を取る形を選び、玉砕を避けて帰藩しました。

 

 

出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/

 

 

やがて第一次長州征伐が始まると大軍が長州に押し寄せます。

そして征長軍参謀の西郷吉之助は、長州藩に対して禁門の変を引き起こした国司信濃ら三家老の切腹を要求。

さらに長州藩内部でも保守派の勢力が台頭し、幕府への恭順の意をあらわすことにより許しを乞おうとし、尊王攘夷派への弾圧が行われました。

これにより国司信濃は一連の責任を取る形で徳山澄泉寺において自刃。23歳の若さでした。

辞世の句は「よしやよし 世を去るとても 我が心 御国のために なほ尽さばや」「君がため つくせやつくせ おのがこの 命一つを なきものにして」。

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

西郷どん(せごどん)【一君万民・草莽崛起(いっくんばんみん・そうもうくっき)】とは?吉田松陰らが唱えた尊王攘夷思想の根本

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 一君万民(いっくんばんみん) 草莽崛起(そうもうくっき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、薩摩藩の有馬新七、長州藩の久坂玄瑞、土佐藩の吉村虎太郎ら尊王攘夷思想を持った …

天璋院(篤姫)のその後|西郷どん(せごどん)明治維新後の篤姫はどうなった?最後まで徳川家のために生きたその後の人生とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 天璋院(篤姫)のその後 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第36話で西郷吉之助と再会を果たした天璋院(篤姫)。 第37話では、天璋院(篤姫)が西郷吉之助と徳川家の始末につ …

王政復古の大号令|大河ドラマ西郷どん(せごどん)岩倉具視が起こす慶喜の大政奉還後のクーデター!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 王政復古の大号令 大河ドラマ西郷どん(せごどん)、「大政奉還」によって一気に形勢逆転されてしまった西郷吉之助たち薩長の討幕派は、このままでは徳川慶喜に新体制での実権を奪 …

井上馨(聞多)大河ドラマ西郷どん(せごどん)伊藤俊輔の兄貴分で「外交の父」と称えられた明治政府の重鎮

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨(聞多) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)での薩長同盟成立後の第33話で起こる第二次長州征伐。 激しい戦いが繰り広げられる中、薩摩藩から最新の武器を調達していた長州 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津茂久(忠義)斉彬の死後、藩主となるも実権は斉興、久光に握られた今上天皇の曽祖父

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津茂久 大河ドラマ西郷どんで、島津斉彬亡き後に薩摩藩主になる島津久光の子・島津茂久。 父・久光を差し置いて、茂久が藩主に就任したのは、斉彬の遺言があったからですが、実 …