【岩倉具視】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で笑福亭鶴瓶が演じる怪しい公家を超簡単に紹介!

   

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
岩倉具視

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で貧乏公家として登場するのが笑福亭鶴瓶が演じる「岩倉具視」。

岩倉具視は倒幕を成し遂げた功労者として、また明治新政府では最高権力者として活躍する人物です。

しかし、西郷隆盛や坂本龍馬ほどの派手さはなく、若干「悪」のイメージまで連想してしまうお公家さん。

この記事では、ややこしい話は一気にハショって「岩倉具視」について超簡単にまとめてみました。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

岩倉具視

岩倉具視は、文政8年(1825)に下級公家・堀河康親の次男として生まれ、14歳で岩倉具慶にの養子となった。

幼名は「周丸」といい、公家らしからぬ容姿や言動から、「岩吉」と周りに呼ばれていた。

30歳で孝明天皇の侍従に取り立てられ、公武合体や和宮降嫁を推進して天皇から信頼されるも、尊王攘夷派志士からは佐幕派とみなされて失脚。

岩倉具視は出家してして5年間の蟄居生活を強いられるが、この間に密かに情報収集と分析を行い、倒幕派の薩摩藩と急接近した。

 

岩倉具視の前半生を詳しく

【岩倉具視】西郷どん(せごどん)鶴瓶が演じる公家の前半生!天皇に信頼された男がなぜ隠れ住んでいるのか?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 岩倉具視の前半生 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で貧乏公家として登場する笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視。 ボロボロの格好で「金」をせがんで

 

その後、岩倉具視は将軍・徳川家茂の死去、孝明天皇の崩御などの混乱の中で権謀術数の限りを尽くし、慶応3年(1867)に王政復古の大号令を発布して、徳川慶喜を追い詰めて明治新政府樹立に貢献する。

新政府では右大臣として政治の実権を握り、明治4年(1871)には特命全権大使として欧米諸国を訪問した。

欧米との実力差を身を持って感じた岩倉具視は、内政優先の必要性を感じ、帰国後に大久保利通らと共に西郷隆盛らの征韓論に猛反対。

これで西郷隆盛ら参議5人が辞職する事態となり、西南戦争などの不平士族の反乱が相次ぐことになった。

 

その後、大久保利通が暗殺されると、岩倉具視は伊藤博文に支えられ、近代天皇制の確立と明治憲法の制定に尽力。

明治16年(1883)に喉頭がんにより死去した。享年59。

岩倉具視は「維新前後には人には言えぬこともやったものだ」と漏らしており、明治天皇は岩倉具視の臨終の際に「父を殺したのはお前か?」と尋ねたという。

 

出典:http://kazusin.web.fc2.com/

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

 - 西郷どん関連