西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん【フェアヘイブン(フェアヘーブン)】ジョン・マン(劇団ひとり)がいたアメリカの町はどこにある?

投稿日:2018年1月31日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
ジョン・マンがいた町
フェアヘイブン(フェアヘーブン)

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第6話では、劇団ひとりが演じる謎の男が登場します。

その後すったもんだあって、この謎の男は名は、ジョン・マン、のちのジョン・万次郎であることが判明しました。

さらに、ジョン・マン(ジョン・万次郎)は土佐出身の漁師で、遭難後にアメリカの捕鯨船に救助され、長い年月を経て日本に帰ってきたことが分かります。

話を聞いた島津斉彬は信じられずにいましたが、ジョン・マン(ジョン・万次郎)がアメリカのフェアヘイブン(フェアヘーブン)という町で暮らし、アメリカの事情に詳しいことを知ると、ジョンに知識の教授を依頼しました。

ここで気になったのが、ジョン・マン(ジョン・万次郎)が暮らしたフェアヘイブン(フェアヘーブン)という町。

ジョン・マン(ジョン・万次郎)自体の記事は別記事で紹介していますので、今回はこのフェアヘイブン(フェアヘーブン)というアメリカの町について掘り下げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

フェアヘイブン(フェアヘーブン)

1652年、初めてヨーロッパ人がアメリカ大陸のフェアヘイブン周辺の地に入り、開拓者たちはインディアンからこの土地を購入しました。

開拓者たちはこの土地に旧ダートマスという町を建設。

この町には現在のダートマスのみならず、現在のニューベッドフォード、アクシュネット、フェアヘイブン、ウェストポートが含まれていました。

1787年に、正式にニューベッドフォード町とし成長し、1796年には、ニューベッドフォードとフェアヘイブンの間に橋が建設され、急激に町が成長がしていきます。

そして、大きくなったフェアヘイブンの町は、1812年にニューベッドフォードから分離して独立した町となりました。

フェアヘイブンの近くには、ペリー艦隊が日本に向け船出したニューポートの港などがあり、この頃フェアヘイブン一帯は捕鯨業などを生業とする大きな港の町となっていました。

 

 

 

 

ジョン・マン(ジョン万次郎)とフェアヘイブン(フェアヘーブン)

ニューベッドフォードから出港し、日本近海で捕鯨をしていたジョン・ハウランド号は、無人島の鳥島に漂着していた日本人を助けます。

しかし、この頃日本は鎖国状態にあったため、ホイットフィールド船長は日本へ送り届けることを諦めて、ハワイで下ろすことにしました。

命を助けられた最年少(14歳)の中浜万次郎も、この時にハワイに下ろされる予定でしたが、ホイットフィールド船長は万次郎の利発さが気に入り、アメリカに来ないかと誘います。

万次郎は溢れる好奇心を抑えきれず、アメリカに行くことにしました。

その後、万次郎を乗せたジョン・ハウランド号は、無事にニューベッドフォードに帰港。

万次郎は、フェアヘイブンにあったホイットフィールド船長の家に一緒に住みました。

のちにホイットフィールドの養子となった中浜万次郎は、船の名前にちなんで「ジョン・マン」と愛称をつけられました。

そしてジョン・マンは寝る間を惜しんで勉学に励み、学校を主席で卒業しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

10年後、日本に帰ったジョン・マンは、幕末における重要人物となり、幕府に登用されて勝海舟とともに再びアメリカにやってきます。

しかし、この時は第二の故郷・フェアヘイブンには寄ることが出来ずに帰国しました。

幕府が無くなり、明治新政府となってもジョン万次郎(ジョン・マン)は通訳として重用され、明治3年には欧州視察を行います。

その帰路、ジョン万次郎はフェアヘイブンに立ち寄り、ついに恩人・ホイットフィールドと再会しました。

この時、ジョン万次郎はこれまでの恩に感謝し、身につけていた日本刀をホイットフィールドに贈っています。

その後、ジョン万次郎は日本で教育者として、ホイットフィールドはアメリカで政治家として活躍しました。

この二人の出会いから、ジョン万次郎の生誕地・土佐清水市とフェアヘイブン、ニューベッドフォードは姉妹提携都市となり、ホイットフィールド船長の家は、ホイットフィールド・万次郎友好記念館として現在整備されています。

 

 

看板をアップにしてみて下さい!

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【那波列翁伝とナポレオン】西郷どん(せごどん)で川口雪篷が話す「革命」の大英雄ナポレオンとは?

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 那波列翁伝とナポレオン 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で沖永良部島に流されている西郷吉之助。 吉之助はこの島で出会った人物・川口雪篷(かわぐちせっぽう)と共に、身分の隔 …

【平野国臣(國臣)】西郷どん(せごどん)の命を救った生野の変の首謀者は幕末のファッションリーダー?

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 平野国臣(國臣) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、西郷吉之助は島津久光の命で下関に行き待機し、その後京に上がることになりましたが、この間に多くの過激派尊王攘夷志士と出 …

明治六年の政変|西郷どん(せごどん)西郷隆盛と大久保利通の戦い!明治政府の主導権を巡った政治闘争

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 明治六年の政変 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話から始まった征韓論争で、大久保利通はあらゆる手を使って西郷隆盛らの「征韓論」を叩き潰します。 このため「征韓論」 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)岩山糸(西郷糸子)実は再婚。上野公園の西郷隆盛像の除幕式に参列した3番目の妻

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 岩山糸(西郷糸子) 大河ドラマ西郷どんの第1話から登場する黒木華が演じる岩山糸。 西郷隆盛を支え続けた3番目の妻・岩山糸は、西郷の人柄に負けないぐらいの立派な女性。 大 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【西郷鷹と西郷安】西郷隆盛の妹たちの生涯について簡単に紹介!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷隆盛の妹たち 西郷鷹と西郷安 大河ドラマ西郷どん(せごどん)での貧乏に苦しむ西郷家、MAX時は11人家族+下人1人の12人の大所帯。 その中、吉之助(隆盛)の兄弟姉 …

スポンサーリンク