西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん 劇団ひとりのジョン・マンが歌う『ホーム・スイート・ホーム』というイングランドの民謡を紹介

投稿日:2018年1月31日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
ジョン・マン(劇団ひとり)が歌う
『ホーム・スイート・ホーム』とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第6話で登場した劇団ひとりが演じるジョン・マン(のちのジョン・万次郎)。

ジョン・マン(ジョン・万次郎)は、牢の中で西郷吉之助と出会い、色々質問されますが一切答えようとせず、悲しいメロディーの歌を口ずさんでいます。

今回は、ジョン・マン(ジョン・万次郎)が歌っている英語の民謡「ホーム・スイート・ホーム」について紹介します。

 

 

出典:https://jp.123rf.com/

スポンサーリンク

 

 

 ジョン・マン(ジョン万次郎)の歌

ジョン・マン(ジョン・万次郎)が獄中で歌っていたのは「Home! Sweet Home!(ホーム・スイート・ホーム)」という歌。

1823年に作詞・作曲されて、同年初演のオペラ『Clari, Maid of Milan(ミラノの乙女)』の中で歌われた曲のです。

アメリカ人のジョン・ハワード・ペインが書いた詩から、イギリス人作曲家のヘンリー・ローリー・ビショップが曲をつけたイングランド民謡で、現在でも親しまれている名曲です。

しかし、ヘンリー・ローリー・ビショップが、この曲の構想を得たのはイタリアのシチリア民謡からだと言われています。

 

 

 

この「ホーム・スイート・ホーム」は「貧しくても、我が家こそは、世界中で最も楽しいところだ」と素朴な旋律に乗せて歌っています。

とても切ないような印象うけるこの歌は、どこかで聞いたことある気がします。

大河ドラマでは、ジョン・マン(ジョン・万次郎)が歌ったのは、土佐の自分の家に帰りたいという気持ちが溢れたからなのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本の「ホーム・スイート・ホーム」

この「ホーム・スイート・ホーム」は、アメリカではバディ・ボールデン楽団の演奏会のラスト・ナンバーとして演奏されており、日本でも里見義訳詞の唱歌『埴生の宿』として広く知られているそうです。私は知りませんでしたが。

この「ホーム・スイート・ホーム」を訳した『埴生の宿』は1889年(明治22年)に東京音楽学校が出版した『中等唱歌集』に収載されました。

その後、太平洋戦争に伴い、洋楽レコードが「敵性レコード」として廃棄が呼びかけられる中にあって、『埴生の宿』はすでに国民生活になじんでいるとされ「敵性レコード」から除外されました。

小説『ビルマの竪琴』では、日本兵と敵兵が共に歌うという象徴的なシーンでこの歌が使われ、2006年(平成18年)には日本の歌百選の一つに選ばれています。

 

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】 西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介! 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、登場する西郷隆盛の家族兄弟。 その中 …

王政復古の大号令|大河ドラマ西郷どん(せごどん)岩倉具視が起こす慶喜の大政奉還後のクーデター!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 王政復古の大号令 大河ドラマ西郷どん(せごどん)、「大政奉還」によって一気に形勢逆転されてしまった西郷吉之助たち薩長の討幕派は、このままでは徳川慶喜に新体制での実権を奪 …

別府晋介|西郷どん(せごどん)西郷隆盛を涙ながらに介錯する篠原悠伸演じる別府晋介の生涯を簡単にご紹介!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 別府晋介 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、篠原悠伸が演じるのは元薩摩藩士で西郷隆盛を慕う「別府晋介」という男。 桐野利秋(中村半次郎)の従兄弟であった「別府晋介」は、 …

井上馨の汚職事件【尾去沢(おさりざわ)銅山事件】とは|西郷どん(せごどん)

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨と尾去沢銅山事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、西郷隆盛は留守政府を預かり仕事に追われていましたが、政府内では後藤象二郎、板垣退助ら「土佐」と江藤新平 …

大河ドラマ西郷どん【候姫(こうひめ)】ジョンの母・中浜汐を調査した島津斉彬の妹・候姫は山内容堂の養母となり土佐藩政に大きな影響を与え続ける

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 候姫(こうひめ)とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第6話で、劇団ひとりが演じるジョン・マン(ジョン・万次郎)は、取調べの中で土佐出身の漁師であることが分かります。 …

スポンサーリンク