西郷どん(せごどん37話あらすじネタバレ)天璋院篤姫との再会と江戸無血開城!吉之助の決断が江戸の町を戦火から救う第37話

      2018/10/01

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)
第37話「江戸無血開城」あらすじ

平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第37話「江戸無血開城」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」ではそのようなことはありもはん。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第37話「江戸無血開城」
NHK公式 あらすじ

江戸総攻撃を前に、吉之助(鈴木亮平)は幾島(南野陽子)の手引きで秘密裏に天璋院(北川景子)との対面を果たす。吉之助は天璋院に江戸城から逃げるように伝えるが、徳川の名にかけて戦うと答え、自ら自決する覚悟だと迫る。そして、江戸総攻撃の前日、吉之助は勝(遠藤憲一)と薩摩藩邸で対面する。江戸の民を救うために総攻撃を中止することを求める勝に対して吉之助は大きな決断を迫られる。

NHK公式サイト 大河ドラマ「西郷どん」第37話「江戸無血開城」より抜粋

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第37話「江戸無血開城」
あらすじ【ネタバレ注意】

この37話は詳細な内容、あらすじについてはNHKからは公式に発表されていません。

しかし、NHK公式の簡単なあらすじと、原作となっている林真理子の「西郷どん」などから考えると、だいたい以下の記事にのとおりになると思っています。

篤姫や幾島など懐かしいメンバーとの再会と、ついに実現される「江戸無血開城」、そして時代が明治へと移り変わる重要な回になりますので、予習にお使いください。

 

西郷どん(せごどん)34話35話36話37話あらすじネタバレ!龍馬暗殺、大政奉還、江戸城無血開城、そして明治へ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 34話35話36話37話 あらすじネタバレ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第34話からは、西郷吉之助が幕末、明治維新の流れに翻弄される

西郷どん(せごどん)37話あらすじネタバレ関連記事「江戸無血開城」と「慶喜と勝海舟のその後」についての記事で話を深く知ろう!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第37話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第37話

 

スポンサーリンク

次回 西郷どん(せごどん)第38話「傷だらけの維新」あらすじ↓

大河ドラマ「西郷どん」第38話「傷だらけの維新」あらすじ

西郷どん(せごどん)
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ「西郷どん」第37話【感想】

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ