西郷どん(せごどん)27話あらすじネタバレ関連記事「来島又兵衛と川路利良」「池田屋事件と禁門の変」についての記事で27話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第27話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第27話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

27話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん27話あらすじネタバレ)桂小五郎との出会い!人間不信の慶喜がキレた禁門の変!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第27話「禁門の変」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第27話「禁門の変」のあらすじ・ネタバレについて書いていき

スポンサーリンク

 

慶喜の側近「平岡円四郎」殺害事件の犯人

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第26話から続いている一橋慶喜の側近「平岡円四郎」殺害事件の犯人捜し。

容疑者は長州藩士、土佐藩士、肥後藩士など様々な憶測がなされ、さらに桂小五郎は西郷吉之助の薩摩藩にもその容疑はかけられていると教えてくれます。

薩摩藩で疑われていたのは「人斬り半次郎」こと「中村半次郎」。

吉之助が昔助けた少年剣士の成長した姿でした。

下の記事では、被害者「平岡円四郎」と容疑者「中村半次郎」、そして「真犯人とその動機」について紹介しています。

【平岡円四郎】西郷どん(せごどん)で一橋慶喜の身代わりに暗殺された家臣は「橋公行状記」を著した慶喜第一の側近!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 平岡円四郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第26話で、大久保一蔵は必死に他藩の藩士たちを接待していますが、その中の一人が一橋慶喜の側近

大河ドラマ西郷どん(せごどん)中村半次郎(桐野利秋)一撃必殺!西郷に助けられた貧乏侍は新選組も恐れた人斬り半次郎
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 中村半次郎(桐野利秋) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第3話「子供は国の宝」で、登場したのは幼少期の中村半次郎。 芋泥棒と呼ばれ、大

一橋慶喜の側近・平岡円四郎を殺した犯人は誰?動機は?大河ドラマ西郷どん(せごどん)で慶喜が人間不信に陥った原因を作った男たち
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 慶喜の側近・平岡円四郎を殺した犯人は誰?動機は? 大河ドラマ西郷どんの第26話で、一橋慶喜(松田翔太)の側近・平岡円四郎という人物が、慶

 

新選組が名を馳せた「池田屋事件」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で発生する長州藩による挙兵「禁門の変」は、事前に起きた「池田屋事件」が引き金となっていました。

新選組が長州藩士らを襲撃した「池田屋事件」によって、尊王攘夷派は大打撃を受けて長州藩が暴走する事態になってしまったのです。

下の記事では、新選組が有名になった「池田屋事件」と、事件直前に捕らえた尊王攘夷派の闇商人「古高俊太郎」について紹介しています。

【池田屋事件】西郷どん(せごどん)新選組を一躍有名にした大事件!土方の「待たせたな!」をもう一度!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 池田屋事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で発生するのは、歴史に名高い「池田屋事件」。 新選組を有名にしたこの事件は、これま

【古高俊太郎(枡屋喜右衛門)】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で新選組に捕らえられ拷問を受けた尊王攘夷派志士
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 古高俊太郎(枡屋喜右衛門) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で、過激な長州藩士たちは京都に火をつけ、天皇まで長州に連れ去る計画を

 

池田屋事件で死んだ「吉田稔麿」と「宮部鼎蔵」とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話では、幕末な有名な事件「池田屋事件」はかなりハショって描かれることになりますが、この事件は尊王攘夷派の志士だけでなく、日本を揺るがした一大事件でした。

この事件のせいで明治維新が遅れたとか、反発から逆に明治維新が早まったとも言われるほど、時代の重要なターニングポイントになっています。

下の記事では、大河ドラマで語られることのない池田屋事件の被害者「吉田稔麿」と「宮部鼎蔵」について紹介しています。

西郷どん(せごどん)吉田稔麿(よしだとしまろ)池田屋事件の被害者は吉田松陰も認めた長州藩の比類なき奇才!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 吉田稔麿(よしだとしまろ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話では、新選組による襲撃事件「池田屋事件」が起こります。 事件の舞台

【宮部鼎蔵(みやべていぞう)】西郷どん(せごどん)で京に向かった熊本藩士は池田屋事件で散る尊王攘夷派の巨頭
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 宮部鼎蔵(みやべていぞう) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第22話「偉大な兄 地ごろな弟」で西郷吉之助は「国父」島津久光に命じられ下関

 

スポンサーリンク

 

長州藩の暴走「禁門の変」とは

池田屋事件によって尊王攘夷派の志士たちが斬殺されたことに怒り、長州藩の強硬派は憤って京に向けて出兵を決定。

目的は八月十八日の政変以来、着せられてしまった長州藩の汚名をそそぎ、許しを得ることでした。

戦になることを怖れた西郷吉之助は、京を守る一橋慶喜に会談して開戦を避けようとしますが、側近・平岡円四郎を身内に殺されていた一橋慶喜は誰も信用しようとはせず、交戦することになります。

下の記事では、西郷吉之助が嘆いた「禁門の変」と、薩摩藩が布陣した「蛤門と乾門」について紹介しています。

【禁門の変】大河ドラマ西郷どん(せごどん)長州力も銃には勝てずw京都が戦火に見舞われ吉之助が嘆いた長州藩の暴発
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 禁門の変(蛤御門の変) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で勃発する禁門の変(蛤御門の変) 京に攻め入ってくる長州藩の暴発に、西

【蛤門と乾門】大河ドラマ西郷どん(せごどん)の禁門の変で激戦地となった京都御所の門の名前の由来とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 蛤門と乾門 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で勃発する禁門の変(蛤御門の変) 京に攻め入ってくる長州藩の暴発に、西郷吉之助率い

 

禁門の変で死ぬ「来島又兵衛」と狙撃手「川路利良」とは

西郷吉之助の願いはむなしく起こってしまった「禁門の変」。

仕方なく出陣した吉之助は、長州藩の大将だけに狙いを定めて戦闘を早く終わらせようとしました。

この時、薩摩藩によって狙われたのがプロレスラー長州力が演じる「来島又兵衛」。

「来島又兵衛」はリキラリアットを炸裂させるなど大暴れしますが、吉之助の狙い通り、薩摩藩士の「川路利良」によって撃たれてしまいます。

下の記事では、禁門の変で命を落とす長州藩の暴れん坊「来島又兵衛」と、この禁門の変での活躍からのちに初代警視総監にまで登りつめる「川路利良」について紹介しています。

ちなみに「川路利良」はかなり汚い話が多いのでw、「来島又兵衛」と共に爽やかに散った長州藩士「久坂玄瑞」についても紹介しています。

長州力が西郷どん(せごどん)で演じる来島又兵衛とは?禁門の変でリキラリアット炸裂させる暴れん坊の長州藩士の生涯
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 来島又兵衛 大河ドラマ西郷どん(せごどん)でプロレスラー長州力が演じるのは、長州藩士・来島又兵衛(くるしままたべえ)。 第27話で起こ

【川路利良】大河ドラマ西郷どん(せごどん)長州力の来島又兵衛を撃った男は下ネタ満載の日本警察の父w
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 川路利良 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で西郷吉之助が率いる薩摩藩兵の中には川路利良という人物がいます。 この川路利良は、禁

【久坂玄瑞】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷信吾と一緒に酒を飲んでいたのは長州藩の英傑、尊王攘夷派の中心人物
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 久坂玄瑞 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第22話「偉大な兄 地ごろな弟」で西郷吉之助の弟・西郷信吾(錦戸亮)が京都で調子に乗っている時

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ