西郷どん関連

【古高俊太郎(枡屋喜右衛門)】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で新選組に捕らえられ拷問を受けた尊王攘夷派志士

投稿日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
古高俊太郎(枡屋喜右衛門)

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で、過激な長州藩士たちは京都に火をつけ、天皇まで長州に連れ去る計画を企んでいましたが、「新撰組」によって未然に阻止されてしまいます。

これが有名な「池田屋事件」なのですが、「新撰組」はこの事件の前に尊王攘夷派志士・古高俊太郎(枡屋喜右衛門)という男を捕らえて計画を自白させていました。

この記事では、長州藩のためにスパイ活動や武器の調達を行っていた闇の商人・古高俊太郎(枡屋喜右衛門)について簡単に紹介します。

 

 

出典:http://www.digistyle-kyoto.com/

【池田屋事件】西郷どん(せごどん)新選組を一躍有名にした大事件!土方の「待たせたな!」をもう一度!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 池田屋事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で発生するのは、歴史に名高い「池田屋事件」。 新選組を有名にしたこの事件は、これま

スポンサーリンク

 

古高俊太郎(枡屋喜右衛門)

古高俊太郎は、文政12年(1829)に近江国大津代官所の役人・古高周蔵の子として生まれました。母は公家の広橋家家来の娘。

父・周蔵の転職にともなって京都に移住した古高俊太郎は、梅田雲浜に弟子入りし尊皇攘夷思想に目覚めていきます。

そして文久元年(1861)、古高俊太郎は筑前福岡藩黒田家の御用達である京都河原町の枡屋を継いで「枡屋喜右衛門」を名乗りました。

表の顔は枡屋喜右衛門として古道具や馬具を扱う商人でしたが、裏の顔(古高俊太郎)は熊本藩士・宮部鼎蔵らと交流して京都における尊王攘夷運動を先導する志士でした。

また、古高俊太郎は商人・枡屋喜右衛門として諸大名や公家の屋敷に出入りし、情報収集に努めていました。

しかし、元治元年(1864)、枡屋は近藤勇が率いる新撰組に突如踏み込まれました。

このとき、新撰組には枡屋にあった武器弾薬を押収され、諸藩浪士との書簡や血判書も見つかってしまいました。

このため、古高俊太郎は新撰組の屯所・前川邸に連行されることになります。

2階から逆さ吊りにされ古高俊太郎は、足の甲から五寸釘を打たれ、貫通した釘にロウソクを立てられる等の過酷な拷問を受け、ついに自白。

古高俊太郎が自白した内容は、京を追われていた長州藩士らが強風の日に火を放ち、佐幕派公卿の中川宮を幽閉、京都守護職の松平容保ら佐幕派大名を殺害して天皇を長州へ連れ去ろうとするものでした。

この暴挙ともいえる計画には、実行のために多数の志士がすでに上洛しており、市中で集会が開かれていることも分かります。

これを聞いた新撰組は、すぐさま志士たちが集まる池田屋へ急行し、長州藩士らを襲撃して計画を阻止することに成功しました。

古高俊太郎はその後、罪人として六角獄舎に収容されましたが、長州藩が暴発し京に攻め入った元治元年7月20日(1864年8月21日)の禁門の変の際に、火災に乗じて逃亡することを恐れた役人によって殺害されてしまいました。享年36。

 

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大河ドラマ西郷どん(せごどん)論語とは?名君・斉彬がすぐに改革をしなかった理由は、論語の『襲封(しゅうほう)して3年~』の一節から

大河ドラマ西郷どん なぜ、斉彬はすぐに改革しなかったのか? 論語『襲封(しゅうほう)して3年~』の意味 大河ドラマ西郷どんの第5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」の冒頭、新藩主に就任した島津斉彬に対し、有村俊 …

西郷どん(せごどん)紀尾井坂とは?名前の由来は「紀州」「尾張」「井伊」から!のちに大久保利通が命を落とした坂道!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 紀尾井坂とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第9話で伊武雅刀が演じる前水戸藩主・徳川斉昭は、島津斉彬のお使いでやってきた西郷吉之助に対して、幕府と井伊直弼の文句をぶち …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)調書広郷(ずしょひろさと)薩摩藩の財政再建を果たした功労者でありながら嫌われ者。主君をかばい死を選んだ忠臣・調書広郷とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 調書広郷(ずしょひろさと) 大河ドラマ西郷どんの序盤、藩主の座からなかなか降りようとしない島津斉興の懐刀的な活躍を見せるのが、竜雷太が演じる調書広郷(ずしょひろさと)。 …

大村益次郎|西郷どん(せごどん)林家正蔵が軍神?火吹きダルマのあだ名を持つ幕末の大軍略家の生涯とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大村益次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で噺家・林家正蔵が演じるのが、長州藩士の大村益次郎。 西郷隆盛、坂本龍馬などと比べればマイナーな人物ですが、実はこの人、見た目 …

大河ドラマ西郷どん【瀉血(しゃけつ)】橋本左内がタマに施したヨーロッパの根拠無き治療方法・瀉血とは?

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 瀉血(しゃけつ) 大河ドラマ西郷どんの第10話で、「ヒー様」の正体を確かめるため再び品川宿の磯田屋を訪れた西郷吉之助は、大山格之助と共に座敷である出来事に遭遇します。 …

スポンサーリンク