西郷どん(せごどん)40話あらすじネタバレ関連記事「御親兵」と「廃藩置県」についての記事で40話を深く知ろう!

      2018/10/05

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第40話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第40話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

40話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん40話あらすじネタバレ)西郷隆盛が東京へ!🍙おにぎりが結ぶ大久保利通との絆に感動する第40話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第40話 あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第40話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバ

スポンサーリンク

 

廃藩置県」と「御親兵

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第40話では、明治維新最大の改革と呼ばれた「廃藩置県」についての経緯が描かれています。

実際の「廃藩置県」への経緯とは違い、かなり西郷隆盛と大久保利通の活躍が脚色されていますが、そこはドラマですからご愛敬。

冒頭から大久保利通が全国の『藩』をぶっ潰したいと爆弾発言し、西郷隆盛がこれに協力。

「御親兵」を組織して、「反対する奴は俺が潰す。それが維新に関わった者の責任。」と言わんばかりの西郷どん。

大久保に言った「思う存分にやれ」は、親友を心から信じる西郷隆盛の人柄がよく表れています。

下の記事では、本当の明治維新とも言われる「廃藩置県」と、西郷隆盛が中心となって組織した「御親兵」について紹介しています。

廃藩置県|西郷どん(せごどん)藩の消滅と県の設置。本当の明治維新は廃藩置県から!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 廃藩置県 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第40話では、大久保利通が日本の近代化のために『藩』をぶっ潰す政策「廃藩置県」を進めようと

御親兵|西郷どん(せごどん)廃藩置県のため西郷隆盛が中心となり組織された近代日本最初の国軍
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 御親兵 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第40話、日本全国の藩を取り潰す「廃藩置県」を考える大久保利通は西郷隆盛に対し、薩摩とも戦う

 

島津久光」と「島津茂久

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第40話で、「廃藩置県」を推し進めようとする大久保利通。

大久保は反対する勢力には武力で抑え込むことも考え、薩摩も例外ではありませんでした。

そんな大久保に不信感を募らせていたのが、薩摩の国父であった「島津久光」。

若い頃から気をかけ、藩政を任せてきた大久保の『藩』を無くそうとする政策に、久光は「恩知らずが」と罵り、二人はついに決別。

その後、政府は「廃藩置県」を断行して、薩摩藩(鹿児島藩)は消滅してしまいます。

下の記事では、飼い犬に手を噛まれた感のある「島津久光」と、その子で藩主だった「島津茂久(忠義)」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津久光 マザコン?「国父」として幕末の薩摩藩を引っ張った西郷生涯の敵・島津久光とは
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津久光 大河ドラマ西郷どんで、西郷吉之助(隆盛)の「生涯の敵」」として描かれるのが青木崇高が演じる島津久光。 有能な兄・島津斉彬と比

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津茂久(忠義)斉彬の死後、藩主となるも実権は斉興、久光に握られた今上天皇の曽祖父
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津茂久 大河ドラマ西郷どんで、島津斉彬亡き後に薩摩藩主になる島津久光の子・島津茂久。 父・久光を差し置いて、茂久が藩主に就任したのは

 

熊吉」と「西郷菊次郎

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第40話では、鹿児島に戻っていた西郷隆盛が大久保利通に協力し「新しい日本」を作るため、東京の新政府に参画することになります。

上京直前、寂しそうにする「菊次郎」に優しい言葉をかけ、妻の糸にそれを微笑ましく見守られ、西郷隆盛は「熊吉」だけを連れて東京に旅立って行きました。

下の記事では、はじめて薩摩を出る西郷家の下男「熊吉」と、西南戦争では熊吉に助けられる西郷隆盛の子「西郷菊次郎」について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)永田熊吉と下男とは?その生涯を西郷家に尽くした義理人情にあつい使用人・熊吉とその職業について紹介
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 永田熊吉と「下男」とは? 大河ドラマ西郷どんで、西郷家に仕える下男・永田熊吉を演じるのは塚地武雅。 芸人枠での登場wで、さえない男なの

【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

 

スポンサーリンク

 

大久保満寿」と「おゆう

東京に着いた西郷隆盛は、自分の知っていた「江戸」ではなく、近代化した「東京」に驚かされます。

そして大久保邸に歓迎パーティーに招かれますが、この時に西郷隆盛に紅茶を入れてくれたのが、京都で大久保の妾となり東京に来ていた「おゆう」。

既に二人の間には『達熊』という子供も生まれていました。

また、大久保は妻の「満寿」に「子供を連れて上京してこい」と言っていたようですが、そこは「満寿」の女の意地で「薩摩で大久保家を守る」と断っています。

下の記事では、陰ながら家を守った大久保利通の正妻「大久保満寿」と、華やかな舞台に立つ愛妾「おゆう」について紹介しています。

大久保満寿(ます)西郷どん(せごどん)でミムラが演じた大久保正助(利通)の妻は、陰で夫を支え続けた「薩摩おごじょ」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保満寿 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第13話、謹慎させられ、岩山糸にはフラれ、あまりいいことのなかった大久保正助にやっとこさ春が

美魔女【おゆう】西郷どん(せごどん)で内田有紀が演じるおゆうが美しすぎる!そりゃ一蔵も不倫するわww
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 美魔女・おゆう(内田有紀) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助たち主要人物と様々な女性との関係がかなり描かれています。

 

大久保利通」と「木戸孝允

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第40話、西郷隆盛の協力を得て「廃藩置県」を進めようとする「大久保利通」でしたが、政府内では板垣退助、江藤新平らに散々文句を言われて議論が一向に進みません。

このため「大久保利通」は長州の重鎮「木戸孝允」と密かに組んで、板垣らを出し抜き勝手に「廃藩置県」の勅許を得てしまいます。

当然、板垣らは激怒しますが、「大久保利通」は「足手まといは辞めていただいて結構」とバッサリ。

下の記事では、手段を選ばぬ冷徹な「大久保利通」と、長州の熱い男「木戸孝允」の生涯を超簡単にまとめています。

【大久保利通】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で瑛太が演じる西郷隆盛の盟友にして最強のライバルを超簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保利通 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で瑛太が演じている大久保利通(正助・一蔵)。 西郷隆盛の親友として助け合い、時にぶつかり、時

桂小五郎(木戸孝允)大河ドラマ西郷どん(せごどん)で玉山鉄二が演じる長州藩の重鎮を超簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 桂小五郎(木戸孝允) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で薩長同盟、その後の明治新政府の中で重要な役割を果たす、玉山鉄二演じる長州藩士・桂小

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ