西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん(せごどん)九条尚忠 徳川慶福を次期将軍に薦めた幕府との協調路線を推進する公武合体派の公家

投稿日:2018年2月12日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
九条尚忠(くじょうひさただ)

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第15話で、将軍・徳川家定の後継者に一橋慶喜を推していた島津斉彬、西郷吉之助らは、井伊直弼が大老に就任にしたことによって形勢逆転され、徳川慶福が次期将軍になることを発表されてしまいます。

実はこの突然の形成逆転劇には、京都の公家が深く関わっていました。

今回は、井伊直弼に協力した幕府寄りの公家・九条尚忠(くじょうひさただ)について簡単に紹介します。

 

 

出典:http://blog.livedoor.jp/

スポンサーリンク

 

 

九条尚忠(くじょうひさただ)

九条尚忠は、左大臣・二条治孝の子として寛政10年(1798年)に誕生し、実兄の権大納言・九条輔嗣の養子となった。

九条尚忠は、娘の夙子(あさこ)を孝明天皇に嫁がせ、鷹司政通から関白職を受け継いで政務を補佐した。

しかし、女癖の悪さもあり、各方面より警戒されていたという。

 

安政5年(1858年)、アメリカをはじめとする諸外国との通商問題が起こると、幕府は日米修好通商条約の勅許を求めてきたため、九条尚忠は幕府との協調路線を推進し条約許可を天皇に求めた。

しかし、これに反発する88人の公卿たちの猛抗議によって条約勅許はならず、更に孝明天皇は九条尚忠が勅許を認めようとしていたことを知って激怒し、関白の職権を停止した。

その後、九条尚忠は復職するが、幕府との協調路線を変えることはせず、公武合体運動の一環である「和宮降嫁」を積極的に推進。

このため、九条尚忠は尊王攘夷過激派から糾弾され、謹慎を命じられた。

明治4年(1871年)に薨去。享年74歳。

孫娘の節子は、大正天皇の后となり昭和天皇を産むことになる。

 

 

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大山巌(弥助)西郷どん(せごどん)会津で八重に狙撃された西郷の従兄弟、日露戦争の「ボケ」担当の英雄の生涯とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大山巌(弥助) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では西郷吉之助(隆盛)の他、西郷吉二郎、西郷信吾(従道)などの西郷家の兄弟が丁寧に描かれていますが、幕末から明治に至るまで …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)ヒュースケン 将軍・徳川家定と対面したハリスの通訳・ヒュースケンは「浪士組」に襲われ命を落とす

大河ドラマ西郷どん(せごどん) ヒュースケン 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第14話で、13代将軍・徳川家定と対面してアメリカ大統領の親書を渡すハリス。 その傍らで通訳として同席したのがヒュースケン …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)江戸詰めと庭方役とは?西郷吉之助がのちに重用された理由は斉彬の密偵として働いていたから

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 「江戸詰め」と「庭方役」とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第10話で江戸にいた西郷吉之助は、島津斉彬から「庭方役」という役目を命じられました。 江戸に来た当初は、庭 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【やっせんぼ】弱虫!臆病者!役立たず!西郷を叱る薩摩の言葉「やっせんぼ」について

大河ドラマ西郷どん(せごどん) やっせんぼ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の中で、たびたびセリフとして出てくる薩摩の言葉「やっせんぼ」。 前回の「おんな城主直虎」では、「やってみねばわからぬではないか …

西郷どん(せごどん)文久の改革とは?斉彬の遺志?島津久光が兵を率いて上京し訴えた幕政改革とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 文久の改革 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、どちらかと言うと嫌われ役の部類に入る島津久光(青木崇高)。 この久光は、兄の斉彬が死んだ際には遺志を引継ぎ、京都に上って幕 …

スポンサーリンク