伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【念阿弥慈恩】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【念阿弥慈恩】です。

【念阿弥慈恩】は、剣術の父として名高く、関東や京に弟子を持った剣豪です。

では【念阿弥慈恩】について流派や出身地も含め簡単に説明します。


スポンサーリンク


念阿弥慈恩

名前:念阿弥慈恩

流派:念流

出身:常陸国といわれる

年代:鎌倉時代中期(1351~1448)

 

念流の元祖、念阿弥慈恩は元の名前を相馬四郎義元といった。父は相馬四郎左衛門忠重といい新田義貞に属して戦功のあった武将であったという。

相馬義元が5歳のとき、父・忠重が殺されて幼い相馬義元も追われる身となり、乳母に連れられてなんとか逃れることができた。

こうして、相馬義元は相州藤沢で遊行上人の弟子となり「念阿弥」と呼ばれるようになる。「阿弥」とは時宗の僧が称す号である。

この念阿弥は仏門にいながらも、父の敵討ちを誓っており、京に赴いて鞍馬寺で異形の者に剣術を学んだ。

鞍馬寺は源義経が修行したことで知られているが、この念阿弥が学んだ剣術も同じ鬼一法源より始まる京流の流れを汲む剣術であった。

念阿弥はさらに鎌倉において神僧より剣の秘伝を受ける。一説によれば、ここで鹿島の太刀の秘伝を受けたという。

さらに九州筑紫の安楽寺で修行を重ね、遂に剣の奥義を会得する。

このとき、念阿弥の心にあったのは、父・忠重の仇を討つことであった。

念阿弥は寺を後にして還俗し、父の仇敵を見つけだして見事に仇討ちを成功させた。しかし、この時に世の無常を感じ、今度は禅門に入り名を「慈恩」と改める。

そして、慈恩は諸国を巡る旅に出て、行く先々で自ら学んだ剣術を伝え門弟に加えていった。

慈恩には、関東に8人、京に6人の「十四哲」と呼ばれる高弟がいたと伝えられている。

その中には、陰の流を伝えた「猿御前」、中条流を伝えた「中条判官」、馬庭念流の祖の「樋口太郎兼重」の名前がある。

陰の流は、陰流、新陰流、柳生新陰流などの多くの流派に派生し、中上流ものちに富田流として伝承され一刀流をはじめとした多くの流派を生む。

また、門弟の赤松三首座は実弟であって、念首座流を興して、江戸時代には桑名藩に念首座流、仙台藩に首座流として伝わった。

慈恩は、自らを「念大和尚」と称して、晩年には信州伊那郡波合村に長福寺を建立して住職となった。

mig

出典:https://matome.naver.jp/


スポンサーリンク


幼い頃より仏門に入り、父の仇を討つため剣術を学ぶ。そして、父の仇を討った瞬間、胸の中に去来するのは、この世の無常。そしてまた仏門に・・・・。

煩悩の塊のような念阿弥慈恩。この人間臭さがいいです。

こんな人なのに上の画像のように美男子に描けるところがスゴイ。

もっとムサ苦しい髭モジャのイメージなんだけどな。


スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪