伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【東郷重位】日本最強は誰?流派は?

      2019/12/19

はじめに

この記事ではシリーズで伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【東郷重位】です。【東郷重位】は初太刀必殺、烈帛の剛剣を放つ示現流を生み出した伝説の剣豪です。それでは【東郷重位】について流派や出身地も含め簡単に説明していきます。

 

出典:http://wiki.ohmynobu.net/

スポンサーリンク

東郷重位 

名前:東郷重位

流派:示現流

出身:薩摩国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1561~1643)

自顕流との出会い

東郷重位は永禄4年(1561)に瀬戸口重為の三男として鹿児島で生まれました。

はじめは瀬戸口弥十郎、藤兵衛を名乗り、のちに瀬戸口姓から遠戚にあたる東郷姓に変わって東郷重位を名乗っています。

当時の薩摩は「タイ捨流」の丸目蔵人の高弟・東権右衛門正直が指南役を務めており、多くの者が「タイ捨流」を学んでいました。

重位も幼少の頃より「タイ捨流」を学んで免許皆伝を受けていましたが、天正16年(1588)、島津義弘に従って上洛した際に「天真正自顕流」を伝える善吉和尚に出会います。

この時、善吉22歳、重位は28歳であったといいます。

重位はホウキを八相に構えて気合を発する善吉の姿に惚れ込み、その場で指南を請うて許されました。

その後6カ月の間、善吉から「自顕流」を学んだ重位は『尊形・聞書・察見』の3巻の伝書と、40の技を伝えられ「自顕流」を託されました。

 

出典:https://ameblo.jp/

スポンサーリンク

示現流へ

重位は薩摩帰国後も「自顕流」の技を独自に磨いていました。

3年間、昼夜問わず屋敷にあった柿の木を木刀で打ち込んだため、柿の巨木は立ち枯れてしまったといいます。

やがて、重位の噂は薩摩藩士の知るところとなり、腕に覚えのある剣士から他流試合を申し込まれるようになりました。

重位はそれをことごとく打ち破り、求められれば門弟として迎えて剣を伝えていきます。

そして多くの門弟を抱えた重位の名は、ついに島津家当主・家久の耳に届くようになり、家久の命によって元師匠である「タイ捨流」の師範・東権右衛門と立ち合うこととなるのです。

 

重位と権右衛門の立合は47回に及びましたが、結局は重位が勝利して島津家の剣術指南役として迎え入れられ、権右衛門はほどなくして国を出ることになりました。

なお、このとき逆上した家久が重位に斬りかかりましたが、丸腰の重位はとっさに腰に差していた扇子で家久の手を打ち据えて刀をかわしたという逸話も伝わっています。

その後、臨済宗の僧・南浦文之によって「示現流」という流派名を命名され、家久に重用された重位の剣は薩摩に急速に広まっていきました。

生涯40余りの立合を経験し、10人余りを上意により討ち取った重位ですが、性格は非常に礼儀正しく、物事を荒立てない人格者であったといわれ、薩摩藩家老から極秘事項に関わる相談事を受けるなど、剣術以外でも頼りにされた人物でした。

 

出典:http://gakiranger.com/

スポンサーリンク

おわりに

薩摩の示現流というと「チェスト」の気合とともに初太刀で勝負を決める、「技」というより「力」と「気迫」の剣術のイメージがあります。

そのイメージが「一発目が外れたら死亡」→「一か八か」のような野蛮な剣術に誤解されているのかな。

どうも幕末の「人斬り半次郎」ってイメージが、東郷重位のイメージを上書きしてしまったような気がします。

でも実際に中村半次郎が学んでいたのは薬丸自顕流で厳密にいえば少し流派が違うんですけどねぇ。

スポンサーリンク

剣豪名をクリックすると個別の剣豪紹介記事が見れます↓

時代 剣豪名 流派
平安 鬼一 法眼 京八流
源 判官 義経 太刀の術
室町 念阿弥 慈恩(相馬 義元) 念流
中条 兵庫頭 長秀 中条流
飯篠 長威斎 家直 天真正伝香取神道流
松本 備前守 政信 鹿島神流
愛洲 移香斎 久忠 陰流
戦国 塚原 卜伝 高幹 鹿島新當流
山本 勘助 晴幸 京流
竹内 中務大夫 久盛 竹内流
上泉 伊勢守 信綱 新陰流
宝蔵院 胤栄 宝蔵院流
富田 五郎左衛門 勢源 富田流
奥山 休賀斎 公重 神影流
柳生 石舟斎 宗厳 柳生新陰流
北畠 具教 鹿島新當流
師岡 一羽 常成 一羽流
足利 義輝 鹿島新當流・新陰流
疋田 豊五郎 景兼 疋田陰流
丸目 蔵人 長恵 タイ捨流
林崎 甚助 重信 神夢想林崎流
根岸 兎角(信太 朝勝) 微塵流
伊藤 一刀斎 景久 一刀流
斎藤 伝鬼坊 勝秀 天流
真壁 暗夜軒 氏幹 霞流
富田 越後守 重政 富田流
樋口 又七郎 定次 馬庭念流
吉岡 憲法 直綱 吉岡流
江戸 東郷 重位 示現流
小野 忠明(神子上 典膳) 小野派一刀流
小笠原 源信斎 長治 真新陰流
柳生 但馬守 宗矩 柳生新陰流
片山 伯耆守 久安 片山伯耆流
鐘捲 自斎 通家 鐘捲流
柳生 兵庫助 利厳 柳生新陰流
松山 主水 大吉 二階堂平法
夢想 権之助(山本 勝吉) 神道夢想流
小栗 仁右衛門 正信 小栗流
宮本 武蔵 玄信 二天一流
高田 又兵衛 吉次 宝蔵院流
神谷 伝心斎 直光 直心流
針ヶ谷 夕雲 正成 無住心剣流
上泉 義胤(上泉 秀信) 民弥流
松林 蝙也斎 永吉 夢想願流
田宮 平兵衛 重正 田宮流
荒木 又右衛門 保知 柳生新陰流
佐々木 巌流 小次郎 巌流
伊藤 典膳 忠也 忠也派一刀流
柳生 十兵衛 三厳 柳生新陰流
薬丸 兼陳 薬丸自顕流
柳生 連也斎 厳包 柳生新陰流
関口 八郎左衛門 氏業 関口流
高田 三之丞 為長 柳生新陰流
伊庭 是水軒 秀明 心形刀流
今枝 佐仲 良台 初實剣理方一流
辻 月丹 資茂 無外流
高木 馬之輔 重貞 高木流
真里谷 円四郎 義旭 無住心剣流
堀部 安兵衛 武庸 馬庭念流
樋口 十郎兵衛 定暠 馬庭念流
楳本 法神 政武 法神流
寺田 五右衛門 宗有 天真一刀流
戸賀崎 熊太郎 暉芳 神道無念流
近藤 内蔵之助 長裕 天然理心流
平山 行蔵 講武実用流
岡田 十松 吉利 神道無念流
岡田 惣右衛門 寄良 柳剛流
浅利 又七郎 義信 中西派一刀流
白井 亨 義兼 天真一刀流
中西 忠兵衛 子正 中西派一刀流
千葉 周作 成政 北辰一刀流
大石 進 種次 大石新陰流
男谷 精一郎 信友 直心影流
高柳 又四郎 義正 中西派一刀流
伊庭 軍兵衛 秀業 心形刀流
幕末 斎藤 弥九郎 善道 神道無念流
大川 平兵衛 英勝 神道無念流
加藤田 平八郎 重秀 加藤田新陰流
遠藤 五平太 正贇 中西派一刀流
島田 虎之助 直親 直心影流
逸見 小源太 長英 甲源一刀流
橘 内蔵介 正以 柳剛流
浅利 又七郎 義明 中西派一刀流
勝 海舟 安邦 直心影流
桃井 春蔵 直正 鏡新明智流
大山 格之助 綱良 薬丸自顕流
宇野 金太郎 重義 片山伯耆流
斎藤 新太郎 龍善 神道無念流
清河 八郎 正明 北辰一刀流
黒河内 伝五郎 兼規 神夢想一刀流
仏生寺 弥助 神道無念流
上田 馬之助 美忠 鏡新明智流
高杉 晋作 春風 神道無念流・柳生新陰流
桂 小五郎(木戸 孝允) 神道無念流
佐々木 只三郎 泰昌 神道精武流
斎藤 歓之助 歓道 神道無念流
千葉 栄次郎 成之 北辰一刀流
河上 彦斎 玄明 我流
近藤 勇 昌宜 天然理心流
坂本 龍馬 直柔 北辰一刀流
高橋 泥舟(高橋 伊勢守) 自得院流
土方 歳三 義豊 天然理心流
沖田 総司 房良 天然理心流
永倉 新八(長倉 載之) 神道無念流
伊庭 八郎 秀穎 心形刀流
斎藤 一(藤田 五郎) 無外流
岡田 以蔵 宜振 鏡新明智流
中村 半次郎(桐野 利秋) 薬丸自顕流
明治 山岡 鉄舟 高歩 一刀正伝無刀流
榊原 鍵吉 友善 直心影流
松崎 浪四郎 直之 加藤田新陰流
渡辺 昇 武常 神道無念流
奥村 左近太 奥村二刀流・直心影流
得能 関四郎 通久 直心影流
牟田 文之助 高惇 鉄人流
根岸 信五郎 資剛 神道無念流
門奈 正 水府流・北辰一刀流
高山 峰三郎 直心影流
逸見 宗助 立身流
高橋 赳太郎 高運 無外流
本間 三郎 本間念流
川崎 善三郎 重徳 無外流
高野 佐三郎 豊正 中西派一刀流
内藤 高治 北辰一刀流
山田 次朗吉 鹿島神傳直心影流
中山 博道 神道無念流

 

スポンサーリンク

 - 剣豪