伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【足利義輝】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【足利義輝】です。

【足利義輝】は、室町幕府の将軍というとんでもない身分にありながら伝説を残した剣豪です。

では【足利義輝】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://prcm.jp/list/

スポンサーリンク

足利義輝 

名前:足利義輝

流派:鹿島新當流、新陰流

出身:山城国

年代:戦国時代(1536~1565)

 

足利義輝は、 室町幕府12代将軍・足利義晴の子として生まれ、11歳のときに将軍職を譲られた。

この頃、畿内では細川家臣・三好長慶が権勢を振るっており、将軍は有名無実の傀儡ような立場だった。

しかし、成長した義輝これをよしとせず、足利幕府再興、将軍権威の復活を目指して諸国の戦国大名との修好に力を入れていった。

さらに義輝は、このような状況の中で剣の道に目覚め、自らの鍛錬を重ねていく。

 

出典:https://game.watch.impress.co.jp/

スポンサーリンク

 

 

この頃、幕府との結びつきの強かった伊勢国の北畠具教のもとには、様々な武芸者が集まっていた。

そんな中、武芸者の中でも超有名人だった塚原卜伝が、義輝のために剣を教えに京へ来てくれることになる。

手を合わせることすら難しいとさえいわれていた卜伝を前に、義輝は剣術に没頭。

3か月間も指導を受け、ついに鹿島新當流秘伝「一之太刀」を授けられた。

卜伝も義輝の剣に対し「義輝公の太刀筋、豪達にして優美、惜しむべきはその御身なり」とまで言っている。

 

次に義輝は、柳生石舟斎宗厳のところに身を寄せていた新陰流・上泉伊勢守信綱を京に招いた。

信綱はのちにタイ捨流を開いた丸目蔵人と共に、義輝の前で演武を見せ、新陰流の剣を手とり足とり教えてくれた。

一つ一つの技を丁寧に教える信綱に感じ入った義輝は「兵法新陰流軍法軍配天下第一」と称賛したという。

 

 

出典:https://www.youtube.com/

スポンサーリンク

 

 

義輝の剣術が磨かれていった一方で、畿内の情勢は大きな動きを見せていく。

三好長慶亡き後、傀儡としての将軍を擁立しようとする松永久秀と三好三人衆にとって、将軍権威の再興に目指す義輝は非常に邪魔な存在だった。

永禄8年(1565年)、三好三人衆は清水寺参詣を名目に集めた軍勢を率いて、二条御所に押し寄せる。

この時、義輝は円を描くように十数本の名刀を畳に突き立てて、綿の帷子、黒の袴をいういでたちで応戦した。

塚原卜伝、上泉信綱から手ほどきを受けていた義輝は、攻め寄せる敵を次から次へと斬り伏せていく。

さらに、刀が血と脂で斬れなくなると、次々に新しい刀に取り替えて相手を斬り倒した。

近づくことさえ許さない義輝には、矢が射かけられたが、それすら叩き落とすほどの奮戦ぶり。

しかし、最後は畳で四方を取り囲まれて押さえつけられ、その上から突き刺されて絶命した。

有名な辞世は「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」

享年30歳。

 

 

出典:https://戦魂-sentama-攻略.gamematome.jp/

スポンサーリンク

将軍の位が有名無実化する中で、もう一度権威を取り戻そうと逆境に立ち向かう精神が義輝を剣の道に目覚めさせたのでしょう。

最後は「正宗」、「信国」といった名刀を惜しげもなくブンブン振り回して敵をぶった斬る義輝。

その壮絶な最期は、正に武家の棟梁たる「将軍」の名にふさわしいものだと思います。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪