伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【柳生石舟斎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【柳生石舟斎】です。

【柳生石舟斎】は柳生新陰流を創始し、柳生家が徳川家の剣術指南役として活躍するきっかけを作った伝説の剣豪です。

では【柳生石舟斎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://nioh-wiki.com/

スポンサーリンク

柳生石舟斎 

名前:柳生石舟斎宗厳

流派:柳生新陰流

出身:大和国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1527~1606)

 

柳生石舟斎の柳生家は古くは平姓を名乗った豪族であったという。

石舟斎は、柳生家の頭領として大和柳生庄に生まれ、若い頃から剣豪として名を知られて「五畿内一の兵法者」と」呼ばれていた。

この頃の石舟斎の剣は新當流、もしくは中条流であったと言われている。

石舟斎は父と共に三好長慶、松永久秀に属して軍功を上げ、のちに織田信長に仕えていたが、しばらくして病気を理由に柳生庄に隠棲した。

 

ある日、新陰流の名高い剣豪・上泉伊勢守信綱が宝蔵院を訪れていることを知った石舟斎。

居ても立ってもおられず、宝蔵院を訪れて信綱に試合を申し込んだ。

快く了承した信綱は、剣をだらりと構えた姿勢から石舟斎の構えの変化に合わせて自在に剣を操り、隙があるようでない不思議な感覚を石舟斎に抱かせる。

何もできない石舟斎が苦し紛れに打ち込もうとした瞬間、信綱の剣は石舟斎の拳を打ち、勝負は終わっていた。

それでも負けた理由が分からない石舟斎は「もう一手」と勝負を挑むが、三日間に及んだ立ち会いは完全な敗北であった。

 

この結果に石舟斎は心酔して入門を志願、信綱に新陰流の教えを求めた。

信綱はこの願いを許し、半年もの間、柳生庄に滞在して新陰流を石舟斎に教えたという。

半年後、信綱は石舟斎に無刀にて太刀に応ずる「無刀取り」の術について工夫するようにお題を出し、再会を約束して柳生庄を去る。

 

 

出典:https://moba-nobu.gamerch.com/

スポンサーリンク

 

 

その後、独自に研鑽を積んで「無刀取り」と完成させた石舟斎は師・信綱と再会。

この時石舟斎は、信綱の門弟・鈴木氏の打ち込みを無刀で捕らえて刀を奪う。

見事なその技に感心した信綱は、石舟斎に新陰流兵法第二世の印可を与えることとなった。

 

文禄3年(1594)、徳川家康は石舟斎の評判を聞いて京に招き、兵法を教えるよう求める。

石舟斎は五男・宗矩と共に参上し、家康の目の前で新陰流の奥義と「無刀取り」を披露し、これを詳しく解説した。

このとき、家康は信綱の高弟であった奥山休賀斎の剣を学んでおり、家康も自ら木刀を持って「無刀取り」を体験。

柳生家伝では、「無刀取り」によって家康は後ろに転んでしまったと伝わっている。

為す術もなく太刀を奪われた家康は感嘆し、その場で入門を願い出た。

しかし、石舟斎は老齢を理由にこれを断って、代わりに24歳の宗矩を推挙。

こうして柳生新陰流が徳川家の「御流儀」として後世まで伝わっていくことになった。

 

出典:http://漫画アニメの名言集.com/

スポンサーリンク

いつも「お爺さん」というイメージがつきやすい柳生石舟斎ですが、若い頃は宗厳の名で「五畿内一の兵法者」としてやんちゃしまくってたんでしょう。

その高く伸び切った鼻をへし折った「剣聖」上泉伊勢守信綱。

どこそのザコ剣士なら、恨んで復讐するところを、石舟斎は素直に負けを認めて弟子入りするところが偉い!

この人の素直さがなかったら、柳生新陰流はなかったわけですから。

師となった信綱の才能を感じ取って伸ばしてあげる「活人剣」も見事なもの。

まさに名人は名人を知るというところでしょうか。

血で血を洗う戦国時代において、この二人の師弟関係は本当に微笑ましいっす。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪