伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【山本勘助】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【山本勘助】です。

【山本勘助】は大河ドラマの主人公にもなり、武田信玄の軍師として有名ですが、実はこの人も剣豪だったようで・・・

では、【山本勘助】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://www9.atwiki.jp/

スポンサーリンク

山本勘助 

名前:山本勘助

流派:京流

出身:?

年代:戦国時代(1493~1561)

 

山本勘助は実在したのか、架空だったのかが長く議論されてきた人物。

しかし最近になり、古文書からその実在がほぼ証明されたといわれている。

ただ、その存在が確認されたにしても、勘助の半生は未だに謎に満ちている。

 

駿河か三河で生まれたという勘助は、若い頃に摩利支天像を懐に入れ、武者修行に出かけた。

高野山から四国、九州、中国へと周り、尼子家や毛利家にも仕えたことがあるという。

大河ドラマでも、片目で足を引きずる姿が印象的だが、なぜそうなったかは分からない。

ただ、10年後に養家の大林家に戻ったときには、そのような姿であったらしい。

おそらく西国武者修行中に何らかの事件があったのであろう。

 

 

出典:http://sengokusuki.seesaa.net/

スポンサーリンク

 

 

戻ってきた勘助は姓を「山本」に戻し、仕官の道を探して始めた。

しかし勘助の仕官の道はなかなか厳しく、北条家の剣術指南役・杉田七郎左衛門に依頼するも断られ、地元の駿河・今川家には風体をバカにされ仕官させてもらえなかった。

そんな中、勘助は運命の主君と出会う。

その名は武田信晴信のちの信玄。

風体を気にしない信玄に重宝された勘助は、これまで命を捧げてきた剣術ではなく、知略、軍略を持って大活躍。

若い頃より諸国を旅した中で知識が蓄積されていたため、特に築城術や戦法に優れていたといわれる。

 

 

その後、信濃を制圧した信玄は、越後の雄・上杉謙信を対立するようになった。

そして永禄4年(1561年)、謙信は川中島に出陣して妻女山に入り、海津城を脅かした。

すると信玄もすぐに海津城に入って、戦局は膠着状態に陥った。

ここで勘助と馬場信春は謙信を打ち破る作戦を立案する。

それは軍勢を二手に分けて別働隊を夜の闇に乗じて妻女山へ接近させ、夜明けと共に攻めて上杉軍を妻女山から下ろし、平地に布陣した本隊で挟撃するもの。

啄木鳥(キツツキ)がくちばしで木を叩き、驚いた虫が飛び出てきたところ食べることに似ているため、のちに「啄木鳥戦法」と名づけられた。

しかし、勘助以上の軍略の天才・上杉謙信はこの策を見抜いていた。

 

早朝、本隊で待ち受けていた勘助が見たものは、突如として現れた上杉軍だった。

車懸りの陣で次々と襲ってくる見事な攻勢に、勘助は思わず見とれるほどであったという。

みるみるうちに陣形が崩壊していく武田軍であったが、妻女山に向かっていた別動隊が到着するまでの必死に耐えていた。

しかし勘助は自責の念に駆られたのか、わずかな手勢を率いて自殺行為とも等しい突撃を敢行。

奮戦して13騎を倒すが、遂に討ち取られてしまった。

 

ちなみに、当てずっぽうな意味で使う「ヤマカン」は、山本勘助の名が由来しているとも言われている。

 

 

出典:https://rekijin.com/

スポンサーリンク

軍師としてのエピソードが多く語られることが多く、剣豪としてのエピソードは全くない山本勘助ですが、「伝説」の剣豪という意味ではホントに伝説w

片目、片足が不自由になるほど激しい立ち合いを行っていたと感心してしまいそうですが、他の「伝説の剣豪」たちは余り傷を負うことはしていないので、そこそこの腕前だったのかも・・・

ちょっと剣豪としては物足りない人物であります。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪