伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【宮本武蔵】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【宮本武蔵】です。

【宮本武蔵】は改めて説明することもないであろう、日本一有名な剣豪です。

ここでは【宮本武蔵】について流派や出身地も含め、非常にアッサリと説明します。

 

 

出典:https://sengoku-g.net/men/view/22

スポンサーリンク

宮本武蔵 

名前:宮本武蔵玄信

流派:二天一流

出身:播磨国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1583~1645)

 

宮本武蔵は、天正12年(1584)に播磨国で生まれた。

竹山城主・新免伊賀守に仕えた重臣の新免無二斎の実子とも、13歳で養子になったともいわれている。

「五輪書」には「我、若年のむかしより兵法の道に心をかけ」と記されているように、武蔵は死別するまで無二斎やその門弟たちから兵法の修行を受けていた。

また同書には、13歳ではじめて斬り合いを行ったとあり、相手の有馬喜兵衛を一刀のもとに倒したと伝えられている。

さらに、16歳のときに秋山という兵法者と立ち会い、21歳で京に上って「天下の兵法者」と数度の勝負を行ったとある。

この「天下の兵法者」とは、武蔵の名が世に知られるきっかけとなった吉岡憲法のことと思われる。

「二天記」では21歳のときに京に上がって吉岡一門と勝負し、吉岡清十郎、伝七郎、又七郎に打ち勝ったと記されている。

さらに同年、奈良の興福寺奥蔵院で宝蔵院流の槍と試合し、これに勝ったともいわれる。

 

出典:http://monnsutogatya.com/

スポンサーリンク

 

 

その後も武蔵は武者修行のため諸国を廻り、鎖鎌の宍戸梅軒、神道夢想流の夢想権之助、柳生の大瀬戸辻風らと試合を行った。

また、この間に下総国において開墾を行い、禅にものめり込んで心の修行も行っていたという。

そして慶長17年(1612)、武蔵は小倉の船島にて巌流・佐々木小次郎と試合し、これを打ち負かした。

「二天記」では、佐々木小次郎は当時18歳だったとされているが、小次郎に宛てた鐘捲自斎の伝書が残っていることから、実際は小次郎が武蔵より年上であったと考えられる。

小次郎に勝った武蔵は、こののちほとんどの試合を行わず、「五輪書」にも試合は13歳~28、29歳までのことと記されている。

船島での試合のあと、慶長19年(1614)に大坂冬の陣が起き、武蔵は豊臣方に属していたが、翌年に大坂城が落城すると消息不明となった。

 

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

 

 

武蔵が再び歴史の檜舞台に現れたのは、寛永11年(1634)のことで年齢はすでに51歳であった。

武蔵は養子の伊織とともに小倉の小笠原忠真の客分となり、3年後の寛永14年(1637)に起こった島原の乱に伊織と共に出陣。

この戦いで武蔵は軍監を務めていた。

こののち57歳で細川忠利の知遇を受けて客分となり、肥後熊本の千葉城内に屋敷を与えられる。

細川藩の客分となった武蔵は藩士の寺尾兄弟に二天一流を指南。

また藩主の求めに応じて「兵法三十五箇条」を献上するなど、自らの兵法を整理、伝承することに努めた。

そして寛永19年(1642)、忠利が死去すると武蔵は家門を閉じて茶道や書画に明け暮れる。

程なく武蔵は霊巖洞に籠って、終日を座禅のうちに過ごすようになり「五輪書」を書きあげた。

 

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

スポンサーリンク

 

 

武蔵は霊巖洞に籠っていた頃には、すでに病魔に侵されていた。

この場所で最期を迎えようと考えていたが、説得されて千葉城の自宅に帰ることになり、武蔵は門弟知人たちに形見分けを行う。

門弟・寺尾孫之丞には「五輪書」が与えられ、寺尾信行には「兵法三十五箇条」と愛用木刀が与えられたという。

そして形見分けの7日後、武蔵は62歳でその生涯を閉じた。

 

 

出典:https://www.suruga-ya.jp/

スポンサーリンク

吉岡一門との決闘、佐々木小次郎との船島(巌流島)の決闘の詳細は省いていますが、この二つの決闘の内容がないと武蔵の剣豪としての生涯というのはすごくアッサリしています。

おそらく宮本武蔵の名をここまで有名にしたのは、優れた兵法書である『五輪書』があったから。

真実は分かりませんが、この『五輪書』のおかげで「ムサシってすげー」となり、前述の二つの決闘の話は大きく脚色されて日本一有名な剣豪「宮本武蔵」像が作られていったと思います。

もし、生涯を決闘に明け暮れた伊藤一刀斎や「剣聖」と名高い上泉伊勢守信綱なんかが『五輪書』のような優れた兵法書を書いていれば立場は逆転していたかもしれません。

そう考えると、武蔵のすごいところは剣術の腕に勝る「文才」があったからともいえる。

まさに「ペンは剣よりも強し!」です。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪