伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【男谷精一郎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【男谷精一郎】です。

【男谷精一郎】は江戸時代末期に現れた「剣聖」とも呼ぶべき、優しい剣を振るう伝説の剣豪です。

では【男谷精一郎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://matome.naver.jp

スポンサーリンク

男谷精一郎 

名前:男谷精一郎

流派:直心影流

出身:江戸

年代:江戸時代末期(1798~1864)

 

男谷精一郎は、寛政10年(1798)に旗本・男谷家の別家・男谷新次郎信連の子として生まれた。

この男谷家は三河以来の武家ではなく、曾祖父・男谷検校が貧農から金貸しになってのしあがり、巨万の富を手にして御家人の株を買ったという家だった。

生粋の御家人から差別を受ける中、精一郎は8歳から直心影流・団野真帆斎に入門して剣術修行に励み、親戚筋にあたる平山行蔵から軍学、他にも吉田流の弓、宝蔵院流の槍など様々な兵学を学んでいった。

特に海防の重要性を説く『海防問答』を著した平山行蔵は、のちの精一郎の人生に大きな影響を与えることになっていく。

さらに精一郎は別家の生まれであったが、20歳の時に本家の男谷彦四郎の婿養子となって男谷家を継ぐと、義父の影響も受けて読書も好むようになり、剣術一筋に陥ることなく広い視野を保つことを心掛けた。

温厚で知られる精一郎だが、若い頃は団野真帆斎のもとで同門だった親戚筋の勝小吉(勝海舟の父)にそそのかされて、道場破りを重ねてケンカ目的に大立ち回りを演じたこともあったという。

 

 

出典:http://seesaawiki.j

スポンサーリンク

 

 

ある日、平山行蔵の門人で精一郎にとっては先輩にあたる妻木弁之進が団野道場に乗り込んできて、精一郎に真剣勝負を申し込んだ。

精一郎は小刀を手にして立ち合ったが、実力伯仲の二人の勝負はなかなか着かず、結局師の団野真帆斎によって引き分けとされてしまう。

試合後、自分の襦袢が4寸も斬られていることに気づいた妻木弁之進は「もし、男谷が小刀を使っていなかったら死んでいただろう」と言うと、精一郎は「命拾いしたのは私の方です」と言って、鍔に1寸の割れ目が入っているのを見せた。

やがて印可を受けた精一郎は、麻布に道場を開いて「男谷流」を称するようになる。

他流試合を禁じる流派が多い中、精一郎は他流試合こそ真の稽古となるという考えを持ち、積極的に他流試合を薦めていた。

道場での精一郎は開放的な人物で、自分に厳しく、他者を決して批判したりせず、早朝に起床して質素な着衣に着替えて掃除を行い、弟子たちが起きたころにはすでに弓術の鍛錬をしていたという。

また、精一郎は申し込まれた試合は一度も拒むことはなく、江戸で立ち合わなかった者はいないといわれている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ある時、名人と評判になっていた精一郎のもとに豊前中津藩士・島田虎之助が現れた。

虎之助は幼い頃より剣術の天才と称されていたが、九州各地での修行に飽き足らず、江戸までやってきた男だった。

この虎之助が指南を頼むと、精一郎は簡単に了承してくれた。

立合ってみると名人を言われる精一郎の剣に凄みは感じられず、3本中1本は簡単に取れてしまう。

しかも、精一郎の2本はさする程度のもので、逆に虎之助の1本はクリーンヒット。

この結果にガッカリした虎之助は早々に男谷道場を立ち去って、次に井上伝兵衛の道場を訪ねた。

ここで伝兵衛に打ち据えられた虎之助は「伝兵衛こそ日本一の剣豪」と感嘆し、すぐに弟子入りを志願した。

しかし、伝兵衛は「江戸には他にも優れた剣士がいる。中でも随一の剣士は男谷精一郎だ」と言う。

虎之助は「そんなはずはない」と、先程の精一郎との試合の中身を細かく伝えると、伝兵衛は「そうであろう。おぬしのメンツを尊重されたのだよ」と答えた。

さらに伝兵衛は「本当の男谷精一郎と立ち合いたいなら、私が添え状を書こう。さぁ行ってきなさい」と告げる。

どうにも腑に落ちない虎之介は、伝兵衛の添え状を持って再び男谷道場を訪れ、精一郎にそれを渡した。

一読した精一郎は再び立ち合うことを了承し、笑顔で道場に立ったが、今回の精一郎の威圧感は、先程のものとは全く別人だった。

虎之介は何も出来ず、気づいたころには道場の隅に追いやられ、全身から冷や汗が噴き出していた。

これで目が覚めた虎之助は、平伏して弟子入りを志願し、精一郎も他流を学ぶ絶好の機会として、虎之助を客分として迎え入れることにした。

やがて、この虎之助は精一郎の高弟として世に知られる「剣豪」になっていく。

このように精一郎は、試合でどんな相手でも三本のうち一本は相手に花を持たせたが、どんな強敵でもその一本以上は取ることができなかったという。

 

 

出典:http://mixi.jp/

スポンサーリンク

 

 

精一郎の義父であった彦四郎は幕府の祐筆を務めるなど学問に明るかったため、精一郎もまたその家風を引き継いで学問にも才能を見せていた。

これが、時の老中・水野忠邦に評価されると水野家の指南役を依頼され、その繋がりから精一郎は「国防」についての意見書を幕府に提出する。

これがもとで築地に幕臣の武芸訓練機関である「講武所」が設立され、頭取には精一郎が選ばれた。

「講武所」の剣術稽古では、精一郎は形稽古を廃して竹刀試合を主とし、それまで明確でなかった竹刀の長さを3尺8寸に定めた。

この規定が明治以降の剣術にも受け継がれ、現代の剣道に大きな影響を与えている。

精一郎は傲慢な態度をとらない温厚な人格者としても知られ、応対は親切丁寧で高ぶるところがなく、「君子の剣」と称された。

 

 

スポンサーリンク

男谷精一郎の話から伝わってくるのは、真面目で優しいこれまでにない「剣豪」の姿。

成り上がりの家に生まれた処世術なのか、恨みを買わないように試合をした相手には必ず花を持たせる。

一見、情けないように見えるけれども、本当の実力は計り知れず「伝説の剣豪」として、今もなおその名を轟かしています。

学問や読書も好んだ男谷精一郎にとって、剣とは人生の全てではなく、人生の一部に過ぎなかったのでは?

それなのに「剣聖」とまで呼ばれてしまう男谷精一郎。

きっとこの人は何をやっても超一流のことが出来てしまう人物なんじゃないかな。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪