伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【富田勢源】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【富田勢源】です。

【富田勢源】は目が不自由でありながらも、小太刀を得意とした中条流を極めた伝説の剣豪です。

では【富田勢源】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://ixagno.blog.fc2.com/

スポンサーリンク

富田勢源 

名前:富田勢源

流派:富田流、中条流

出身:越前国

年代:戦国時代(1523~?)

 

富田勢源は、朝倉氏の家臣・富田長家の子として生まれた。

父・富田長家は、大橋勘解由左衛門より中条流を学んで家伝とし、流派を「富田流」と称していた。

勢源は弟の富田景政と共に父から富田流を学んでいたが、目を患って失明同然の身となり、家督は景政に譲って出家した。

 

 

出典:https://matome.naver.jp/

 

 

永禄3年(1560)に勢源が美濃を訪れると、美濃国主・斎藤義龍に剣術を教えていた鹿島神道流の使い手・梅津某というものが名をあげるチャンスとばかりに試合を申し込んできた。

元来、他流試合を禁じている富田流であったため勢源は丁重に断ったが、梅津は「自分の力量をよく知っているな。わしなら相手が国主であっても試合となれば容赦しない」と大口を叩く。

自分のことを引き合いに出されて、頭にきてしまったのは斎藤義龍。

何とかこの梅津を叩きのめしたいと、勢源に試合することを無理矢理承諾させた。

3尺あまりの長い木刀を手にした巨漢の梅津と、1尺3寸ほどの薪を持った眼病持ちの勢源。

誰の目から見ても勝敗は明らかだった。

しかし、試合が始まるやいなや「いざっ」と勢源が素早く身を寄せて打ち据え、一瞬のうちに梅津は半身血まみれになった。

苦し紛れに梅津は太刀を抜いて斬りかかろうとするが、勢源は軽くそれをかわしてとどめの一撃。

驚くヒマもなかったこの結果に、斎藤義龍は勢源を呼び出して褒美を与えようとしたが、勢源はアッサリと断って越前に帰ってしまったという。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

スポンサーリンク

心眼!

しかも武器は「薪」w。

カッコよすぎますよ富田勢源さん。

たった一つのエピソードでここまで有名になるなんて本当に伝説の剣豪です。

しかし負けた方の梅津・・・下の名前も「某(なにがし)」って伝わらないほどのザコ扱いw

やっぱり、調子乗りすぎるとロクなことありませんな。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪