伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【小笠原長治】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【小笠原長治】です。

【小笠原長治】は、中国に渡って「八寸の延金」という幻の技を編み出した伝説の剣豪です。

では【小笠原長治】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

スポンサーリンク

 小笠原長治

名前:小笠原源信斎長治

流派:真新陰流

出身:遠江国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1570~?)

 

小笠原長治は、遠江国高天神城主の小笠原長忠の甥とも弟ともいわれるが、ハッキリしておらず生没年もあいまいである。

長治は奥山休賀斎公重の神影流、奥山流を学んで真新陰流を称した。

また、上泉伊勢守信綱にも師事したとの伝書も残っている。

日本の江戸時代初期の兵法家、剣客。真新陰流剣術の開祖。通称は金左衛門。号は源信斎。直心影流剣術においては道統4代目に位置づけられ、「韜の形」は彼の考案によるものと伝わる。

 

長治は豊臣秀吉に仕え、小田原征伐に従軍、その後の大坂の陣でも豊臣方について落城後は中国大陸の明国に亡命。

明では中国の矛術を学んで「八寸の延金」という術を編み出し、日本に帰国した後は、多くの剣客と立会っても誰も敵う者は無かった。

長治を立ち会った剣士たちは、もはや上泉伊勢守ですら長治の妙術の前には敵わないだろうと語ったという。

極意「八寸の延金」は不敗の技といわれたが、時が下がるとともに失われてしまった。

しかし、剣術家たちの間では秘術として知られていたようで、後世の中西派一刀流・白井亨は研究に研究を重ねて自力でこれを会得した。

しかし、白井亮の「八寸の延金」はあくまで復元技であって直伝技ではなく、「八寸の延金」は今では読み方すら一般人にはわからない幻の技である。

門下には、針ヶ谷夕雲、神谷伝心斎といった剣術史に名を残す武芸者がおり、特に神谷伝心斎の流れから直心影流が出て、江戸時代に大いに隆盛することになった。

 

 

スポンサーリンク

素性はかなりの名家であるにも関わらず、かなりマイナーな小笠原長治。

でも、中国で編み出した幻の技ってカッコよくないっすか?

こういう人を本当に「伝説」の剣豪というのかもしれません。

ところで「八寸の延金」ってやっぱり矛を使った技だったのかなぁ?

だとすると、サムライというより中国武術ぽくて、本当に「剣豪」と呼んでいいのか分からないところありますね・・・・

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪